くにさくロゴ
1990/05/18 第118回国会 両院協議会・合同審査会等 両院協議会会議録情報 第118回国会 平成二年度一般会計暫定補正予算(第1号)外二件両院協議会 第1号
姉妹サイト
 
1990/05/18 第118回国会 両院協議会・合同審査会等

両院協議会会議録情報 第118回国会 平成二年度一般会計暫定補正予算(第1号)外二件両院協議会 第1号

#1
第118回国会 平成二年度一般会計暫定補正予算(第1号)外二件両院協議会 第1号
平成二年五月十八日(金曜日)
    午後五時三十二分開会
    ─────────────
平成二年五月十八日本協議委員は、衆議院議長の
指名で次のとおり選任された。
     野田  毅君     近藤 鉄雄君
     越智 伊平君     佐藤 信二君
     原田昇左右君     宮下 創平君
     池田 行彦君     越智 通雄君
     中村喜四郎君     中村正三郎君
同日互選の結果、議長及び副議長を次のとおり選
任した。
            議 長 野田  毅君
            副議長 近藤 鉄雄君
同日本協議委員は、参議院議長の指名で次のとお
り選任された。
     穐山  篤君     鈴木 和美君
     本岡 昭次君     矢田部 理君
     安恒 良一君     猪熊 重二君
     太田 淳夫君     吉岡 吉典君
     池田  治君     足立 良平君
同日互選の結果、議長及び副議長を次のとおり選
任した。
            議 長 矢田部 理君
            副議長 太田 淳夫君
    ─────────────
 出席協議委員
  衆議院
   議 長 野田  毅君
   副議長 近藤 鉄雄君
     越智 伊平君     佐藤 信二君
     原田昇左右君     宮下 創平君
     池田 行彦君     越智 通雄君
     中村喜四郎君     中村正三郎君
  参議院
   議 長 矢田部 理君
   副議長 太田 淳夫君
     穐山  篤君     鈴木 和美君
     本岡 昭次君     安恒 良一君
     猪熊 重二君     吉岡 吉典君
     池田  治君     足立 良平君
 協議委員外の出席者
  衆議院事務局
        委 員 部 長 平野 貞夫君
        予算委員会調査
        室長      多田 俊幸君
  衆議院法制局
        第 一 部 長 坂本 一洋君
  参議院事務局
        委 員 部 長 黒澤 隆雄君
        予算委員会調査
        室長      宮下 忠安君
  参議院法制局
        第 四 部 長 駒澤 一夫君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○平成二年度一般会計暫定補正予算(第1号)
○平成二年度特別会計暫定補正予算(特第1号)
○平成二年度政府関係機関暫定補正予算(機第1号)
     ─────・─────
    〔矢田部理君議長席に着く〕
#2
○議長(矢田部理君) これより平成二年度一般会計暫定補正予算(第1号)外二件両院協議会を開会いたします。
 抽せんにより、私が本日の両院協議会の議長を務めます。どうぞよろしくお願いいたします。
 この際、御報告いたします。
 衆議院の協議委員議長には野田毅君、副議長には近藤鉄雄君が、また、参議院の協議委員議長には私、矢田部理、副議長には太田淳夫君が選任されました。
 両院協議会は、国会法第九十七条の規定により、傍聴を許さないことになっておりますので、協議委員並びに協議会の事務をとる職員以外の方は御退席を願います。
 それでは、平成二年度一般会計暫定補正予算(第1号)、平成二年度特別会計暫定補正予算(特第1号)及び平成二年度政府関係機関暫定補正予算(機第1号)の三案について、各議院の議決の趣旨を御説明願いたいと存じます。
 先ほどの両院の協議委員議長及び副議長の打合会における申し合わせに基づきまして、初めに衆議院の議決の趣旨について御説明を願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○議長(矢田部理君) 御異議ないと認めます。
 それでは、衆議院側から御説明を願います。佐藤信二君。
#4
○佐藤信二君 衆議院における平成二年度一般会計暫定補正予算(第1号)外二案の議決の趣旨につきまして御説明申し上げます。
 本暫定補正予算は、暫定予算期間が延長されたことに伴い、人件費、事務費等の経常的経費のほか、社会保障関係費等既定施策に係る経費について行政運営上必要最小限の金額を追加計上し、また、教育及び社会政策上の配慮から特に措置することが適当と認められる金額についても追加計上してありますが、原則として、新規の施策に係る経費は計上していないのでありまして、これらの内容は妥当と認め可決いたしたものであります。
 もとより、本暫定補正予算は、平成二年度予算が成立するまでの応急的な措置でありまして、国民生活にとって必要、不可欠なものであり、その成立が急がれているものであります。
 両院協議会といたしましては、衆議院の議決どおり意見の一致を見ますよう、御賛同をいただきたく、お願い申し上げる次第であります。
 以上であります。
#5
○議長(矢田部理君) 次に、参議院側から御説明を願います。穐山篤君。
#6
○穐山篤君 趣旨説明に先立ちまして、前回の両院協議会のまとめのところの問題につきまして、改めて意見を申し上げておきたいと思います。
 それは、平成二年四月四日の両院協議会の最後のまとめの意見陳述の際に、衆議院側は議事録に載っているような発言をされているわけですが、なかんずく次のような部分が指摘しなければならぬと思います。
 「加えて、憲法や財政法は、暫定予算を国会が否認することは想定しておりません。したがって、暫定予算を否認することは、国家の存立の否定にもつながるものと存じます。」以下云々と述べられておりますけれども、参議院側としては、この発言は、極めて不当、不法であって、両院協議会の性格をわきまえない発言であると言わなければならぬと思っております。
 参議院側は、この暫定予算を否認し、暫定予算がなくなってもよいと考えているわけではなく、趣旨説明でも述べているごとく、指摘事項を踏まえ、協議の上成案を得ようとしているわけでありまして、誤解のないようにその点はしていただきたいというふうにまず申し上げておきたいと思うわけであります。
 次に、参議院側の趣旨説明について、以下申し上げます。
 参議院側が平成二年度一般会計暫定補正予算(第1号)外二件を賛成少数で否決した議決の趣旨を申し上げます。
 参議院側が本暫定補正予算に反対する第一の理由は、政府・自民党の協調なき国会運営の結果、既定の五十日の暫定期間中に本予算の成立が不可能となり、さらに十九日間の暫定補正を必要とせざるを得なくし、国政運営に遅滞を生じさせたことであります。
 海部内閣並びに自民党は、総選挙による予算提出のおくれにもかかわらず、衆参の与野党構成の逆転下での法律成立を企図した強引な国会運営を行い、また、衆議院での野党の予算組み替え要求に拒否回答を行い、本予算の成立をおくらせ、五十日間の長期の暫定予算期間中に本予算を成立させる努力を怠ったばかりか、さらに十九日間の暫定補正という三十五年ぶりの事態を招いたことは、党利党略優先の結果であって、国民生活軽視と断ぜざるを得ません。
 反対の第二の理由は、歳出面において、本予算で消費税を引き当てに組まれた経費の暫定期間見合い相当額について計上を行っていることであります。
 国民が撤廃ないし凍結を求めている消費税は一たん撤廃か凍結をして、不公平税制の抜本改革を中心とした国民合意の税制改革を進めることが重要な政治、財政上の課題であるにもかかわらず、そうした措置も配慮も無視しております。
 反対の第三の理由は、歳入面において、暫定補正の追加税収入を含め、暫定期間を通ずる税収が過小見積もりとなっており、税収入の計上に疑問があるということであります。
 既定の暫定予算及び今回の暫定補正を通じ暫定予算期間中の政府の税収見積もりは、前年度税収実績等から判断をしても半分の計上にとどまっており、過小見積もりは明らかであります。大蔵大臣は税収の見誤りにはおわびをされてはおりますけれども、実行は伴わず、補正後暫定予算に係る税収の計上について疑問を持たざるを得ません。
 反対の第四の理由は、租税収入のうち消費税収入があるのに、既定の暫定予算に引き続き本暫定補正においても全くこれを計上せず、暫定予算に係る歳入計上を意図的にゆがめていることであります。
 政府は、消費税収入について、補正後暫定予算期間中全く収入がないものとしておりますが、昨年の同期間の実績で約五百億円の収納があり、消費税収入がゼロということは理解できません。このことは、意図的に歳入予算を操作していると断ぜざるを得ません。
 このほか、否決の理由は多岐にわたりますが、両院協議会としましては、参議院側が指摘をした暫定補正予算三案に反対する諸事項を除去することによって、本暫定補正予算が成立できるよう御協力、御賛同いただきたく、お願いを申し上げる次第であります。
 以上であります。
#7
○議長(矢田部理君) 以上で各議院の議決の趣旨についての説明は終わりました。
 これより協議に入ります。
 速記をとめてください。
    〔速記中止〕
#8
○議長(矢田部理君) 速記を起こしてください。
 参議院側、衆議院側双方から発言を求められておりますので、順次これを許します。参議院太田淳夫君。
#9
○太田淳夫君 参議院側としましては、趣旨説明及び開陳された意見を踏まえまして、この暫定補正予算三案に何らかの修正ないし削除を加えることが必要であると思います。
 両院の議決が異なった場合、何らかの解決策を策定するのが両院協議会の目的であります。議長においてぜひともそうした取り運びをお願いしたい、このように思います。よろしくお願いします。
#10
○議長(矢田部理君) 衆議院原田昇左右君。
#11
○原田昇左右君 お話は承りました。
 衆議院側としては、到底、参議院側の要請をお受けするわけにはまいりません。
 御承知のとおり、暫定予算や本暫定補正予算は、総予算が成立するまでの応急的な措置であります。
 国家機関の業務の継続、国民生活の維持から申しましても、必要欠くべからざるものであり、早急に成立させる必要があります。
 よって、憲法第六十条に基づき、国会法等の定める手続に従い、衆議院の議決どおりお願いいたしたいと存じます。
#12
○議長(矢田部理君) 種々御協議を願いましたが、意見の一致を見るに至りませんので、本協議会といたしましては、成案を得るに至らなかったものとして、各議院にその旨を報告するほかないと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○議長(矢田部理君) 御異議ないと認め、さよう決定いたしました。
 以上をもって本協議会の議事は終了いたしました。
 本日は、協議委員の皆様の御協力により議長を無事務めさせていただきました。ありがとうございました。
 これにて散会いたします。
    午後五時四十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト