くにさくロゴ
1991/08/09 第121回国会 参議院 参議院会議録情報 第121回国会 議院運営委員会 第3号
姉妹サイト
 
1991/08/09 第121回国会 参議院

参議院会議録情報 第121回国会 議院運営委員会 第3号

#1
第121回国会 議院運営委員会 第3号
平成三年八月九日(金曜日)
   午前九時四十分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         伊江 朝雄君
    理 事
                石井 一二君
                沓掛 哲男君
                高木 正明君
                稲村 稔夫君
                小川 仁一君
                矢原 秀男君
                山中 郁子君
                磯村  修君
                足立 良平君
    委 員
                石川  弘君
                大島 慶久君
                鹿熊 安正君
                田村 秀昭君
                仲川 幸男君
                成瀬 守重君
                藤田 雄山君
                山口 光一君
                北村 哲男君
                肥田美代子君
                三上 隆雄君
                三石 久江君
        ―――――
       議     長  土屋 義彦君
       副  議  長  小山 一平君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  佐伯 英明君
       事 務 次 長  戸張 正雄君
       議 事 部 長  菅野  清君
       委 員 部 長  黒澤 隆雄君
       記 録 部 長  中川 俊彦君
       警 務 部 長  鈴木 重夫君
       庶 務 部 長  島田 豊光君
       管 理 部 長  堀川 久士君
       渉 外 部 長  大鷹 市郎君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○国土審議会特別委員の推薦に関する件
○社会保障制度審議会委員の推薦に関する件
○地方制度調査会委員の推薦に関する件
○決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関す
 る件
○本日の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(伊江朝雄君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、国土審議会特別委員、社会保障制度審議会委員及び地方制度調査会委員の推薦に関する件を議題といたします。
 本件につきましては、割り当て会派からお手元の資料のとおり申し出がございました。
 割り当て会派申し出のとおり推薦することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(伊江朝雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(伊江朝雄君) 次に、決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
#5
○事務総長(佐伯英明君) 去る八月五月、鈴木和美君外八名から雲仙・普賢岳噴火災害対策に関する決議案が提出されました。
 本決議案には、発議者全員から委員会の審査を省略されたい旨の要求書が付されております。
 この要求につきまして御審議をお願いいたします。
#6
○委員長(伊江朝雄君) ただいまの事務総長報告の決議案の委員会審査を省略することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(伊江朝雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#8
○委員長(伊江朝雄君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#9
○事務総長(佐伯英明君) 本日の議事は、まず、裁判官弾劾裁判所裁判員、同予備員、裁判官訴追委員及び同予備員辞任の件を異議の有無をもってお諮りいたします。辞任が決まりますと、裁判官弾劾裁判所裁判員等各種委員の選挙を行います。その際、選挙省略・議長指名の動議を沓掛理事に御提出いただき、これに対する賛成を小川理事にお願いいたします。本動議に異議がないと決しますと、議長は、議席に配付いたしました氏名表のとおり各種委員を指名されます。
 次に、日程第一 国務大臣の演説及び報告に関する件(第三日)でございます。昨日に引き続き、広中和歌子君、市川正一君、粟森喬君、勝木健司君、一井淳治君の順にそれぞれ質疑を行います。
 次に、鈴木和美君外八名発議に係る雲仙・普賢岳噴火災害対策に関する決議案(委員会審査省略要求事件)でございます。まず、本決議案の委員会審査を省略し、日程に追加して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、発議者鈴木和美君から趣旨説明がありました後、採決いたします。本決議案が可決されますと、西田国務大臣から所信表明がございます。
 本日の議事は以上でございますが、理事会の御協議によりまして、二人目の市川正一君の質疑終了後一たん休憩し、午後一時に再開いたします。休憩前の所要時間は約一時間三十分、再開後の所要時間は約二時間の見込みでございます。
#10
○委員長(伊江朝雄君) ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(伊江朝雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午前九時四十三分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト