くにさくロゴ
1992/03/06 第123回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第123回国会 厚生委員会 第3号
姉妹サイト
 
1992/03/06 第123回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第123回国会 厚生委員会 第3号

#1
第123回国会 厚生委員会 第3号
平成四年三月六日(金曜日)
    午後二時三十分開議
出席委員
  委員長 牧野 隆守君
   理事 粟屋 敏信君 理事 石破  茂君
   理事 野呂 昭彦君 理事 平田辰一郎君
   理事 持永 和見君 理事 網岡  雄君
   理事 池端 清一君 理事 遠藤 和良君
      小沢 辰男君    岡田 克也君
      加藤 卓二君    坂井 隆憲君
      鈴木 俊一君    住  博司君
      戸井田三郎君    畑 英次郎君
      宮路 和明君    山口 俊一君
      川俣健二郎君    清水  勇君
      鈴木喜久子君    田中 昭一君
      竹村 幸雄君    石田 祝稔君
      大野由利子君    児玉 健次君
 出席国務大臣
        厚 生 大 臣 山下 徳夫君
 出席政府委員
        厚生省保険局長 黒木 武弘君
        社会保険庁運営
        部長      奥村 明雄君
 委員外の出席者
        厚生委員会調査
        室長      高峯 一世君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月五日
 辞任         補欠選任
  柳田  稔君     小平 忠正君
同日
 辞任         補欠選任
  小平 忠正君     柳田  稔君
    ―――――――――――――
三月六日 
 健康保険法等の一部を改正する法律案(内閣提
 出第二四号)
 産業廃棄物の処理に係る特定施設の整備の促進
 に関する法律案(内閣提出第四七号)
 戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正す
 る法律案(内閣提出第四八号)
同月二日
 姿勢保健均整師の国家資格取得に関する請願
 (渡部行雄君紹介)(第三三二号)
 看護婦確保法の制定に関する請願(上田哲君紹
 介)(第三三三号)
 同外一件(上田哲君紹介)(第三六九号)
 同外一件(上田哲君紹介)(第四一三号)
 同外一件(上田哲君紹介)(第四四一号)
 同外一件(上田哲君紹介)(第四五四号)
 より安全な水道水の水質基準見直しに関する請
 願(網岡雄君紹介)(第四一二号)
 看護・介護職員の人材確保法制定に関する請願
 (中島衛君紹介)(第四一四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 健康保険法等の一部を改正する法律案(内閣提
 出第二四号)
     ――――◇―――――
#2
○牧野委員長 これより会議を開きます。
 ただいま付託になりました内閣提出、健康保険法等の一部を改正する法律案を議題とし、趣旨の説明を聴取いたします。山下厚生大臣。
    ―――――――――――――
 健康保険法等の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○山下国務大臣 ただいま議題となりました健康保険法等の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 政府管掌健康保険につきましては、昭和五十六年度以降黒字基調で推移いたしてきており、積立金も平成三年度末には約一兆四千億円の規模に達することが見込まれます。今回の改正は、このような財政状況を踏まえて、一層の財政運営の安定を期するため、現行の財政運営を、おおむね五年を通じて財政の均衡が図られるような中期的財政運営に改めるとともに、保険料率及び国庫補助率について所要の調整を行うものであります。
 また、これにあわせて、出産手当金の支給期間の改善を図るほか、今後の高齢社会を見据えて、健康保険制度及び国民健康保険制度等の重要な諸問題について早急に検討に着手するため、新たに政令で定める審議会として医療保険審議会(仮称)を創設すること等の改正を行うこととしております。
 以下、この法案の主な内容につきまして御説明を申し上げます。
 第一は、政府管掌健康保険の中期的財政運営の安定を図るための措置についてであります。
 現行の単年度ごとの収支均衡を前提とした財政運営を、おおむね五年を通じて財政の均衡が図られるような中期的財政運営に改め、その間、短期的な景気変動等の影響を受けない安定的な保険料率を設定することとし、この場合、単年度における収支を調整する機能を果たす資金として事業運営安定資金を創設することとしております。
 これに伴い、中期的な財政運営の安定が確保される範囲内で、保険料率及び国庫補助率を調整することとし、保険料率については、現在の千分の八十四を引き下げ、法律上千分の八十二に改めるとともに、国庫補助率については、老人保健拠出金に対する国庫補助率、現行千分の百六十四は据え置くこととし、その他の保険給付に対する国庫補助率について、当分の間千分の百三十とすることといたしております。
 第二は、出産手当金の支給期間の改善についてであります。
 出産手当金の支給期間については、分娩の日前四十二日、分娩の日以後五十六日以内において労務に服さなかった期間支給されることとなっておりますが、分娩が予定日よりおくれた場合でも、このおくれた期間について支給すること等の改善を図ることといたしております。
 なお、これにあわせて、政令で定める現行の分娩費の最低保障額及び配偶者分娩費の額についても、二十四万円に引き上げることといたしております。
 次に、医療保険審議会の創設についてであります。
 現在、国民健康保険については、専門審議会が設置されていないことから、社会保険審議会を発展的に改組し、健康保険事業、船員保険事業及び国民健康保険事業に関する重要事項を審議するため、新たに政令で定める審議会として医療保険審議会を創設することといたしております。
 以上のほか、標準報酬等級の下限の改定及び上限について現行政令で定めている部分を法定する等の改正を行うことといたしております。
 最後に、この法律の施行期日は、本年四月一日からとしておりますが、審議会の創設に関する事項は、公布の日から三月を超えない範囲内で政令で定める日から、標準報酬に関する事項は、本年十月一日からといたしております。
 以上がこの法律案の提案理由及びその内容の概要であります。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御可決あらんことをお願い申し上げます。
#4
○牧野委員長 以上で趣旨の説明は終わりました。
 次回は、来る十日火曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後二時三十五分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト