くにさくロゴ
1992/12/10 第125回国会 参議院 参議院会議録情報 第125回国会 厚生委員会 第3号
姉妹サイト
 
1992/12/10 第125回国会 参議院

参議院会議録情報 第125回国会 厚生委員会 第3号

#1
第125回国会 厚生委員会 第3号
平成四年十二月十日(木曜日)
   午後四時十五分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         細谷 昭雄君
    理 事
                尾辻 秀久君
                前島英三郎君
                菅野  壽君
                木庭健太郎君
    委 員
                石井 道子君
                大島 慶久君
                大浜 方栄君
                木暮 山人君
                清水嘉与子君
                糸久八重子君
                今井  澄君
               日下部禧代子君
                栗原 君子君
                横尾 和伸君
                勝木 健司君
                西山登紀子君
   事務局側
       常任委員会専門  水野 国利君
       員
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○より安全な水道水の水質基準見直しに関する請
 願(第一五号外七件)
○シベリア抑留死没者に関する請願(第二八号外
 一五件)
○脳死・臓器移植の法制化の早期確立に関する請
 願(第四四号)
○肢体障害者が豊かな生活を送ることができる所
 得保障の充実に関する請願(第四五号)
○高齢化社会の看護、介護分野での「家政婦」及
 び看護婦・家政婦紹介所の積極的活用に関する
 請願(第一〇三号)
○すべての障害者の基本的人権の保障に関する請
 願(第一四五号外一〇件)
○小規模作業所等成人期障害者対策に関する請願
 (第一六七号外五六件)
○医療制度の対策と改善に関する請願(第一六九
 号)
○介助用ホイスト・水平トランスファの支給基準
 緩和に関する請願(第一七〇号)
○身体障害者への移動電話等の貸与に関する請願
 (第一七三号)
○重度障害者の高齢化対策としての養護保養施設
 の設置に関する請願(第一七五号)
○脊(せき)髄神経治療の研究開発促進に関する
 請願(第一七六号)
○重度障害者の所得保障の充実のための障害基礎
 年金の増額に関する請願(第一七八号)
○在宅障害者の介護体制確立に関する請願(第一
 七九号)
○電動車いすの支給基準緩和に関する請願(第一
 八〇号)
○無年金障害者の救済制度の早期実現に関する請
 願(第一八一号)
○原子爆弾被爆者等援護法の制定に関する請願
 (第二五一号外一件)
○健康教育・指導を専門に行う栄養士の設置等に
 関する請願(第二五七号外二件)
○あん摩マッサージ指圧師の業務と異名同質のカ
 イロ及び整体術等、無免許療術行為取締りに関
 する請願(第四七六号)
○介護分野での看護婦家政婦紹介所の積極的活用
 に関する請願(第八七一号)
○重度心身障害者とその両親又はその介護者及び
 寝たきり老人とその介護者の家族が同居可能な
 社会福祉施設の設置に関する請願(第八七九号
 )
○男性介護人に関する請願(第八八一号)
○保育の充実のための保育行政の改善等に関する
 請願(第一〇四二号外二〇件)
○保育制度の堅持と充実に関する請願(第一〇五
 〇号外一六件)
○高齢者福祉・医療・年金の充実に関する請願
 (第一一六二号外一〇件)
○大学院生のための国民年金保険料免除特別制度
 の創設と現行の免除制度の見直しに関する請願
 (第一一八〇号)
○学童保育の制度化と地域の条件整備に関する請
 願(第一一八六号外一〇件)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(細谷昭雄君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。
 これより請願の審査を行います。
 第一五号より安全な水道水の水質基準見直しに関する請願外百七十三件を議題といたします。
 これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第一五号より安全な水道水の水質基準見直しに関する請願外九十六件は採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとし、第二八号シベリア抑留死没者に関する請願外七十六件は保留とすることに意見が一致いたしました。
 以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(細谷昭雄君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(細谷昭雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#5
○委員長(細谷昭雄君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 社会保障制度等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(細谷昭雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(細谷昭雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後四時十六分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト