くにさくロゴ
1991/10/02 第121回国会 参議院 参議院会議録情報 第121回国会 本会議 第9号
姉妹サイト
 
1991/10/02 第121回国会 参議院

参議院会議録情報 第121回国会 本会議 第9号

#1
第121回国会 本会議 第9号
平成三年十月二日(水曜日)
   午前十時一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第九号
  平成三年十月二日
   午前十時開議
 第一 廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び
  廃棄物処理施設整備緊急措置法の一部を改正
  する法律案(第百二十回国会内閣提出、第百
  二十一回国会衆議院送付)
 第二 麻薬及び向精神薬取締法等の一部を改正
  する法律案(第百二十回国会内閣提出、第百
  二十一回国会衆議院送付)
 第三 国際的な協力の下に規制薬物に係る不正
  行為を助長する行為等の防止を図るための麻
  薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法
  律案(第百二十回国会内閣提出、第百二十一
  回国会衆議院送付)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、新議員の紹介
 以下 議事日程のとおり
     ―――――・―――――
#3
○議長(土屋義彦君) これより会議を開きます。
 この際、新たに議席に着かれました議員を御紹介いたします。
 議席第百七番、選挙区選出議員、福岡県選出、重富吉之助君。
   〔重富吉之助君起立、拍手〕
#4
○議長(土屋義彦君) 議長は、本院規則第三十条の規定により、重富吉之助君を地方行政委員に指名いたします。
     ―――――・―――――
#5
○議長(土屋義彦君) 日程第一 廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び廃棄物処理施設整備緊急措置法の一部を改正する法律案
 日程第二 麻薬及び向精神薬取締法等の一部を改正する法律案
 日程第三 国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律案
  (いずれも第百二十回国会内閣提出、第百二十
  一回国会衆議院送付)
 以上三案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。厚生委員長田渕勲二君。
   〔田渕勲二君登壇、拍手〕
#6
○田渕勲二君 ただいま議題となりました三法律案につきまして、厚生委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び廃棄物処理施設整備緊急措置法の一部を改正する法律案は、廃棄物処理計画に基づく計画的な廃棄物の処理を推進すること、事業者等への廃棄物の適正処理に関して協力を要請すること、特別管理一般廃棄物及び特別管理産業廃棄物の処理の基準
を設定することのほか、廃棄物処理業の許可の更新制度及び廃棄物処理施設の設置の許可制度の導入、廃棄物処理センターを指定する制度の新設、罰則の強化等の措置を講ずるとともに、新たに平成七年度までの間に実施すべき廃棄物処理施設整備計画を策定しようとするものであります。
 委員会におきましては、事業者の責務の強化、不法投棄と原状回復、マニフェスト制度の適用範囲の拡大、廃棄物の再資源化、医療廃棄物の適正処理、バーゼル条約の批准との関連等について暫疑が行われるとともに、地方行政委員会、商工委員会及び環境特別委員会との連合審査会を行うなど慎重に審査を進めてまいりましたが、その詳細は会議録によって御承知願います。
 質疑を終わりましたところ、前島理事より、自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、連合参議院、民社党・スポーツ・国民連合の五会派共同提案に係る修正案が提出されました。修正案の要旨は、事業者及び国の責務を補強するとともに、マニフェスト制度の適用範囲、不法投棄の原状回復の方策について検討する規定を追加すること等であります。
 次いで、採決の結果、修正案並びに修正部分を除く原案はいずれも全会一致をもって可決され、本法律案は全会一致をもって修正議決すべきものと決定いたしました。
 なお、本法律案に対し附帯決議が付されております。
 次に、麻薬関係二法律案について申し上げます。
 両案はともに、さきの第百二十回国会において承認されました麻薬及び向精神薬の不正取引の防止に関する国際連合条約の批准に備え、国内法の整備を図ろうとするものでありまして、麻薬及び向精神薬取締法等の一部を改正する法律案は、我が国における麻薬及び向精神薬等の乱用の防止を図るため、麻薬向精神薬原料に係る届け出制度を設ける等必要な規制を設けるとともに、国外犯の処罰等に関する措置を定めようとするものであります。
 また、国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律案は、国際的な協力のもとに規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るため、薬物犯罪に係る不法収益の隠匿等の処罰、不法収益の没収、疑わしい取引の届け出等の麻薬及び向精神薬取締法、大麻取締法、あへん法及び覚せい剤取締法等の特例を定めようとするものであります。
 委員会におきましては、両案を一括して審査し、コントロールドデリバリー制度の導入、不法収益のマネーロンダリング防止策、捜査における人権保障等の問題について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願います。
 質疑を終わり、順次採決の結果、両案はいずれも全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、両案に対し附帯決議が付されております。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#7
○議長(土屋義彦君) これより採決をいたします。
 まず、廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び廃棄物処理施設整備緊急措置法の一部を改正する法律案の採決をいたします。
 本案の委員長報告は修正議決報告でございます。
 本案を委員長報告のとおり修正議決することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#8
○議長(土屋義彦君) 総員起立と認めます。
 よって、本案は全会一致をもって委員長報告のとおり修正議決されました。
 次に、麻薬及び向精神薬取締法等の一部を改正する法律案及び国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律案の採決をいたします。
 両案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#9
○議長(土屋義彦君) 総員起立と認めます。
 よって、両案は全会一致をもって可決されました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト