くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第120回国会 外務委員会 第10号
平成三年四月十八日(木曜日)
    午後一時一分開議
 出席委員
   委員長 牧野 隆守君
   理事 新井 将敬君 理事 園田 博之君
   理事 原田昇左右君 理事 上原 康助君
      麻生 太郎君    岩屋  毅君
      鯨岡 兵輔君    田名部匡省君
      山口 敏夫君    井上 一成君
      井上 普方君    岡田 利春君
      川崎 寛治君    川島  實君
      松原 脩雄君    玉城 栄一君
      古堅 実吉君    和田 一仁君
 出席政府委員
        外務政務次官  鈴木 宗男君
 委員外の出席者
        外務委員会調査
        室長      市岡 克博君
    ─────────────
委員の異動
四月十六日
 辞任         補欠選任
  和田 一仁君     小平 忠正君
同日
 辞任         補欠選任
  小平 忠正君     和田 一仁君
同月十八日
 辞任         補欠選任
  伊東 正義君     岩屋  毅君
同日
 辞任         補欠選任
  岩屋  毅君     伊東 正義君
    ─────────────
四月十八日
 故李方子女史(英親王妃)に由来する服飾等の譲渡に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(条約第一三号)
同月十六日
 子どもの権利条約の早期批准に関する請願(岩田順介君紹介)(第二四八八号)
 同(大野由利子君紹介)(第二五五五号)
同月十八日
 子どもの権利条約の早期批准に関する請願(古堅実吉君紹介)(第二六八四号)
は本委員会に付託された。
    ─────────────
本日の会議に付した案件
 クルド人等避難民の救済に関する件
     ────◇─────
#2
○牧野委員長 これより会議を開きます。
 国際情勢に関する件について調査を進めます。
 この際、クルド人等避難民の救済に関する件について決議をいたしたいと存じます。
 本件に関しましては、理事会におきまして各党間の協議が調い、案文がまとまりました。
 便宜、委員長から案文を朗読いたし、その趣旨の説明にかえたいと存じます。
    クルド人等避難民の救済に関する件(案)
  湾岸戦争に引き続くイラク国内の混乱により、クルド人を主とする多数の避難民が生じ、多大の苦難を強いられていることに鑑み、政府は、国際機関等とも協調しつつ、医療・食料等人道的見地に立つ緊急の支援をさらに強化し、もって、これら避難民の苦難を除去するよう努力すべきである。
  右決議する。
以上でございます。
 お諮りいたします。
 ただいま読み上げました案文を本委員会の決議とするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#3
○牧野委員長 起立総員。よって、クルド人等避難民の救済に関する件は本委員会の決議とすることに決しました。
 この際、外務政務次官より発言を求められておりますので、これを許します。鈴木外務政務次官。
#4
○鈴木(宗)政府委員 ただいまの御決議に対して所信を申し述べます。
 政府といたしましては、イラクからのクルド人を中心とする大量の避難民の流出という事態に対し、人道的観点から既に資金、人、物質の面での支援を行ってきているところでありますが、ただいま採択された御決議の趣旨を十分に尊重しまして、現地の情勢、ニーズを踏まえつつ、今後とも必要に応じ追加的協力の可能性につき検討してまいる所存であります。
 なお、私も近々トルコに行きまして、現地を視察しましてつぶさにまた現状等を調べましてそれなりの対応をしていきたい、こんなふうに考えております。よろしくお願いをいたします。
#5
○牧野委員長 お諮りいたします。
 ただいまの決議について、議長に対する報告及び関係当局への参考送付につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○牧野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後一時四分散会
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト