くにさくロゴ
1992/06/17 第123回国会 参議院 参議院会議録情報 第123回国会 法務委員会 第13号
姉妹サイト
 
1992/06/17 第123回国会 参議院

参議院会議録情報 第123回国会 法務委員会 第13号

#1
第123回国会 法務委員会 第13号
平成四年六月十七日(水曜日)
   午前十時七分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         鶴岡  洋君
    理 事
                野村 五男君
                林田悠紀夫君
                北村 哲男君
                中野 鉄造君
    委 員
                加藤 武徳君
                斎藤 十朗君
                下稲葉耕吉君
                中西 一郎君
                福田 宏一君
                山本 富雄君
                糸久八重子君
                深田  肇君
                橋本  敦君
                萩野 浩基君
                紀平 悌子君
   国務大臣
       法 務 大 臣  田原  隆君
   政府委員
       法務大臣官房長  則定  衛君
       法務省刑事局長  濱  邦久君
   最高裁判所長官代理者
       最高裁判所事務
       総局総務局第一
       課長       菅原 雄二君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        播磨 益夫君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○刑事補償法の一部を改正する法律案(内閣提出
 、衆議院送付)
○少年の保護事件に係る補償に関する法律案(内
 閣提出、衆議院送付)
○夫婦別氏・別戸籍の選択を可能にする民法・戸
 籍法の改正に関する請願(第二号外一二六件)
○製造物責任法(仮称)の早期制定に関する請願
 (第二九号)
○夫婦同氏別氏の選択を可能にする民法等の改正
 に関する請願(第一一三号外三〇件)
○夫婦別氏・別戸籍の選択を可能にする民法・戸
 籍法改正に関する請願(第一二九号外四三件)
○非嫡出子差別を撤廃する民法等改正に関する請
 願(第二三三号外一〇七件)
○法務局、更生保護官署、入国管理官署の大幅増
 員に関する請願(第一三九六号外六八件)
○治安維持法等の犠牲者への国家賠償のための法
 制定に関する請願(第一六七二号外六三件)
○外国人登録法の改正と歴史的経緯のあるすべて
 の在日外国人の無条件の永住権保障に関する請
 願(第一九九一号外一一件)
○指紋押なつ制度と常時携帯制度の廃止に関する
 請願(第二〇二〇号外一五件)
○非嫡出子差別を撤廃する民法等の改正に関する
 請願(第二一九二号外二件)
○外国人登録法の改正案成立反対に関する請願
 (第二二二三号外五件)
○指紋押なつ制度の全廃と家族登録制度の新設阻
 止に関する請願(第二六四二号外一五件)
○製造物責任法の早期制定に関する請願(第三一
 一六号外一件)
○集合住宅の犬猫飼育禁止規則緩和に関する請願
 (籍三六六六号外一件)
○登記籍謄本代等(登記手数料)の適正化に関す
 る請願(第四〇七九号外二件)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(鶴岡洋君) ただいまから法務委員会を開会いたします。刑事補償法の一部を改正する法律案及び少年の保護事件に係る補償に関する法律案を一括して議題といたします。両案に対する質疑は、前回既に終局しておりますので、これより両案に対する討論に入ります。御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願います。――別に御発言もないようですから、これより直ちに採決に入ります。
 まず、刑事補償法の一部を改正する法律案に賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#3
○委員長(鶴岡洋君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、少年の保護事件に係る補償に関する法律案に賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#4
○委員長(鶴岡洋君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、両案の審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(鶴岡洋君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(鶴岡洋君) これより請願の審査を行います。
 第二号夫婦別氏・別戸籍の選択を可能にする民法・戸籍法の改正に関する請願外五百三件を議題といたします。
 今国会中、本委員会に付託されております請願は、お手元に配付の付託請願一覧表のとおりでございます。
 これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第一三一九六号法務局、更生保護官署、入国管理官署の大幅増員に関する請願外六十八件は採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとし、第二号夫婦別氏・別戸籍の選択を可能にする民法・戸籍法の改正に関する請願外四百三十四件は保留とすることに意見が一致いたしました。
 以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(鶴岡洋君) 御異議ないと認め、さよう決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(鶴岡洋君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(鶴岡洋君) 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 検察及び裁判の運営等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(鶴岡洋君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(鶴岡洋君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
    午前十時十分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト