くにさくロゴ
1992/02/25 第123回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第123回国会 農林水産委員会 第1号
姉妹サイト
 
1992/02/25 第123回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第123回国会 農林水産委員会 第1号

#1
第123回国会 農林水産委員会 第1号
本国会召集日(平成四年一月二十四日)(金曜日
)(午前零時現在)における本委員は、次のとお
りである。
  委員長 高村 正彦君
   理事 岩村卯一郎君 理事 金子徳之介君
   理事 杉浦 正健君 理事 東   力君
   理事 簗瀬  進君 理事 石橋 大吉君
   理事 藤原 房雄君
      赤城 徳彦君    石破  茂君
      上草 義輝君    内海 英男君
      大原 一三君    金子原二郎君
      亀井 久興君    鈴木 俊一君
      西岡 武夫君    鳩山由紀夫君
      保利 耕輔君    星野 行男君
      松岡 利勝君   三ッ林弥太郎君
      御法川英文君    宮里 松正君
      柳沢 伯夫君    有川 清次君
      佐々木秀典君    志賀 一夫君
      田中 恒利君    竹内  猛君
      辻  一彦君    鉢呂 吉雄君
      堀込 征雄君    前島 秀行君
      目黒吉之助君    倉田 栄喜君
      西中  清君    藤田 スミ君
      小平 忠正君    阿部 昭吾君
―――――――――――――――――――――
平成四年二月二十五日(火曜日)
    午後零時十分開議
出席委員
  委員長 高村 正彦君
   理事 岩村卯一郎君 理事 金子徳之介君
   理事 杉浦 正健君 理事 東   力君
   理事 簗瀬  進君 理事 石橋 大吉君
   理事 前島 秀行君 理事 藤原 房雄君
      赤城 徳彦君    石破  茂君
      大原 一三君    金子原二郎君
      亀井 久興君    鈴木 俊一君
      鳩山由紀夫君    星野 行男君
      松岡 利勝君   三ッ林弥太郎君
      御法川英文君    宮里 松正君
      有川 清次君    佐々木秀典君
      志賀 一夫君    田中 恒利君
      竹内  猛君    辻  一彦君
      鉢呂 吉雄君    堀込 征雄君
      目黒吉之助君    倉田 栄喜君
      西中  清君    藤田 スミ君
      小平 忠正君    阿部 昭吾君
 出席国務大臣
        農林水産大臣  田名部匡省君
 出席政府委員
        農林水産政務次 二田 孝治君
        官
        農林水産大臣官 馬場久萬男君
        房長
        農林水産大臣官 入澤  肇君
        房総務審議官
        農林水産大臣官 山本  徹君
        房予算課長
        農林水産省経済 川合 淳二君
        局長
        農林水産省構造 海野 研一君
        改善局長
        農林水産省農蚕 上野 博史君
        園芸局長
        農林水産省畜産 赤保谷明正君
        局長
        農林水産省食品 武智 敏夫君
        流通局長
        農林水産技術会 貝沼 圭二君
        議事務局長
        食糧庁長官   京谷 昭夫君
        林野庁長官   小澤 普照君
        水産庁長官   鶴岡 俊彦君
 委員外の出席者
        農林水産委員会 黒木 敏郎君
        調査室長
    ―――――――――――――
二月二十五日
 理事日野市朗君一月二十二日委員辞任につき、
 その補欠として前島秀行君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
二月十日
 松くい虫被害対策特別措置法の一部を改正する
 法律案(内閣提出第一一号)
 森林組合合併助成法の一部を改正する法律案
 (内閣提出第一二号)
同月二十一日
 農業改良資金助成法の一部を改正する法律案
 (内閣提出第三六号)(予)
同月十八日
 米の輸入自由化阻止に関する請願(岡崎トミ子
 君紹介)(第五三号)
 同(岡崎トミ子君紹介)(第八八号)
 同(岡崎トミ子君紹介)(第一三三号)
 米の市場開放阻止に関する請願串原義直君紹
 介(第八三号)
 同(井出正一君紹介)(第八四号)
 同(小坂憲次君紹介)(第八五号)
 同(清水勇君紹介)(第八六号)
 同(田中秀征君紹介)(第八七号)
 同(唐沢俊二郎君紹介)(第一一四号)
 同(北沢清功君紹介)(第一一五号)
 同(木島日出夫君紹介)(第一三四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
 農林水産業の振興に関する件(農林水産業の基
 本施策)
     ――――◇―――――
#2
○高村委員長 これより会議を開きます。
 理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い、現在理事が一名欠員になっております。これよりその補欠選任を行いたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○高村委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に前島秀行君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#4
○高村委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 農林水産業の実情を調査し、その振興を図るため
 農林水産業の振興に関する事項
 農林水産物に関する事項
 農林水産業団体に関する事項
 農林水産金融に関する事項
 農林漁業災害補償制度に関する事項
について、本会期中調査をいたしたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○高村委員長 御異議なしと認めます。よって、
そのとおり決しました。
     ――――◇―――――
#6
○高村委員長 次に、農林水産業の振興に関する件について調査を進めます。
 この際、田名部農林水産大臣から、農林水産業の基本施策について発言を求められておりますので、これを許します。田名部農林水産大臣。
#7
○田名部国務大臣 農林水産委員会の開催に当たりまして、私の所信の一端を申し上げます。
 農林水産業及び食品産業などの関連産業は、食糧等の安定供給という、豊かで安定的な社会の基本をなす重要な使命のほか、地域経済、地域社会の維持、国土・自然環境の保全などの多様な役割を担っております。また、国土の九割以上を占め、国民共通のふるさとと位置づけられる農山漁村は、自然に恵まれた健康的な環境の中で、伝統に裏づけられた個性に富む地域文化をはぐくみ、国民に緑と潤いに満ちた生活・余暇空間を提供するなどの機能を有しております。
 したがって、我が国経済社会の調和ある発展を期するためには、農林水産業や関連産業の健全な発展と、活力ある農山漁村づくりを進めることが不可欠であります。
 近年、我が国農林水産業、農山漁村は、内外の諸情勢の変化の中にあって、著しい変貌を遂げております。
 特に、今後、我が国社会全体として労働力不足が深刻化すると見込まれる中で、農業については、担い手不足、高齢化がさらに進行すると考えられることから、経営管理能力にすぐれた、企業的経営のできる担い手の育成を初め、しっかりした生産体制づくりを進めることが急務であります。
 このため、昨年五月に省内に設置しました新しい食料・農業・農村政策検討本部において、我が国経済社会の基盤としての農業、農村の位置づけを明確にしつつ、中長期的展望に立って、多様な担い手の育成、土地利用型農作物等の新たな生産体制の確立、新しい地域政策の展開等の基本課題について、鋭意検討を進めているところであります。これらの課題について、本年春を目途に論点整理と方向づけを行い、これに基づいて、二十一世紀という新しい時代にふさわしい食料、農業、農村政策を構築してまいる所存であります。
 平成四年度におきましては、農林水産分野全般について、以下のような施策を講ずることにより、より一層の生産性向上を進め、国内での基本的な食糧供給力の確保を図りつつ、良質かつ安全な食糧の安定供給に努めるとともに、農山漁村の活性化と生活の質的向上を図ることを基本として、各般の施策を推進してまいります。
 まず、農業の振興について申し上げます。
 第一は、担い手の確保と構造政策の推進であります。
 将来に展望の持てる足腰の強い農業、活力ある農村を確立する観点から、農家子弟のみならず農外からの新規参入青年を含め、意欲ある青年農業者の育成確保を図るため、農業改良資金の充実等に努めてまいります。
 また、農業構造改善事業の推進を図るとともに、土地利用型農業の経営規模の拡大と生産性の向上を図るため、連担的な作業条件の形成と担い手への農地の利用集積の促進を図ります。農業の体質強化の基礎となる生産基盤の整備については、生産性の向上、農業生産の再編成等に重点を置いて事業を推進します。
 第二は、二十一世紀に向け、新たなニーズに対応した農業生産を展開することであります。
 我が国の農業をめぐる環境の大きな変化の中で、各地域における農業生産を維持、発展させることができるよう、高品質、高生産性農業を育成するための総合的な生産対策を実施するとともに、畑作物の生産性及び品質の向上や環境保全型農業の推進等を図ってまいります。
 また、米につきましては、円滑な需給操作に資するため、転作等目標面積を軽減したところであり、これに応じた米の生産を図りつつ、水田農業の体質強化を引き続き推進してまいります。
 畜産につきましては、生産性の向上等経営体質の強化、畜産主産地の活性化等に重点を置いた対策等を総合的に推進してまいります。
 第三は、農山漁村の活性化であります。
 過疎化、高齢化等が進展している中にあって、農山漁村の活力を維持していくため、地域の特性を生かした農林水産業の振興を図るとともに、集落排水施設、道路などの生活関連の社会資本の整備を推進します。また、景観形成、環境保全等に配慮した美しい村づくりを推進するほか、豊かな地域資源を活用した農山漁村の環境整備や都市と農山漁村の交流を推進してまいります。
 第四は、技術の開発、普及の推進であります。
 農林水産業や食品産業における生産性の飛躍的向上と農林水産物や食品の高付加価値化等を推進するため、イネ・ゲノム解析研究を初めとしたバイオテクノロジーなど基礎的、先導的研究や、より生態系に調和した農業生産を進めるための技術等の開発普及を推進します。
 第五は、健康で豊かな食生活の保障と、食品産業などの振興についてであります。
 高品質で安全な食品に対する志向の高まりなど、多様化、高度化する消費者ニーズに対応できるよう、日本型食生活の定着に努めるなど、消費者対策の推進を図ってまいります。
 また、食品産業などの関連産業につきましては、その体質強化を図るため、経営基盤の充実、技術開発の推進等を総合的に進めます。さらに、食品流通の総合的な構造改善対策を推進してまいります。
 食糧管理制度につきましては、国民の主食である米を政府が責任を持って管理することにより、その需給及び価格の安定を図るという制度の基本は維持しつつ、平成元年六月の農政審議会報告の方向に沿って、需要に対応した生産の誘導、流通の活性化、消費者のより適切な選択等を実現することが必要であります。このため、自主流通米価格形成の場の定着、発展を図ることを通じて市場原理がより生かされる仕組みとする等の施策を講じてまいります。
 このほか、各種制度資金につきましては、以上申し上げた各般の施策に即して融資内容の充実を図るとともに、農業災害補償制度につきましては、より一層きめ細かな加入促進を行う等適切な運営を図ってまいります。
 また、農業協同組合につきましては、農業、農村を取り巻く諸情勢の変化等に対応し、地域の農業振興や活性化に資するための事業内容や金融機能の充実、経営管理体制の整備、合併の促進等の措置を講じてまいります。
 次に、林業の振興についてであります。
 林業につきましては、森林や緑に対する国民の要請にこたえ、緑と水の源泉である多様な森林の整備と、国産材時代の実現に向けての条件整備を図ることが必要となっております。
 このため、森林整備事業計画及び第八次治山事業五カ年計画を策定し、造林・林道事業及び治山事業を計画的に推進するとともに、民有林、国有林を通じた森林の流域管理システムの確立を図ることを基本として、林道等の生産基盤の整備、森林組合、林業従事者等の担い手の育成確保、森林の保全、国産材の安定供給体制の整備等各般の施策を総合的に実施してまいります。
 また、国有林野事業につきましては、「国有林野事業の改善に関する計画」に即して、全力を挙げて経営改善に取り組んでまいります。
 次に、水産業の振興についてであります。
 我が国水産業の健全な発展と国民のニーズに対応した水産物の安定的供給を図るため、漁業生産基盤の整備、資源管理型漁業や「つくり育てる漁業」の推進などにより、我が国周辺水域の漁業振興に努めてまいります。また、水産資源保護、漁場環境保全を推進するとともに、沿岸漁業の振興の中核となる漁業協同組合の経営基盤の強化と、水産物の需給の安定に努めてまいります。
 さらに、海外漁業協力の積極的な推進等により海外漁場の確保に努めてまいります。
 このほか、国産農林水産物の販路を拡大し、農山漁村の活性化にも資するため、輸出の促進を図ります。
 また、熱帯林の減少、砂漠化の進行など、農林水産業と密接な関連のある地球環境問題に対処するため、調査研究の充実、国際協力の強化等を図るとともに、開発途上国等への農林水産業協力を多角的に推進し、積極的に国際貢献を図ってまいります。
 以上のような農林水産施策を展開するため、平成四年度の農林水産予算の編成に際しましては、今後の農林水産政策の基礎を築くものとして、意を尽くしたところであります。
 また、施策の展開に伴って必要となる法制の整備につきましては、今後、当委員会の場におきまして、よろしく御審議のほどをお願い申し上げます。
 なお、ガット・ウルグアイ・ラウンドにおける農業交渉につきましては、昨年十二月にダンケル・ガット事務局長より合意文書案が提示されたところでありますが、その農業部分については、食糧安全保障や生産調整への配慮が十分なされず、すべての非関税措置を関税に置きかえるとの考え方が提示されていることなど、多くの問題を含むものであります。
 我が国としては、このような問題点につき今後の交渉において所要の修正を求めていくとともに、従来からの基本方針を踏まえ、世界最大の農産物純輸入国としての我が国の立場が交渉結果に適切に反映されるように努め、我が国農業の健全な発展を図る上で遺憾なきよう、最大限の努力を傾注してまいります。
 特に、米につきましては、我が国における米及び水田稲作の格別の重要性にかんがみ、また、国会における御決議等の趣旨を体し、国内産で自給するとの基本的方針で対処してまいります。
 最後になりましたが、昨年は相次ぐ台風の襲来、冷害等数多くの災害が発生し、農作物、森林等の被害は近来まれに見るものとなりました。被災された農林漁業者の方々が、経営を一日も早く再建できるよう、今後とも、復旧対策に万全を期してまいる所存であります。
 以上、所信の一端を申し述べてまいりましたが、農林水産業、農山漁村の重要性を十分に踏まえ、また、その変貌著しい現状に対応して、次代を担う若い方々が、魅力と誇りを持って従事できる農林水産業、活力に満ち、快適な生活を享受できる農山漁村の確立を目指して、農林水産政策の総合的な展開に全力を尽くしてまいります。
 今後とも、農林漁業者を初め広く関係各方面の声を真摯に受けとめながら、政策を推進してまいりたいと考えておりますので、委員各位の一層の御支援、御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 以上であります。(拍手)
#8
○高村委員長 次に、平成四年度農林水産関係予算について説明を聴取いたします。二田農林水産政務次官。
#9
○二田政府委員 平成四年度農林水産予算の概要を御説明申し上げます。
 平成四年度一般会計予算における農林水産予算の総額は、関係省庁所管分を含めて、三兆三千百十八億円となっております。その内訳は、公共事業費が一兆七千五百二十五億円、非公共事業のうちの一般事業費が一兆二千百七十二億円、食糧管理費が三千四百二十一億円であります。
 予算の編成に当たっては、財政及び行政の改革の推進方向に即し、予算の重点的かつ効率的な配分により各種施策の充実を図り、農林水産行政を着実かつ的確に展開できるよう努めたところであります。
 以下、予算の重点事項について御説明申し上げます。
 第一は、二十一世紀に向けて先進的農業を育成することであります。
 このため、高品質、高生産性農業の育成を目指す総合的な生産対策として、先進的農業生産総合対策と畜産活性化総合対策を発足させます。また、畑作農業振興対策の充実を図るとともに、環境保全型農業を推進します。さらに、水田農業確立後期対策を着実に推進します。
 第二は、農業生産の体質強化を目指した構造政策を積極的に推進することであります。
 このため、農外からの新規参入青年を含む青年農業者の育成確保等を図るための農業改良資金の拡充、農業構造改善事業の推進を図るとともに、連担的な作業条件の形成と担い手への農地の利用集積を図ります。また、農業生産基盤の整備については、生産性の向上、農業生産の再編成等に重点を置いて事業を推進します。
 第三は、農山漁村の生活の質的向上と活性化を図ることであります。
 このため、景観形成、環境保全等に配慮した農山漁村の整備を行う「美しいむらづくり」を推進します。
 また、集落排水施設、農道等都市に比べて立ちおくれている生活関連の社会資本の整備を推進します。
 さらに、山村、過疎地域等における定住条件の総合的整備を推進するため、新たな山村振興・定住事業を発足させます。
 第四に、技術の開発普及と情報化の推進であります。
 農林水産業や食品産業の生産性の向上等に資するため、イネ・ゲノム解析研究、生態系調和促進型農業生産技術の研究開発を初めとする研究開発を実施するとともに、先進的技術の実用化とその普及を推進します。
 また、農林水産業、農村地域等における情報化を推進するとともに、農林水産行政の推進に資するため、各種統計情報の整備を図ります。
 第五に、国民に健康で豊かな食生活を保障する観点から、消費者への情報提供業務の充実、規格・表示の適正化等消費者対策を推進するとともに、食糧管理制度の適切な運用等により、農産物の需給と価格の安定に努めます。
 第六に、食品関連産業の振興と輸出促進対策について申し上げます。
 まず、消費者ニーズの多様化、高度化、流通コストの上昇等に対処するため、食品流通の総合的な構造改善対策を推進するとともに、ふるさと食品の開発販売対策の強化等を通じた食品産業の振興、食品関係廃棄物のリサイクルによる環境対策を推進します。
 また、アンテナショップの設置等により、品質的にすぐれた国産農林水産物の輸出促進を図ります。
 第七に、地球環境保全対策と国際協力の推進であります。
 熱帯林の減少、砂漠化の進行等の問題に対処するため、地球環境保全対策を拡充するとともに、多様化、高度化するニーズに対応した農林水産分野の国際協力を推進します。
 第八に、森林・林業施策に関する予算について申し上げます。
 多様な森林の整備と国産材時代の実現に向けた条件整備を図るため、森林整備事業計画及び第八次治山事業五カ年計画を策定し、造林・林道事業及び治山事業を計画的に推進するとともに、松くい虫防除等の松林保全総合対策を実施することとしております。
 また、林業、山村の活性化と担い手の育成確保、国産材の流通体制の整備と木材産業の体質強化に資するよう、各般の施策を実施してまいります。
 さらに、国有林野事業については、新たな経営改善計画に基づき、その経営改善を推進します。
 第九に、水産業施策に関する予算について申し上げます。
 二百海里体制の定着、公海漁業に対する規制の強化等に即応し、漁業生産基盤の整備と漁村の生活環境の改善を図るため、漁港及び沿岸漁場の計画的な整備を推進します。
 また、我が国周辺水域の漁業の振興を図るため、資源管理型漁業及び「つくり育てる漁業」を推進するとともに、これらに資するよう、マグロ
の養殖技術等の水産新技術の開発を進めます。
 さらに、水産資源保護、環境保全対策、漁協、水産業の経営改善、水産物の流通消費、加工対策等の各般の施策を推進します。
 以上申し上げましたほか、農林漁業金融の充実、農林漁業協同組合の体制整備を図るとともに、農業信用保証保険制度、農業者年金制度、農業災害補償制度等の適切な運営に努めることとしております。
 次に、特別会計予算について御説明いたします。
 食糧管理特別会計においては、管理経費の節減等に努めつつ、一般会計から調整勘定へ所要額の繰り入れを行うとともに、その他の各特別会計についてもそれぞれ所要の予算を計上しております。
 最後に、財政投融資計画については、農林漁業金融公庫による資金運用部資金等の借り入れ、生物系特定産業技術研究推進機構への産業投資特別会計からの出融資等総額八千六百六十七億円を予定しております。
 これをもちまして、平成四年度農林水産予算の概要の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。
 ありがとうございました。
#10
○高村委員長 以上で説明は終わりました。
 次回は、明二十六日水曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時三十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト