くにさくロゴ
1990/03/29 第118回国会 参議院 参議院会議録情報 第118回国会 本会議 第6号
姉妹サイト
 
1990/03/29 第118回国会 参議院

参議院会議録情報 第118回国会 本会議 第6号

#1
第118回国会 本会議 第6号
平成二年三月二十九日(木曜日)
   午後一時二十一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第六号
    ─────────────
  平成二年三月二十九日
   午後一時二十分 本会議
    ─────────────
 第一 通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一
 一、国立劇場法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
     ─────・─────
#3
○議長(土屋義彦君) これより会議を開きます。
 日程第一 通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。逓信委員長青木薪次君。
   〔青木薪次君登壇、拍手〕
#4
○青木薪次君 ただいま議題となりました通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案につきまして、逓信委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。
 本法律案は、地形その他の自然的条件等によりテレビジョン放送の受信が困難な難視聴地域において日本放送協会の衛星放送の普及を図るため、通信・放送衛星機構に衛星放送受信対策基金を設け、衛星放送受信設備を設置する者に対し助成金を交付する業務を行わせるために、所要の規定を整備しようとするものであります。
 委員会におきましては、辺地難視聴地域の現状及びその解消策、衛星放送受信対策基金の創設に至る経緯、通信・放送衛星機構に助成業務を行わせる理由等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知を願います。
 質疑を終わり、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#5
○議長(土屋義彦君) これより採決をいたします。
 本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#6
○議長(土屋義彦君) 総員起立と認めます。
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。
     ─────・─────
#7
○議長(土屋義彦君) この際、日程に追加して、
 国立劇場法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(土屋義彦君) 御異議ないと認めます。
 まず、委員長の報告を求めます。文教委員長柳川覺治君。
   〔柳川覺治君登壇、拍手〕
#9
○柳川覺治君 ただいま議題となりました法律案につきまして、文教委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、我が国の芸術その他の文化の一層の向上に寄与するため、国立劇場の名称を日本芸術文化振興会に改め、これに芸術文化振興基金を設け、芸術その他の文化の振興または普及を図るための活動に対する援助の業務を行わせようとするものであります。
 委員会におきましては、文化行政に対する政府の基本認識と位置づけ、補正予算による基金設置の理由、援助業務について公正公平な運営を確保する仕組み、基金の規模拡大の見通し、文化財保存修理技術者の養成確保等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願いたいと存じます。
 質疑を終わり、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、文化予算の大幅増額の必要性等四項目から成る附帯決議を行いました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#10
○議長(土屋義彦君) これより採決をいたします。
 本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#11
○議長(土屋義彦君) 総員起立と認めます。
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時二十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト