くにさくロゴ
1992/03/30 第123回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第123回国会 本会議 第14号
姉妹サイト
 
1992/03/30 第123回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第123回国会 本会議 第14号

#1
第123回国会 本会議 第14号
平成四年三月三十日(月曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第十一号
   平成四年三月三十日
    午後二時開議
 第一 投資の相互促進及び相互保護に関する日
    本国とトルコ共和国との間の協定の締結
    について承認を求めるの件
 第二 障害者の職業リハビリテーション及び雇
    用に関する条約(第百五十九号)の締結
    について承認を求めるの件
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 人事官任命につき同意を求めるの件
 原子力委員会委員任命につき同意を求めるの件
 原子力安全委員会委員任命につき同意を求める
  の件
 中央更生保護審査会委員任命につき同意を求め
  るの件
 日本銀行政策委員会委員任命につき同意を求め
  るの件
 平成四年度一般会計暫定予算
 平成四年度特別会計暫定予算
 平成四年度政府関係機関暫定予算
日程第一 投資の相互促進及び相互保護に関す
 る日本国とトルコ共和国との間の協定の締結
 について承認を求めるの件
日程第二 障害者の職業リハビリテーション及
 び雇用に関する条約(第百五十九号)の締結に
 ついて承認を求めるの件
    午後三時四十三分開議
#2
○議長(櫻内義雄君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 人事官任命につき同意を求めるの件
 原子力委員会委員任命につき同意を求めるの
  件
 原子力安全委員会委員任命につき同意を求め
  るの件
 中央更生保護審査会委員任命につき同意を求
  めるの件
 日本銀行政策委員会委員任命につき同意を求
  めるの件
#3
○議長(櫻内義雄君) お諮りいたします。
 内閣から、
 人事官に弥富啓之助君を、
 原子力委員会委員に大山彰君及び林政義君を、
 原子力安全委員会委員に寺島東洋三君及び都甲泰正君を、
 中央更生保護審査会委員に中田修君を、
 日本銀行政策委員会委員に井倉和也君を任命したいので、それぞれ本院の同意を得たいとの申し出があります。
 まず、人事官、中央更生保護審査会委員及び日本銀行政策委員会委員の任命について、申し出のとおり同意を与えるに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#4
○議長(櫻内義雄君) 起立多数。よって、いずれも同意を与えるに決しました。
 次に、原子力委員会委員及び原子力安全委員会委員の任命について、申し出のとおり同意を与えるに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#5
○議長(櫻内義雄君) 起立多数。よって、いずれも同意を与えるに決しました。
     ――――◇―――――
#6
○木村義雄君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 平成四年度一般会計暫定予算、平成四年度特別会計暫定予算、平成四年度政府関係機関暫定予算、右三案を一括議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#7
○議長(櫻内義雄君) 木村義雄君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。
    ―――――――――――――
 平成四年度一般会計暫定予算
 平成四年度特別会計暫定予算
 平成四年度政府関係機関暫定予算
#9
○議長(櫻内義雄君) 平成四年度一般会計暫定予算、平成四年度特別会計暫定予算、平成四年度政府関係機関暫定予算、右三案を一括して議題といたします。
 委員長の報告を求めます。予算委員長山村新治郎君。
    ―――――――――――――
 平成四年度一般会計暫定予算及び同報告書
 平成四年度特別会計暫定予算及び同報告書
 平成四年度政府関係機関暫定予算及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔山村新治郎君登壇〕
#10
○山村新治郎君 ただいま議題となりました平成四年度一般会計暫定予算外二案につきまして、予算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 まず、暫定予算の概要について申し上げます。
 この暫定予算三案は、四月一日から同月十一日までの十一日間の分について編成されたものであります。
 一般会計暫定予算の歳出総額は五兆五千二百四十四億円でありまして、暫定予算期間中における人件費、事務費等の経常的経費等について行政運営上必要最小限の金額を計上いたしております。
 なお、新規の施策に係る経費は原則として計上いたしておりませんが、生活扶助基準等の引き上げ、国立大学の学生の増募等、教育及び社会政策等への配慮から特に措置することが適当と認められるものについて所要の経費を計上いたしております。
 また、公共事業関係費は、新規発生災害に係る直轄災害復旧事業費のほか、直轄の維持修繕費等について措置いたしております。
 歳入総額は一千五十八億円であり、暫定予算期間中の税収及びその他収入の見込み額並びに前年度剰余金を計上いたしております。
 以上の結果、五兆四千百八十六億円の歳出超過となりますが、国庫の資金繰りについては、必要に応じて大蔵省証券を発行できることといたしております。
 特別会計及び政府関係機関につきましても、一般会計に準じて暫定予算が編成されております。
 この暫定予算三案は、去る三月二十七日予算委員会に付託され、本三十日羽田大蔵大臣から提案理由の説明を聴取し、質疑を行い、採決の結果、三案は、いずれも自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党及び進歩民主連合の賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#11
○議長(櫻内義雄君) 三案を一括して採決いたします。
 三案の委員長の報告はいずれも可決であります。三案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#12
○議長(櫻内義雄君) 起立多数。よって、三案とも委員長報告のとおり可決いたしました。(拍手)
     ――――◇―――――
 日程第一 投資の相互促進及び相互保護に関
  する日本国とトルコ共和国との間の協定の
  締結について承認を求めるの件
 日程第二 障害者の職業リハビリテーション
  及び雇用に関する条約(第百五十九号)の締
  結について承認を求めるの件
#13
○議長(櫻内義雄君) 日程第一、投資の相互促進及び相互保護に関する日本国とトルコ共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件、日程第二、障害者の職業リハビリテーション及び雇用に関する条約(第百五十九号)の締結について承認を求めるの件、右両件を一括して議題といたします。
 委員長の報告を求めます。外務委員長麻生太郎君。
    ―――――――――――――
 投資の相互促進及び相互保護に関する日本国と
  トルコ共和国との間の協定の締結について承
  認を求めるの件及び同報告書
 障害者の職業リハビリテーション及び雇用に関
  する条約(第百五十九号)の締結について承認
  を求めるの件及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔麻生太郎君登壇〕
#14
○麻生太郎君 ただいま議題となりました日本・トルコ投資保護協定並びにILO百五十九号条約の両件につきまして、外務委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。
 まず、日本・トルコ投資保護協定について申し上げます。
 本協定は、平成四年二月十二日アンカラにおいて署名されたものであります。
 本協定は、両国内に投資促進のための良好な条件をつくり出すことによって、両国間の経済的協力を強化し、資本及び技術の交流を促すことを目的としたものであり、投資の許可及び投資の許可に関連する事項について最恵国待遇を相互に与えているほか、投資財産、収益及び投資に関連する事業活動に関する内国民待遇及び最恵国待遇、裁判を受ける権利等に関する内国民待遇及び最恵国待遇、収用、国有化等の措置をとる場合の条件及び補償の方法、収益等の移転の自由の保証、投資紛争解決のための手続などについて規定をいたしております。
 次に、ILO百五十九号条約について申し上げます。
 本条約は、昭和五十八年六月二十日にジュネーブにおいて開催されました国際労働機関の第六十九回総会において採択をされたものであります。
 本条約は、障害者の雇用機会の増大及び社会における統合の促進を図ることを目的としたもので、障害者の職業リハビリテーション及び雇用に関する政策を策定し、実施すること等について定めております。
 両件は、去る二月二十一日外務委員会に付託され、三月六日渡辺外務大臣から提案理由の説明を聴取し、同月二十七日質疑を行い、日本・トルコ投資保護協定は、討論の後、採決を行いました結果、多数をもって承認すべきものと議決いたしました。引き続き、ILO百五十九号条約について採決を行いました結果、本件は全会一致をもって承認すべきものと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#15
○議長(櫻内義雄君) これより採決に入ります。
 まず、日程第一につき採決いたします。
 本件を委員長報告のとおり承認するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#16
○議長(櫻内義雄君) 起立多数。よって、本件は委員長報告のとおり承認するに決しました。
 次に、日程第二につき採決いたします。
 本件は委員長報告のとおり承認するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり承認するに決しました。
     ――――◇―――――
#18
○議長(櫻内義雄君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後三時五十三分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト