くにさくロゴ
1992/06/19 第123回国会 参議院 参議院会議録情報 第123回国会 災害対策特別委員会 第5号
姉妹サイト
 
1992/06/19 第123回国会 参議院

参議院会議録情報 第123回国会 災害対策特別委員会 第5号

#1
第123回国会 災害対策特別委員会 第5号
平成四年六月十九日(金曜日)
   午前九時三十分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 三月二十五日
    辞任         補欠選任
     三重野栄子君     渡辺 四郎君
 三月二十六日
    辞任         補欠選任
     星野 朋市君     守住 有信君
 五月十一日
   委員今泉隆雄君は逝去された。
 同日
    辞任         補欠選任
     今泉 隆雄君     下村  泰君
 五月十九日
    辞任         補欠選任
     井上 哲夫君     乾  晴美君
 五月二十日
    辞任         補欠選任
     乾  晴美君     井上 哲夫君
 五月二十九日
    辞任         補欠選任
     下村  泰君     山田 俊昭君
 六月十六日
    辞任         補欠選任
     渡辺 四郎君     三重野栄子君
     林  紀子君     諫山  博君
 六月十七日
    辞任         補欠選任
     三重野栄子君     渡辺 四郎君
     諫山  博君     林  紀子君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         鈴木 和美君
    理 事
                木暮 山人君
                松浦 孝治君
                篠崎 年子君
                常松 克安君
    委 員
                秋山  肇君
                初村滝一郎君
                松尾 官平君
                会田 長栄君
                青木 薪次君
                野別 隆俊君
                渡辺 四郎君
                林  紀子君
                井上 哲夫君
                勝木 健司君
                山田 俊昭君
   政府委員
       国土庁防災局長  鹿島 尚武君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        駒澤 一夫君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○雲仙普賢岳災害の救済に関する請願(第五七号
 外三七件)
○雲仙岳災害復興に関する請願(第五八号外一一
 一件)
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(鈴木和美君) ただいまから災害対策特別委員会を開会いたします。
 議事に先立ちまして、一言申し上げます。
 既に御承知のとおり、本委員会の委員でございました今泉隆雄君は、去る五月十一日、急逝されました。まことに哀悼痛惜にたえません。
 ここに、本委員会における同君の御活躍をしのび、皆様とともに謹んで黙祷をささげ、御冥福をお祈りしたいと存じます。
 御起立をお願いいたします。黙祷をお願いします。
   〔総員起立、黙祷〕
#3
○委員長(鈴木和美君) 黙祷を終わります。御着席を願います。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(鈴木和美君) 委員の異動について御報告申し上げます。
 去る三月二十五日、三重野栄子君が委員を辞任され、その補欠として渡辺四郎君が選任されました。
 また、去る三月二十六日、星野朋市君が委員を辞任され、その補欠として守住有信君が選任されました。
 また、去る五月十一日、今泉隆雄君が委員を辞任され、その補欠として下村泰君が選任されました。
 また、去る五月二十九日、下村泰君が委員を辞任され、その補欠として山田俊昭君が選任されました。
    ―――――――――――――
#5
○委員長(鈴木和美君) これより請願の審査を行います。
 第五七号雲仙普賢岳災害の救済に関する請願外百四十九件を議題といたします。
 本委員会に付託されております請願は、お手元に配付の付託請願一覧表のとおりでございます。
 これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、すべて保留とすることに意見が一致いたしました。
 以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(鈴木和美君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、この際、委員長から理事会の協議を踏まえて、ただいま保留となりました請願につきましては、請願者の趣旨を体して政府において今後一層努力されることを要望いたします。
 政府から発言を求められておりますので、この際、これを許します。国土庁鹿島防災局長。
#7
○政府委員(鹿島尚武君) ただいまの委員長の御発言の趣旨を体しまして今後とも努力してまいりたいと考えております。
    ―――――――――――――
#8
○委員長(鈴木和美君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 災害対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(鈴木和美君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(鈴木和美君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#11
○委員長(鈴木和美君) 次に、委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中委員派遣の必要が生じた場合、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(鈴木和美君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
    ―――――――――――――
#13
○委員長(鈴木和美君) 以上で第百二十三回国会における災害対策特別委員会の議事を終わりますが、この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 私が委員長に就任いたしまして約一年、この間、委員の皆様方には委員会の運営にいろいろと御協力をいただき、心から感謝を申し上げる次第でございます。この機会をおかり申し上げまして厚く御礼を申し上げます。
 また、初村先生にはこの一年雲仙・普賢岳火山災害対策小委員長として御苦労いただきましたことに対し、ここに委員一同を代表いたしまして厚く感謝の意を表しますとともに、今後の御健勝と御活躍を心からお祈り申し上げる次第でございます。
 また、私を初め今回選挙に臨まれる先生方には、いずれも必勝を期しておられることと存じますが、何とぞ所期の目的を貫徹されまして再び参議院でお会いできますよう祈念をいたしまして、ごあいさつといたしたいと存じます。
 ありがとうございました。(拍手)
 本日はこれにて散会いたします。
   午前九時三十五分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト