くにさくロゴ
1990/03/14 第118回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第118回国会 外務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1990/03/14 第118回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第118回国会 外務委員会 第1号

#1
第118回国会 外務委員会 第1号
本委員は平成二年三月一日(木曜日)議長の指名
で、次のとおり選任された。
      愛知 和男君    伊東 正義君
      石原慎太郎君    小渕 恵三君
      柿澤 弘治君    栗原 祐幸君
      小杉  隆君    坂井 隆憲君
      塩谷  立君    園田 博之君
      浜田卓二郎君    浜野  剛君
      福島 譲二君    福田 康夫君
      牧野 隆守君    簗瀬  進君
      山口 敏夫君    五十嵐広三君
      井上 一成君    上原 康助君
      岡田 利春君    佐藤 観樹君
      渋沢 利久君    高沢 寅男君
      松原 脩雄君    遠藤 乙彦君
      神崎 武法君    山田 英介君
      古堅 実吉君    伊藤 英成君
三月一日
 柿澤弘治君が議院において、委員長に選任され
 た。
──────────────────────
平成二年三月十四日(水曜日)
    午後零時二分開議
 出席委員
   委員長 柿澤 弘治君
   理事 園田 博之君 理事 浜田卓二郎君
   理事 浜野  剛君 理事 牧野 隆守君
   理事 上原 康助君 理事 高沢 寅男君
   理事 山田 英介君
      伊東 正義君    石原慎太郎君
      小杉  隆君    坂井 隆憲君
      塩谷  立君    福島 譲二君
      福田 康夫君    五十嵐広三君
      井上 一成君    松原 脩雄君
      遠藤 乙彦君    古堅 実吉君
      伊藤 英成君
 委員外の出席者
        外務委員会調査
        室長      藪  忠綱君
    ─────────────
委員の異動
三月五日
 辞任         補欠選任
  簗瀬  進君     鯨岡 兵輔君
同月八日
 辞任         補欠選任
  伊藤 英成君     大内 啓伍君
同日
 辞任         補欠選任
  大内 啓伍君     伊藤 英成君
    ─────────────
三月十四日
      愛知 和男君    園田 博之君
      浜田卓二郎君    浜野  剛君
      牧野 隆守君    上原 康助君
      高沢 寅男君    山田 英介君
 が理事に当選した。
    ─────────────
三月九日
 関税及び貿易に関する一般協定に附属する第三十八表(日本国の譲許表)に掲げる譲許を修正し又は撤回するためのアメリカ合衆国との交渉の結果に関する文書の締結について承認を求めるの件(条約第一号)
 関税及び貿易に関する一般協定に附属する第三十八表(日本国の譲許表)に掲げる譲許の変更についての欧州経済共同体との合意に関する文書の締結について承認を求めるの件(条約第二号)
は本委員会に付託された。
    ─────────────
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ────◇─────
#2
○柿澤委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私が外務委員長の重責を担うことになりました。
 今日の我が国をめぐる国際情勢は依然として厳しく、多くの問題が山積いたしております。こうした情勢の中で本委員会の委員長に選任されまして、その職責の重大さを痛感する次第であります。
 微力ではございますが、委員各位の御指導、御協力によりまして、公正かつ円満な委員会の運営に努める所存でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。(拍手)
     ────◇─────
#3
○柿澤委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、二月二十七日の議院運営委員会決定の基準に従いまして、その数を八名とし、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○柿澤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 委員長は
      愛知 和男君    園田 博之君
      浜田卓二郎君    浜野  剛君
      牧野 隆守君    上原 康助君
      高沢 寅男君    山田 英介君
を理事に指名いたします。
     ────◇─────
#5
○柿澤委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 国際情勢に関する事項について研究調査し、我が国外交政策の樹立に資するため、関係方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中国政調査を行うため、議長に対し、承認を求めることといたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○柿澤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト