くにさくロゴ
1991/08/05 第121回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第121回国会 災害対策特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1991/08/05 第121回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第121回国会 災害対策特別委員会 第1号

#1
第121回国会 災害対策特別委員会 第1号
本特別委員会は平成三年八月五日(月曜日)議院
において、災害対策を樹立するため設置すること
に決した。
八月五日
 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      岩屋  毅君    大石 正光君
      金子原二郎君    金子徳之介君
      久間 章生君    小坂 憲次君
      古賀 一成君    高村 正彦君
      鈴木 俊一君    住  博司君
      高鳥  修君    虎島 和夫君
      萩山 教嚴君    平田辰一郎君
      二田 孝治君    増田 敏男君
      松岡 利勝君    光武  顕君
      宮路 和明君    村井  仁君
      村上誠一郎君    簗瀬  進君
      有川 清次君    石橋 大吉君
      緒方 克陽君    川俣健二郎君
      北沢 清功君    五島 正規君
      清水  勇君    鉢呂 吉雄君
      松前  仰君    山中 末治君
      吉岡 賢治君    石田 祝稔君
      鍛冶  清君    薮仲 義彦君
      吉井 光照君    藤田 スミ君
      菅原喜重郎君    阿部 昭吾君
―――――――――――――――――――――
平成三年八月五日(月曜日)
    午後零時二十七分開議
出席委員  
  委員長 清水  勇君
   理事 大石 正光君 理事 高鳥  修君
   理事 二田 孝治君 理事 宮路 和明君
   理事 村上誠一郎君 理事 緒方 克陽君
   理事 川俣健二郎君 理事 石田 祝稔君
      金子原二郎君    金子徳之介君
      久間 章生君    小坂 憲次君
      古賀 一成君    高村 正彦君
      鈴木 俊一君    住  博司君
      虎島 和夫君    萩山 教嚴君
      平田辰一郎君    増田 敏男君
      松岡 利勝君    光武  顕君
      村井  仁君    有川 清次君
      石橋 大吉君    五島 正規君
      鉢呂 吉雄君    松前  仰君
      山中 末治君    吉岡 賢治君
      鍛冶  清君    吉井 光照君
      藤田 スミ君    菅原喜重郎君
      江田 五月君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (国土庁長官) 西田  司君
 出席政府委員
        国土庁防災局長 鹿島 尚武君
 委員外の出席者
        特別委員会第三
        調査室長    下野 一則君
    ―――――――――――――
委員の異動
八月五日
 辞任         補欠選任
  阿部 昭吾君     江田 五月君
同月
 辞任         補欠選任
  江田 五月君     阿部 昭吾君
    ―――――――――――――
八月五日
 清水勇君が委員長に当選した。
同日
      大石 正光君    高鳥  修君
      二田 孝治君    宮路 和明君
      村上誠一郎君    緒方 克陽君
      川俣健二郎君    石田 祝稔君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
 雲仙・普賢岳噴火の災害対策に関する件
     ――――◇―――――
    〔山中(末)委員、委員長席に着く〕
#2
○山中(末)委員 これより会議を開きます。
 衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。
 これより委員長の互選を行います。
#3
○村上委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、清水勇君を委員長に推薦いたしたいと存します。
#4
○山中(末)委員 ただいまの村上誠一郎君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○山中(末)委員 御異議なしと認めます。よって、清水勇君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長清水勇君に本席を譲ります。
    〔清水委員長、委員長席に着く〕
#6
○清水委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、私が委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。
 皆様御承知のように、去る六月には雲仙・普賢岳の噴火により大きな被害が発生し、災害対策に寄せる国民の関心と期待もひときわ大なるものがあると存します。
 このようだ時期、本委員会に課せられた使命はまことに重大であります。委員各位の御支援と御協力とを賜りまして、その使命達成のため最善を尽くすとともに、一層円満な委員会運営に努めてまいる所存であります。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○清水委員長 これより理事の互選を行います。
#8
○村上委員 動議を提出いたします。
 理事は、その数を八名とし、委員長において指名されるてとを望みます。
#9
○清水委員長 ただいまの村上誠一郎君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○清水委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      大石 正光君    高鳥  修君
      二田 孝治君    宮路 和明君
      村上誠一郎君    緒方 克陽君
      川俣健二郎君    石田 祝稔君
以上八名の方を指名いたします。
 この際、暫時休憩いたします。
    午後零時三十分休憩
     ――――◇―――――
    午後零時三十五分開議
#11
○清水委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 災害対策に関する件について調査を進めます。
 この際、雲仙・普賢岳噴火の災害対策に関する件について決議をいたしたいと存じます。
 本件に関しましては、先ほどの理事会において御検討願いましたが、その協議が調い、案文がまとまりました。
 便宜、委員長から案文を朗読いたし、その趣旨の説明にかえたいと存じます。
    雲仙・普賢岳噴火の災害対策に関する件(案)
  平成二年十一月十七日、約二百年ぶりに噴火した雲仙・普賢岳は、本年五月以降火山活動が活発化し、火砕流及び土石流の頻発により周辺に人的被害を含む多大の被害をもたらした。その後も火山活動は続き、予断を許さない状況である。
  政府においては、これまで、非常災害対策本部を設置し、二十一分野八十三項目にわたる対策を決定し、これを実施してきているが、今後とも、特に次の事項に重点を置いて、万全を期すべきである。
  この場合、火山噴火等の災害対策の過去の実績、将来の見通しを十分にふまえ、かつ、この災害の特殊性、長期性、激甚性等にかんがみ、被災地の住民救済、復旧及び地域振興等に関するあらゆる現行の法制度を強力かつ弾力的に運用することはもとより、現行制度において不十分なものは適切かつ速やかに対応するなど必要な措置をとるべきである。
 一、引き続き火山活動等の厳重な観測・監視に努め、住民等に対して適切な情報伝達が行われるよう、警戒避難態勢の一層の充実を図ること。
 二、避難住民の住居を確保するため、各種宿泊施設の最大限の活用を図るとともに、応急仮設住宅、災害公営住宅の速やかな増設等を行うこと。
 三、被災農林漁業者、中小企業者等に対する各種の融資措置等に一層の配慮を行い、その円滑な実施を図ること。
 四、被災事業所の休業に伴う一時的離職者に対する基本手当の支給等雇用保険の特例措置を実施するとともに、職業紹介・あっせんに努めること。
 五、避難住民の困窮に対処し、その生活の安定を図るため、災害援護資金貸付制度の改善等の民生対策の拡充を図ること。
 六、児童、生徒等の教育と保育に支障がないよう、より一層適切な措置を講ずること。
 七、可及的速やかに災害復旧のための調査に着手し、公共土木施設等の施設の早期復旧等に努めること。また、必要に応じ、防災集団移転事業制度に所要の改善を加え、その円滑な実施に努めること。
 八、地元地方公共団体とともに被災地域及びその周辺地域の振興・活性化等に関する計画を策定し、その円滑な実施のため、適切な措置を講ずること。
 九、引き続き、地元地方公共団体に対し、地方債の弾力的措置、特別交付税の配慮等強力な財政的支援を行うこと。
  右決議する。
以上であります。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願いいたします。(拍手)
 お諮りいたします。
 ただいま読み上げました案文を本委員会の決議とするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#12
○清水委員長 起立総員。よって、本件は本委員会の決議とすることに決しました。(拍手)
 この際、本決議に対し政府から発言を求められておりますので、これを許します。西田国土庁長官。
#13
○西田国務大臣 ただいまの決議につきましては、その御趣旨を十分尊重して、一日も早く住早生活の安定並びに地域の復旧及び活性化が実現するよう、政府の総力を挙げ、地元地方公共団体とも連携して、対策の万全を期してまいる所存でございます。
 よろしくお願いをいたします。(拍手)
#14
○清水委員長 本決議の議長に対する報告及び関係政府当局への参考送付等につきましては、委員長に御一任願いたいと存しますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○清水委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時四十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト