くにさくロゴ
1993/02/04 第126回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第126回国会 商工委員会 第1号
姉妹サイト
 
1993/02/04 第126回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第126回国会 商工委員会 第1号

#1
第126回国会 商工委員会 第1号
本国会召集日(平成五年一月二十二日)(金曜日
)(午前零時現在)における本委員は、次のとお
りである。
  委員長 山口 鶴男君
   理事 井出 正一君 理事 額賀福志郎君
   理事 山本  拓君 理事 竹村 幸雄君
   理事 和田 貞夫君
      甘利  明君    新井 将敬君
      尾身 幸次君    奥田 幹生君
      梶山 静六君    金子 一義君
      古賀 一成君    古賀 正浩君
      佐藤 信二君    田辺 広雄君
      田原  隆君    谷川 和穗君
      中島洋次郎君    西岡 武夫君
      真鍋 光広君    増岡 博之君
      増田 敏男君    武藤 嘉文君
      村田 吉隆君    井上 普方君
      江田 五月君    大畠 章宏君
      後藤  茂君    清水  勇君
      武藤 山治君    安田 修三君
      安田  範君    吉田 和子君
      遠藤 乙彦君    長田 武士君
      権藤 恒夫君    春田 重昭君
      小沢 和秋君    川端 達夫君
    ―――――――――――――
一月二十二日
 山口鶴男君委員長辞任につき、その補欠として
 井上普方君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成五年二月四日(木曜日)
    午前十一時三分開議
 出席委員
  委員長 井上 普方君
   理事 新井 将敬君 理事 井出 正一君
   理事 金子 一義君 理事 額賀福志郎君
   理事 山本  拓君 理事 竹村 幸雄君
   理事 安田  範君 理事 和田 貞夫君
   理事 遠藤 乙彦君
      尾身 幸次君    奥田 幹生君
      古賀 一成君    古賀 正浩君
      谷川 和穗君    中島洋次郎君
      真鍋 光広君    増岡 博之君
      増田 敏男君    大畠 章宏君
      後藤  茂君    清水  勇君
      鈴木  久君    武藤 山治君
      安田 修三君    長田 武士君
      権藤 恒夫君    春田 重昭君
      小沢 和秋君    川端 達夫君
 出席政府委員
        通商産業大臣官 内藤 正久君
        房長
        通商産業大臣官 江崎  格君
        房総務審議官
 委員外の出席者
        商工委員会調査 山下 弘文君
        室長
    ―――――――――――――
委員の異動
一月二十二日
 辞任         補欠選任
  西岡 武夫君     衛藤征士郎君
  山口 鶴男君     鈴木  久君
二月四日
 理事逢沢一郎君平成四年十二月二十六日委員辞
 任につき、その補欠として金子一義君が理事に
 当選した。
同日
 理事森本晃司君一月十四日委員辞任につき、そ
 の補欠として遠藤乙彦君が理事に当選した。
同日
 理事自見庄三郎君一月二十一日委員辞任につ
 き、その補欠として新井将敬君が理事に当選し
 た。
同日
 理事和田貞夫君同日理事辞任につき、その補欠
 として安田範君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
一月二十二日
 廃棄物利用発電の促進に関する法律案(岡田利
 春着外五名提出、第百二十二回国会衆法第二
 号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○井上委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 このたび、私が商工委員長に選任されました。まことに光栄に存じでおります。
 御承知のとおり、現在、我が国経済及び産業を取り巻く内外の諸情勢は、依然として厳しい状況にあります。不況対策を初めといたしまして、緊急に解決すべき幾多の問題が山積しております。
 このときに当たり、我が国経済の健全な発展を確保し、国民生活の安定と向上を図るため、本委員会に課せられました責務はまことに重大であると考えます。
 もとより微力ではございますが、委員各位の御指導と御協力を賜りまして、委員会の公正かつ円満なる運営を期してまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#3
○井上委員長 この際、理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事和田貞夫君から、理事を辞任したいとの申し出があります。これを許可するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○井上委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの理事の辞任による欠員のほか、委員の異動に伴いまして、現在理事が四名欠員となっております。この補欠選任につきましては、先例により、委員長においで指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○井上委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      新井 将敬君    金子 一義君
      安田  範君 及び 遠藤 乙彦君を指名いたします。
#6
○井上委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 通商産業の基本施策に関する事項
 中小企業に関する事項
 資源エネルギーに関する事項
 特許及び工業技術に関する事項
 経済の計画及び総合調整に属する事項
 私的独占の禁止及び公正取引に関する事項
 鉱業と一般公益との調整等に関する事項以上の各事項につきまして、議長に対し、国政調査の承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○井上委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト