くにさくロゴ
1993/02/09 第126回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第126回国会 農林水産委員会 第1号
姉妹サイト
 
1993/02/09 第126回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第126回国会 農林水産委員会 第1号

#1
第126回国会 農林水産委員会 第1号
本国会召集日(平成五年一月二十二日)(金曜日
)(午前零時現在)における本委員は、次のとお
りである。
  委員長 高村 正彦君
   理事 岩村卯一郎君 理事 金子徳之介君
   理事 簗瀬  進君 理事 石橋 大吉君
   理事 前島 秀行君 理事 藤原 房雄君
      上草 義輝君    内海 英男君
      大原 一三君    加藤 紘一君
      鈴木 俊一君    谷  洋一君
      近岡理一郎君    中谷  元君
      萩山 教嚴君    鳩山由紀夫君
      平沼 赳夫君    保利 耕輔君
      星野 行男君    松岡 利勝君
     三ッ林弥太郎君    御法川英文君
      宮里 松正君    村岡 兼造君
      柳沢 伯夫君    有川 清次君
      遠藤  登君    佐々木秀典君
      田中 恒利君    辻  一彦君
      野坂 浩賢君    鉢呂 吉雄君
      堀込 征雄君    山口 鶴男君
      山花 貞夫君    倉田 栄喜君
      宮地 正介君    藤田 スミ君
      小平 忠正君
    ―――――――――――――
一月二十二日
 高村正彦君委員長辞任につき、その補欠として
 平沼赳夫君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成五年二月九日(火曜日)
    午後零時十分開議
出席委員
  委員長 平沼 赳夫君
   理事 金子徳之介君 理事 萩山 教嚴君
   理事 御法川英文君 理事 簗瀬  進君
   理事 柳沢 伯夫君 理事 石橋 大吉君
   理事 佐々木秀典君 理事 前島 秀行君
   理事 藤原 房雄君 理事 宮地 正介君
      大原 一三君    鈴木 俊一君
      中谷  元君    鳩山由紀夫君
      保利 耕輔君    星野 行男君
      松岡 利勝君    宮里 松正君
      有川 清次君    遠藤  登君
      志賀 一夫君    田中 恒利君
      辻  一彦君    野坂 浩賢君
      鉢呂 吉雄君    堀込 征雄君
      山口 鶴男君    倉田 栄喜君
      藤田 スミ君    小平 忠正君
 出席国務大臣
        農林水産大臣  田名部匡省君
 出席政府委員
        農林水産政務次
        官       石破  茂君
        農林水産大臣官 上野 博史君
 委員外の出席者
        農林水産委員会
        調査室長    黒木 敏郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
一月二十二日
 辞任         補欠選任
  近岡理一郎君     久間 章生君
  山花 貞夫君     志賀 一夫君
同月二十九日
 辞任         補欠選任
  内海 英男君     中山 太郎君
  久間 章生君     臼井日出男君
  鈴木 俊一君     越智 通雄君
  谷  洋一君     松永  光君
  中谷  元君     石原慎太郎君
  萩山 教嚴君     浜田 幸一君
  遠藤  登君     水田  稔君
同日
 辞任         補欠選任
  石原慎太郎君     中谷  元君
  臼井日出男君     久間 章生君
  越智 通雄君     鈴木 俊一君
  中山 太郎君     内海 英男君
  浜田 幸一君     萩山 教嚴君
  松永  光君     谷  洋一君
  水田  稔君     遠藤  登君
二月九日
 理事杉浦正健君及び東力君平成四年十二月二十
 六日委員辞任につき、その補欠として御法川英
 文君及び柳沢伯夫君が理事に当選した。同日
 理事岩村卯一郎君、石橋大吉君及び藤原房雄君
 同日理事辞任につき、その補欠として萩山教嚴
 君、佐々木秀典君及び宮地正介君が理事に当選
 した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○平沼委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、農林水産委員長の重責を担うことになりました平沼赳夫でございます。
 申すまでもなく、今日の農林水産業を取り巻く内外の諸情勢はまことに厳しいものがあり、本委員会の使命は極めて重大であります。こうした情勢の中で、我が国の農林水産業の健全な発展のため、積極的に取り組み、最善を尽くしてまいりたいと存じます。
 もとより微力でございますけれども、委員各位の御協力と御鞭撻をいただきまして、委員会の円満なる運営に努めてまいる所存でございます。何とぞよろしくお願いを申し上げます。
 簡単でございますけれども、委員長就任のごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○平沼委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事岩村卯一郎君、石橋大吉君及び藤原房雄君から、それぞれ理事を辞任いたしたい旨の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任による欠員三名のほか、委員の異動による欠員が二名、合わせて五名の理事が欠員となっております。この際、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○平沼委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      萩山 教嚴君    御法川英文君
      柳沢 伯夫君    佐々木秀典君
      宮地 正介君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○平沼委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 農林水産業の実情を調査し、その振興を図るため
 農林水産業の振興に関する事項
 農林水産物に関する事項
 農林水産業団体に関する事項
 農林水産金融に関する事項及び
 農林漁業災害補償制度に関する事項について、本会期中調査をいたしたいと存じます。 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
     ――――◇―――――
#8
○平沼委員長 この際、田名部農林水産大臣及び石破農林水産政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。田名部農林水産大臣。
#9
○田名部国務大臣 農林水産大臣を引き続き拝命いたしました田名部匡省でございます。 農林水産行政が内外両面でまことに重要な時期を迎えている折から、農林水産大臣の責務の重大さを今改めて痛感している次第であります。
 農林水産業は、申すまでもなく、国民生活にとって最も基礎的な物資である食糧の安定供給とともに、地域社会の活力の維持、国土・自然環境の保全などを通じて、我が国の経済社会の発展と国民生活の安定に不可欠の役割を果たしております。
 私は、平沼委員長そして委員の皆様方の御支援、御教示を得て、農林水産行政の責任者として、二十一世紀に向けた新たな展望のもとに、我が国の農林水産業の一層の発展、活性化を図っていくよう最大限の努力をする決意でございますので、よろしくお願い申し上げて、ごあいさつとさせていただきます。(拍手)
#10
○平沼委員長 石破農林水産政務次官。
#11
○石破政府委員 このたび、農林水産政務次官を拝命いたしました石破茂でございます。
 我が国の農林水産行政は、幾多の重要な課題を抱えておりますが、田名部大臣を補佐いたしまして、全力を傾けて諸課題に当たりたいと存じております。
 委員各位の御指導のほどを心からお願いをいたしまして、ごあいさつといたします。(拍手)
#12
○平沼委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト