くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第120回国会 本会議 第3号
平成二年十二月十七日(月曜日)
    ―――――――――――――
  平成二年十二月十七日
    午後二時 本会議
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二件
  両院協議会協議委員の選挙
 平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二件
  両院協議会協議委員議長の報告
    午後五時十三分開議
#2
○議長(櫻内義雄君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
#3
○議長(櫻内義雄君) 本日、参議院から、平成二年度一般会計補正予算(第1号)、平成二年度特別会計補正予算(特第1号)、平成二年度政府関係機関補正予算(機第1号)はいずれも否決した旨の通知を受領するとともに、返付を受けました。よって、国会法第八十五条第一項により、本院は、平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二案について両院協議会を求めなければなりません。
     ――――◇―――――
 平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二件
  両院協議会協議委員の選挙
#4
○議長(櫻内義雄君) つきましては、これより両院協議会協議委員の選挙を行います。
#5
○佐藤敬夫君 両院協議会協議委員の選挙は、その手続を省略して、議長において直ちに指名されることを望みます。
#6
○議長(櫻内義雄君) 佐藤敬夫君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。よって、協議委員は議長において指名するに決しました。
 直ちに指名いたします。
 平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二件両院協議会協議委員
      越智 伊平君     近藤 鉄雄君
      佐藤 信二君     原田昇左右君
      宮下 創平君     谷川 和穗君
      越智 通雄君     中村喜四郎君
      中村正三郎君     神田  厚君
 ただいま指名いたしました協議委員諸君は、直ちに議長応接室に御参集の上、議長、副議長各一名を互選されることを望みます。
     ――――◇―――――
#8
○議長(櫻内義雄君) この際、暫時休憩いたします。
     ――――◇―――――
    午後五時十五分休憩
     ――――◇―――――
    午後七時二十二分開議
#9
○議長(櫻内義雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
     ――――◇―――――
  平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二件
  両院協議会協議委員議長の報告
#10
○議長(櫻内義雄君) 平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二件両院協議会協議委員議長から報告書が提出されました。よって、この際、協議委員議長の報告を求めます。越智伊平君。
    〔報告書は本号末尾に掲載〕
    〔越智伊平君登壇〕
#11
○越智伊平君 平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二件両院協議会の経過及び結果を御報告いたします。
 平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二案は、御承知のように衆議院において原案のとおり可決され、参議院において否決されましたため、本十七日、両院協議会を開くこととなったものであります。
 両院協議会協議委員は、先ほどの本会議において議長より指名されました後、直ちに協議委員議長、副議長の互選を行いました。その結果、議長には私が、副議長には近藤鉄雄君が当選いたしました。
 引き続き、両院協議室に両院の協議委員が参集いたしまして、くじにより、衆議院側において議長を務めることになりました。
 両院協議会においては、平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二案について、まず最初に、衆議院側から可決した趣旨についての説明を。聴取し、続いて、参議院側から否決した趣旨についての説明を聴取した後、湾岸平和基金拠出金、国際交流基金出資金及び日本体育・学校健康センター出資金の補正予算への計上の妥当性、建設公債増発の妥当性、消費税の補正予算での取り扱い、防衛関係費の規模等について各協議委員から意見が述べられ、協議が行われましたが、意見の一致を見るに至らず、両院協議会としては、成案を得るに至らなかったものとして、これを各議院にそれぞれ報告することとし、両院協議会は終了いたしました。
 以上のとおり、両院協議会としては成案を得るに至りませんでした。
 以上、御報告いたします。(拍手)
#12
○議長(櫻内義雄君) ただいま両院協議会協議委員議長から報告されましたとおり、平成二年度一般会計補正予算(第1号)外二案につきましては、両院の意見が一致いたしませんので、憲法第六十条第二項により、本院の議決が国会の議決となりました。(拍手)
     ――――◇―――――
#13
○議長(櫻内義雄君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後七時二十七分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト