くにさくロゴ
1992/06/19 第123回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第123回国会 運輸委員会 第10号
姉妹サイト
 
1992/06/19 第123回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第123回国会 運輸委員会 第10号

#1
第123回国会 運輸委員会 第10号
平成四年六月十九日(金曜日)
    午前十一時四分開議
出席委員
  委員長 久間 章生君
   理事 今枝 敬雄君 理事 今津  寛君
   理事 坂本 剛二君 理事 武部  勤君
   理事 村田 吉隆君 理事 春田 重昭君
      衛藤 晟一君    小里 貞利君
      木部 佳昭君    二階 俊博君
      橋本龍太郎君    平泉  渉君
      福永 信彦君    古屋 圭司君
      星野 行男君    増子 輝彦君
      宮崎 茂一君    浅井 美幸君
      佐藤 祐弘君    高木 義明君
 出席政府委員
        運輸大臣官房長 豊田  実君
        海上保安庁警備 茅根 滋男君
        救難監
 委員外の出席者
        運輸委員会調査 長岡日出雄君
        室長
    ―――――――――――――
委員の異動
六月十九日
 辞任         補欠選任
  細田 博之君     福永 信彦君
同日
 辞任         補欠選任
  福永 信彦君     細田 博之君
    ―――――――――――――
五月二十九日
 東北本線(沼宮内〜八戸間)の存続に関する請
 願(高木義明君紹介)(第三一七八号)
 公共交通機関の鉄道・駅舎・バス等のアクセス
 に対しバリアフリーの完全実施に関する請願
 (北川昌典君紹介)(第三一七九号)
 同(岡田克也君紹介)(第三二五五号)
 同(小泉純一郎君紹介)(第三二五六号)
 同(鴻池祥肇君紹介)(第三二五七号)
 同(前田武志君紹介)(第三二五八号)
 障害者に対するJRの特急料金の減額に関する
 請願(藤田スミ君紹介)(第三二五四号)
六月二日
 公共交通機関の鉄道・駅舎・バス等のアクセス
 に対しバリアフリーの完全実施に関する請願
 (小岩井清君紹介)(第三四三九号)
同月四日
 公共交通機関の鉄道・駅舎・バス等のアクセス
 に対しバリアフリーの完全実施に関する請願
 (瓦力君紹介)(第三五四七号)
 同(田口健二君紹介)(第三六〇三号)
同月八日
 公共交通機関の鉄道・駅舎・バス等のアクセス
 に対しバリアフリーの完全実施に関する請願
 (小渕恵三君紹介)(第三七四九号)
 同(中川昭一君紹介)(第三七五〇号)
 同(渡瀬憲明君紹介)(第三八七三号)
同月九日
 公共交通機関の鉄道・駅舎・バス等のアクセス
 に対しバリアフリーの完全実施に関する請願
 (辻一彦君紹介)(第三九二六号)
 同(増子輝彦君紹介)(第三九二七号)
 同(小坂憲次君紹介)(第三九八四号)
 同(水田稔君紹介)(第三九八五号)
 同(佐藤守良君紹介)(第四一三九号)
 同(宮里松正君紹介)(第四一四〇号)
同月十日
 公共交通機関の鉄道・駅舎・バス等のアクセス
 に対しバリアフリーの完全実施に関する請願
 (大石千八君紹介)(第四二五九号)
 同(鯨岡兵輔君紹介)(第四二六〇号)
同月十一日
 公共交通機関の鉄道・駅舎・バス等のアクセス
 に対しバリアフリーの完全実施に関する請願
 (川端達夫君紹介)(第四六九二号)
同月十二日
 農業用大型トラクターの車検制度の廃止に関す
 る請願(藤原房雄君紹介)(第四九九七号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
六月十五日
 日豊本線の高速化、複線化及び活性化の促進等
 に関する陳情書外一件(鹿児島市山下町一四の
 五〇橋口茂外四名)(第一八〇号)
 北陸新幹線の整備促進に関する陳情書(東京都
 新宿区西新宿二の八の一東京都議会内小林莞爾
 外九名)(第一八一号)
 磁気浮上式リニアモーターカーによる中央新幹
 線の建設促進に関する陳情書(東京都新宿区西
 新宿二の八の一東京都議会内小林莞爾外九名)
 (第一八二号)
 九州新幹線の建設促進に関する陳情書外五件
 (鹿児島市山下町一四の五〇鹿児島県議会内橋
 口茂外八名)(第一八三号)
 航空運賃の低減措置に関する陳情書外一件(熊
 本市手取本町一の一熊本市議会内嶋田幾雄外三
 名)(第一八四号)
 関西国際空港及び地方空港の早期整備に関する
 陳情書(神戸市中央区港島中町六の一枚冬彦外
 二名)(第一八五号)
 救難所員の身分保障制度の法制化等に関する陳
 情書(北海道函館市東雲町四の一三函館市議会
 内本間新)(第一八六号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○久間委員長 これより会議を開きます。
 日本社会党・護憲共同所属委員は、諸般の事情により出席されておりませんが、やむを得ず議事を進めます。
 この際、申し上げます。
 本委員会に付託になりました請願は七十三件であります。各請願の取り扱いにつきましては、理事会において慎重に協議いたしましたが、いずれも採否の決定を保留することになりましたので、御了承願います。
 また、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付してありますとおり、北海道新幹線の建設促進に関する陳情書外十件であります。念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#3
○久間委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 まず、第百二十回国会、内閣提出、海上保安庁の留置施設に関する法律案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#4
○久間委員長 起立多数。よって、本案は、閉会中審査の申し出をすることに決しました。
 次に
 陸運に関する件
 海運に関する件
 航空に関する件
 港湾に関する件
 海上保安に関する件
 観光に関する件
 気象に関する件
以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○久間委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中の委員派遣承認申請についてお諮りいたします。
 ただいま議長に申し出ることに決しました閉会中審査案件が付託になり、その審査のため委員を派遣する必要が生じました場合は、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地並びに承認申請の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○久間委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト