くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第120回国会 議院運営委員会 第22号
平成三年四月二十四日(水曜日)
   午前九時四十分開会
    ─────────────
   委員の異動
 四月十九日
    辞任         補欠選任
     成瀬 守重君     二木 秀夫君
     藤田 雄山君     鈴木 省吾君
 四月二十二日
    辞任         補欠選任
     鈴木 省吾君     藤田 雄山君
     二木 秀夫君     成瀬 守重君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         伊江 朝雄君
    理 事
                石井 一二君
                沓掛 哲男君
                高木 正明君
                稲村 稔夫君
                菅野 久光君
                常松 克安君
                橋本  敦君
                磯村  修君
                勝木 健司君
    委 員
                石川  弘君
                大島 慶久君
                鹿熊 安正君
                田村 秀昭君
                仲川 幸男君
                成瀬 守重君
                藤田 雄山君
                山口 光一君
                翫  正敏君
                北村 哲男君
                櫻井 規順君
                野別 隆俊君
                三重野栄子君
        ─────
       議     長  土屋 義彦君
       副  議  長  小山 一平君
        ─────
   政府委員
       総務政務次官   井上 喜一君
   事務局側
       事 務 総 長  佐伯 英明君
       事 務 次 長  戸張 正雄君
       議 事 部 長  菅野  清君
       委 員 部 長  黒澤 隆雄君
       記 録 部 長  中川 俊彦君
       警 務 部 長  鈴木 重夫君
       庶 務 部 長  島田 豊光君
       管 理 部 長  堀川 久士君
       渉 外 部 長  大鷹 市郎君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○臨時行政改革推進審議会委員の任命同意に関する件
○国会議員の秘書の退職手当支給規程の一部改正に関する件
○本日の本会議の議事に関する件
○本会議における平成元年度決算の概要についての大蔵大臣の報告及びこれに対する質疑に関する件
○本日の再開後の本会議の議事に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(伊江朝雄君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、臨時行政改革推進審議会委員の任命同意に関する件を議題といたします。
 政府委員の説明を求めます。総務政務次官井上喜一君。
#3
○政府委員(井上喜一君) 臨時行政改革推進審議会委員磯村尚徳君は三月十二日に辞任しましたが、その後任として西原春夫君を任命いたしたいので、臨時行政改革推進審議会設置法第五条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願い申し上げます。
#4
○委員長(伊江朝雄君) ただいま説明の人事案件について、これより採決を行います。
 臨時行政改革推進審議会委員の任命について同意を与えることに賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#5
○委員長(伊江朝雄君) 多数と認めます。よって、同意を与えることに決定いたしました。
    ─────────────
#6
○委員長(伊江朝雄君) 次に、国会議員の秘書の退職手当支給規程の一部改正に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#7
○事務総長(佐伯英明君) 国会議員の秘書の退職手当支給規程の一部改正に関する件について御説明申し上げます。
 これは、今般の国家公務員退職手当法の改正に伴うもので、秘書の勤続期間が二十年以上で、かつ自己都合以外の退職をした者に支給する退職手当については、現在、昭和四十七年十二月一日に在職していた秘書に限って暫定的な割り増し措置が講じられておりますが、新たにその日に在職していない秘書についても同様の措置を講じようとするものであります。
 以上でございます。
#8
○委員長(伊江朝雄君) 本件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり改正することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(伊江朝雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#10
○委員長(伊江朝雄君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#11
○事務総長(佐伯英明君) 本日の議事は、まず、国家公務員等の任命に関する件でございます。臨時行政改革推進審議会委員の任命同意について採決いたします。
 次に、日程第一ないし第三を一括して議題とした後、決算委員長が報告されます。三件に対し、西岡瑠璃子君、守住有信君おのおの十分の討論の後、採決いたします。採決は二回に分けて行います。まず、日程第一について採決し、次いで、日程第二及び第三の両件を一括して採決いたします。
 次に、日程第四ないし第七を一括して議題とした後、外務委員長が報告されます。採決は四件を一括して行います。
 次に、日程第八について、文教委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第九及び第一〇を一括して議題とした後、建設委員長が報告されます。採決は両案を一括して行います。
 次に、日程第一一及び第一二を一括して議題とした後、運輸委員長が報告されます。採決は二回に分けて行います。
 次に、日程第一三について、逓信委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第一四について、農林水産委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第一五及び第一六を一括して議題とした後、商工委員長が報告されます。採決は両案を一括して行います。
 次に、日程第一七について、内閣委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第一八及び第一九を一括して議題とした後、社会労働委員長が報告されます。採決は二回に分けて行います。
 以上をもちまして一たん休憩いたします。休憩前の所要時間は約一時間の見込みでございます。
#12
○委員長(伊江朝雄君) ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(伊江朝雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午前九時四十三分休憩
     ─────・─────
   午後五時二十九分開会
#14
○委員長(伊江朝雄君) ただいまから議院運営委員会を再開いたします。
 まず、本会議における平成元年度決算の概要についての大蔵大臣の報告及びこれに対する質疑に関する件を議題といたします。
 本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、平成元年度決算の概要について橋本大蔵大臣から報告を聴取するとともに、これに対し、日本社会党・護憲共同一人十五分、公明党・国民会議及び日本共産党おのおの一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。
 理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(伊江朝雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#16
○委員長(伊江朝雄君) 次に、本日の再開後の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#17
○事務総長(佐伯英明君) 再開後の議事は、まず、国務大臣の報告に関する件(平成元年度決算の概要について)でございます。まず、日程に追加して国務大臣の報告を求めることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、橋本大蔵大臣から報告があり、これに対し、喜岡淳君、猪熊重二君、諫山博君の順にそれぞれ質疑を行います。
 以下は本日委員会議了の緊急上程議案でございます。これらの議案につきましては、その都度、日程に追加して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。
 まず、鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律の一部を改正する法律案について、環境特別委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、地域雇用開発等促進法の一部を改正する法律案及び中小企業における労働力の確保のための雇用管理の改善の促進に関する法律案の両案について社会労働委員長が報告されます。採決は両案を一括して行います。
 次に、地価税法案について、大蔵委員長が報告された後、採決いたします。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたします。再開後の所要時間は約一時間三十分の見込みでございます。
#18
○委員長(伊江朝雄君) ただいまの事務総長説明のとおり、再開後の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○委員長(伊江朝雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後五時三十分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト