くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第120回国会 科学技術委員会 第5号
平成三年五月七日(火曜日)
    午後一時四十分開議
 出席委員
   委員長 中馬 弘毅君
   理事 佐田玄一郎君 理事 渡海紀三朗君
   理事 光武  顕君 理事 村井  仁君
   理事 山本 有二君 理事 関  晴正君
   理事 近江巳記夫君
      小沢 一郎君    大野  明君
      塚原 俊平君    森  英介君
      渡瀬 憲明君    大畠 章宏君
      松前  仰君    森井 忠良君
      長田 武士君    金子 満広君
      菅原喜重郎君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (科学技術庁長
        官)      山東 昭子君
 出席政府委員
        科学技術庁長官
        官房長     平野 拓也君
        科学技術庁長官
        官房審議官   石田 寛人君
        科学技術庁原子
        力局長     山本 貞一君
 委員外の出席者
        科学技術委員会
        調査室長    松尾 光芳君
    ─────────────
委員の異動
五月七日
 辞任         補欠選任
  永末 英一君     菅原喜重郎君
同日
 辞任         補欠選任
  菅原喜重郎君     永末 英一君
    ─────────────
四月三十日
 脱原発法の制定に関する請願外一件(菅直人君紹介)(第四一七一号)
 同(楢崎弥之助君紹介)(第四一七二号)
 同(大野由利子君紹介)(第四四六〇号)
は本委員会に付託された。
    ─────────────
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 国際熱核融合実験炉プロジェクトに関する件
     ────◇─────
#2
○中馬委員長 これより会議を開きます。
 科学技術振興の基本施策に関する件について調査を進めます。
 この際、国際熱核融合実験炉プロジェクトに関する件について決議をいたしたいと存じます。
 本件につきましては、各党間において御協議いただいたところ、お手元に配付いたしておりますとおりの案文がまとまりました。
 まず、案文を朗読いたします。
    国際熱核融合実験炉プロジェクトに関する件(案)
  日本、米国、EC、ソ連の四極によって国際原子力機関の支援の下に実施されている国際熱核融合実験炉(ITER)プロジェクトは、概念設計段階を終え、工学設計段階を迎えようとしている。
  核融合は、二十一世紀以降の人類にとって、有限な化石燃料に代えて、究極のエネルギー源の一つとして「地上の太陽」の実現を目指すものであり、その研究開発の推進は、子孫のための我々の責務である。
  前記プロジェクトは、大規模な研究開発の推進にあたって欧米と共に応分の負担を行い、対等に研究を進めようとするものであり、その成果を通じて積極的に世界に貢献しようとするものである。
  よって、政府は、このプロジェクトの工学設計段階の遂行にあたっては、我が国の研究開発力のかん養に留意しつつ、有効に国際協力が進められ、真の国際貢献が達成されるよう、我が国が十分な役割を担うべく積極的に努力すべきである。
  右決議する。
以上であります。
 次に、趣旨の説明をいたします。
 人類が恒久的エネルギー源を確保することが可能となる核融合の研究開発は、エネルギー資源に恵まれず、かつ、エネルギー消費量の多い我が国にとって強力に推進すべき課題であります。また、世界のエネルギー消費量増大への対処、人口問題、食糧問題への対応等、全地球的な視野からも、この研究開発を適切な国際協力のもとに積極的に推進し、世界に大きく貢献することは極めて重要であります。ついては、国際熱核融合実験炉プロジェクトの工学設計段階に当たって、我が国としては、原子力平和利用の三原則にのっとり、積極的に参加し、国際協力の実が上がることを期待して、本決議案を提案する次第であります。
 以上が本決議案の趣旨であります。
 採決いたします。
 国際熱核融合実験炉プロジェクトに関する件を本委員会の決議とすることに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#3
○中馬委員長 起立総員。よって、そのように決しました。
 この際、本決議につきまして、政府から発言を求められておりますので、これを許します。山東国務大臣。
#4
○山東国務大臣 ただいまの決議に対しましては、その決議に盛られました御趣旨を十分尊重いたしまして、核融合の研究開発を推進いたしてまいる所存でございます。
#5
○中馬委員長 本決議の議長に対する報告及び関係各方面への参考送付の取り扱いにつきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○中馬委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ────◇─────
#7
○中馬委員長 この際、御報告申し上げます。
 今会期中、本委員会に付託になりました請願は、一種三件であります。本請願の取り扱いにつきましては、理事会で協議いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。
 なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしましたとおり、高レベル放射性廃棄物施設の貯蔵工学センター設置反対に関する陳情書一件でございます。
     ────◇─────
#8
○中馬委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 科学技術振興の基本施策に関する件
 原子力の開発利用とその安全確保に関する件
 宇宙開発に関する件
 海洋開発に関する件
 生命科学に関する件
 新エネルギーの研究開発に関する件
以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審
査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○中馬委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託されました際の諸件についてお諮りいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、閉会中審査のため、委員会において参考人から意見を聴取する必要が生じました場合、人選、日時その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○中馬委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になり、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、派遣委員の人選、派遣地等、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○中馬委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時四十六分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト