くにさくロゴ
1993/02/05 第126回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第126回国会 文教委員会 第1号
姉妹サイト
 
1993/02/05 第126回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第126回国会 文教委員会 第1号

#1
第126回国会 文教委員会 第1号
本国会召集日(平成五年一月二十二日)(金曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次のと
おりである。
   委員長 伊藤 公介君
   理事 佐田玄一郎君 理事 中山 成彬君
   理事 真鍋 光広君 理事 渡瀬 憲明君
   理事 沢藤礼次郎君 理事 吉田 正雄君
   理事 鍛冶  清君
      井上 喜一君    岩屋  毅君
      奥田 幹生君    狩野  勝君
      河村 建夫君    小坂 憲次君
     小宮山重四郎君    塩谷  立君
      島村 宜伸君    原田 義昭君
      松田 岩夫君    渡辺 省一君
      岩田 順介君    川崎 寛治君
      輿石  東君    佐藤 泰介君
      嶋崎  譲君    山元  勉君
      冬柴 鐵三君    矢追 秀彦君
      山原健二郎君    永末 英一君
    ―――――――――――――
一月二十二日
 伊藤公介君委員長辞任につき、その補欠として
 渡辺省一君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成五年二月五日(金曜日)
    午後零時十一分開議
出席委員
   委員長 渡辺 省一君
   理事 原田 義昭君 理事 真鍋 光広君
   理事 松田 岩夫君 理事 渡瀬 憲明君
   理事 沢藤礼次郎君 理事 吉田 正雄君
      岡田 克也君    奥田 幹生君
      狩野  勝君    河村 建夫君
      久野統一郎君   小宮山重四郎君
      古賀 正浩君    塩谷  立君
      島村 宜伸君    西岡 武夫君
      山口 俊一君    岩田 順介君
      川崎 寛治君    輿石  東君
      佐藤 泰介君    嶋崎  譲君
      山元  勉君    冬柴 鐵三君
      矢追 秀彦君    山原健二郎君
      柳田  稔君
 出席国務大臣
        文 部 大 臣 森山 眞弓君
 出席政府委員
        文部政務次官  鈴木 恒夫君
        文部大臣官房長 吉田  茂君
 委員外の出席者
        文教委員会調査
        室長      福田 昭昌君
    ―――――――――――――
委員の異動
一月二十二日
 辞任         補欠選任
  伊藤 公介君     西岡 武夫君
二月三日
 辞任         補欠選任
  井上 喜一君     越智 通雄君
  岩屋  毅君     浜田 幸一君
  奥田 幹生君     石原慎太郎君
  狩野  勝君     松永  光君
  河村 建夫君     臼井日出男君
同日
 辞任         補欠選任
  石原慎太郎君     奥田 幹生君
  臼井日出男君     河村 建夫君
  越智 通雄君     井上 喜一君
  浜田 幸一君     岩屋  毅君
  松永  光君     狩野  勝君
同月五日
 辞任         補欠選任
  井上 喜一君     古賀 正浩君
  岩屋  毅君     岡田 克也君
  小坂 憲次君     山口 俊一君
  佐田玄一郎君     久野統一郎君
  永末 英一君     柳田  稔君
同日
 辞任         補欠選任
  岡田 克也君     岩屋  毅君
  久野統一郎君     佐田玄一郎君
  古賀 正浩君     井上 喜一君
  山口 俊一君     小坂 憲次君
  柳田  稔君     永末 英一君
同日
 理事木村義雄君平成四年十二月二十六日委員辞
 任につき、その補欠として原田義昭君が理事に
 当選した。
同日
 理事佐田玄一郎君同日理事辞任につき、その補
 欠として松田岩夫君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
一月二十二日
 学校教育法等の一部を改正する法律案(中西績
 介君外一名提出、第百十八回国会衆法第九号)
 公立幼稚園の学級編制及び教職員定数の標準に
 関する法律案(吉田正雄君外一名提出、第百十
 八回国会衆法第一〇号)
 公立の障害児教育諸学校の学級編制及び教職員
 定数の標準等に関する法律案(馬場昇君外一名
 提出、第百十八回国会衆法第一一号)
二月五日
 公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数
 の標準に関する法律及び公立高等学校の設置、
 適正配置及び教職員定数の標準等に関する法律
 の、一部を改正する法律案(内閣提出第七号)
 国立学校設置法の一部を改正する法律案(内閣
 提出第八号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○渡辺委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私が文教委員長の重責を担うことになりました。
 今日、我が国におきましては、心豊かなゆとりある生活の実現に向け、教育や学術、文化、スポーツに対する国民の期待と関心はなお一層高まっており、その充実振興を図ることが、国政上の重要な役割となっております。
 このときに当たり、本委員会の果たす役割はますます重く、私もその職員の重大さを深く痛感いたしている次第であります。
 委員各位の御指導と御協力を賜りまして、充実した審議と公正かつ円滑な委員会運営を図ってまいりたいと思います。
 何とぞ、よろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○渡辺委員長 次に、理事の辞任の件についてお諮りいたします。
 理事佐田玄一郎君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○渡辺委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの理事の辞任による欠員のほか、理事木村義雄君の委員辞任に伴いまして、現在理事が二名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○渡辺委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
      原田 義昭君 及び 松田 岩夫君を指名いたします。
#6
○渡辺委員長 国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 文教行政の基本施策に関する事項
 学校教育に関する事項
 社会教育に関する事項
 体育に関する事項
 学術研究及び宗教に関する事項
 国際文化交流に関する事項
 文化財保護に関する事項以上の各事項につきまして、本会期中国政に関する調査を行うため、議長に対し、国政調査承認要求を行うこととし、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○渡辺委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
#8
○渡辺委員長 この際、文部大臣及び文部政務次官から発言を求められております。順次これを許します。文部大臣森山眞弓君
#9
○森山国務大臣 このたび文部大臣を拝命いたしました森山眞弓でございます。
 明治十八年の初代文部大臣から数えて第百十五代目だそうでございます。また、女性としては初めてでございまして、いろいろな意味で大変責任が重いということを痛感いたしております。
 教育は国の基礎であり、国家百年の計でありますことは申すまでもございません。私は、教育、学術、文化、スポーツの担当大臣といたしまして、諸先輩の輝かしい実績を踏まえつつ、みずからに課せられた役割と責務を十分認識いたしまして、国民の期待にこたえる行政の推進のために全力を尽くす決意でございます。
 委員長並びに各委員の皆様方の御指導、御協力を切にお願い申し上げ、就任のごあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。(拍手)
#10
○渡辺委員長 次に、文部政務次官鈴木恒夫君。
#11
○鈴木(恒)政府委員 このたび文部政務次官を拝命いたしました鈴木恒夫でございます。
 まことに微力でございますけれども、初めての女性大臣であられます森山大臣を補佐し、全力を尽くして我が国の教育、学術、文化、スポーツの振興に努力をする所存でございます。
 文字どおり浅学非才でございますので、委員長初め諸先生の御鞭撻を心からお願いを申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#12
○渡辺委員長 次回は、来る十日水曜日午前九時二十分理事会、午前九時三十分から委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト