くにさくロゴ
1991/09/06 第121回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第121回国会 議院運営委員会国会法改正等に関する小委員会 第1号
姉妹サイト
 
1991/09/06 第121回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第121回国会 議院運営委員会国会法改正等に関する小委員会 第1号

#1
第121回国会 議院運営委員会国会法改正等に関する小委員会 第1号
本小委員会は平成三年八月五日(月曜日)委員会
において、設置することに決した。
八月五日
 本小委員は委員長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      森  喜朗君    与謝野 馨君
      谷垣 禎一君    額賀福志郎君
      野呂 昭彦君    中川 昭一君
      阿部未喜男君    森井 忠良君
      小林 恒人君    貝沼 次郎君
八月五日
 森喜朗君が委員長の指名で、小委員長に選任さ
 れた。
―――――――――――――――――――――
平成三年九月六日(金曜日)
    午前十時三十二分開議
 出席小委員
   小委員長 森  喜朗君
      与謝野 馨君    谷垣 禎一君
      額賀福志郎君    中川 昭一君
      阿部未喜男君    森井 忠良君
      小林 恒人君    貝沼 次郎君
 小委員外の出席者
        議院運営委員  東中 光雄君
        議院運営委員  伊藤 英成君
        事 務 総 長 緒方信一郎君
        衆議院法制局長 和田 文雄君
        裁判官弾劾裁判
        所事務局長   生天目忠夫君
        裁判官訴追委員
        会事務局長   澁川  滿君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国会法の一部改正の件
 裁判官弾劾法の一部改正の件
     ――――◇―――――
#2
○森小委員長 これより国会法改正等に関する小委員会を開会いたします。
 まず、国会法の一部改正の件についてでありますが、今回の改正の内容は、第一に、常会は毎年一月中に召集するのを常例とするものとすること、第二に、常会の召集詔書は、少なくとも十日前にこれを公布しなければならないものとすること、第三に、本案の附則で、財政法第二十七条の規定を改め、内閣は、毎会計年度の予算を前年度の一月中に国会に提出するのを常例とするものとすることであります。
 なお、本案は、公布の日から施行することになっております。
 本件につきましては、議会制度に関する協議会等で長年にわたり検討してきた問題でありますが、国会の審議期間をできるだけ多くし、審議の充実を図ろうという考え方に立って、各党一致で合意するに至ったものであります。
 次に、裁判官弾劾法の一部改正の件についてでありますが、改正の内容は、裁判官弾劾法第四十四条に規定されている裁判官弾劾裁判所及び裁判官訴追委員会における証人の不出頭等の場合の過料について、現在一万円以下とたっているものを、経済事情の変動及び議院における証人に対する罰則等の例にかんがみ、多額を十万円に引き上げようとするものであります。
 なお、本案は、公布の日から施行することになっております。
    ―――――――――――――
 国会法の一部を改正する法律案
 裁判官弾劾法の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○森小委員長 それでは、まず、国会法の一部改正の件につきましては、お手元に配付の案を小委員会の案と決定するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○森小委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 次に、裁判官弾劾法の一部改正の件につきましては、お手元に配付の案を小委員会の案と決定するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○森小委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、本日の議院運営委員会において、国会法の一部改正の件及び裁判官弾劾法の一部改正の件につきましてのこれまでの経過並びに結果を私から報告いたしますので、御了承願います。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時三十四分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト