くにさくロゴ
1990/03/13 第118回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第118回国会 法務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1990/03/13 第118回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第118回国会 法務委員会 第1号

#1
第118回国会 法務委員会 第1号
本委員は平成二年三月一日(木曜日)議長の指名
で、次のとおり選任された。
      逢沢 一郎君    石井  一君
      江崎 直澄君    小澤  潔君
      大塚 雄司君    大原 一三君
      太田 誠一君    加藤 紘一君
      木部 佳昭君    熊谷  弘君
      佐藤  隆君    自見庄三郎君
      杉山 憲夫君    古屋 圭司君
      簗瀬  進君    渡瀬 憲明君
     伊藤  茂君    宇都宮真由美君
      小澤 克介君    小森 龍邦君
      清水  勇君    鈴木喜久子君
      高沢 寅男君    山花 貞夫君
      中村  巖君    平田 米男君
      冬柴 鐵三君    木島日出夫君
      中野 寛成君    徳田 虎雄君
三月一日
 小澤潔君が議院において、委員長に選任された
 。
──────────────────────
平成二年三月十三日(火曜日)
    午前十一時五分開議
 出席委員
   委員長 小澤  潔君
   理事 逢沢 一郎君 理事 大塚 雄司君
   理事 太田 誠一君 理事 熊谷  弘君
   理事 自見庄三郎君 理事 小澤 克介君
   理事 小森 龍邦君 理事 中村  巖君
      古屋 圭司君    簗瀬  進君
     渡瀬 憲明君    宇都宮真由美君
      鈴木喜久子君    高沢 寅男君
      山花 貞夫君    平田 米男君
      冬柴 鐵三君    木島日出夫君
      中野 寛成君    徳田 虎雄君
 出席政府委員
        法務大臣官房長 井嶋 一友君
 委員外の出席者
        法務委員会調査
        室長      乙部 二郎君
    ─────────────
委員の異動
三月五日
 辞任         補欠選任
  杉山 憲夫君     久間 章生君
同月八日
 辞任         補欠選任
  逢沢 一郎君     越智 通雄君
  石井  一君     池田 行彦君
 大原 一三君     小此木彦三郎君
  伊藤  茂君     井上 普方君
  冬柴 鐵三君     市川 雄一君
同日
 辞任         補欠選任
  池田 行彦君     石井  一君
 小此木彦三郎君     大原 一三君
  越智 通雄君     逢沢 一郎君
  井上 普方君     伊藤  茂君
  市川 雄一君     冬柴 鐵三君
    ─────────────
三月十三日
      逢沢 一郎君    大塚 雄司君
      太田 誠一君    熊谷  弘君
      自見庄三郎君    小澤 克介君
      小森 龍邦君    中村  巖君
 が理事に当選した。
    ─────────────
三月十三日
 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案(内閣提出第二一号)
は本委員会に付託された。
    ─────────────
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ────◇─────
#2
○小澤委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、法務委員長の重責を担うことになりました小澤潔です。
 微力ではございますが、委員各位の御理解と御協力を賜りまして、公正円満な委員会の運営を図ってまいりたいと存じます。何とぞよろしくお願いをいたします。(拍手)
     ────◇─────
#3
○小澤委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は八名とし、先例により、委員長において指名することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○小澤委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は
      逢沢 一郎君    大塚 雄司君
      太田 誠一君    熊谷  弘君
      自見庄三郎君    小澤 克介君
      小森 龍邦君    中村  巖君
以上八名を理事に指名いたします。
     ────◇─────
#5
○小澤委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 裁判所の司法行政、法務行政及び検察行政等の適正を期するため、本会期中
 裁判所の司法行政に関する事項
 法務行政及び検察行政に関する事項
並びに
 国内治安及び人権擁護に関する事項
について、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、国政調査を行うため、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○小澤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト