くにさくロゴ
1990/03/27 第118回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第118回国会 本会議 第8号
姉妹サイト
 
1990/03/27 第118回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第118回国会 本会議 第8号

#1
第118回国会 本会議 第8号
平成二年三月二十七日(火曜日)
    ─────────────
  平成二年三月二十七日
    午後三時 本会議
    ─────────────
○本日の会議に付した案件
 松前仰君の故塩谷一夫君に対する追悼演説
 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 国立劇場法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 砂糖の価格安定等に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
 通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案(内閣提出)
    午後三時三分開議
#2
○議長(櫻内義雄君) これより会議を開きます。
     ────◇─────
#3
○議長(櫻内義雄君) 御報告いたすことがあります。
 議員塩谷一夫君は、昨年十二月二十八日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。
 同君に対する弔詞は、議長において去る一月十八日贈呈いたしました。これを朗読いたします。
    〔総員起立〕
 衆議院は 多年憲政のために尽力し さきに外
 務委員長地方行政委員長の要職にあたられた議
 員正四位勲二等塩谷一夫君の長逝を哀悼し つ
 つしんで弔詞をささげます
    ─────────────
 故議員塩谷一夫君に対する追悼演説
#4
○議長(櫻内義雄君) この際、弔意を表するため、松前仰君から発言を求められております。これを許します。松前仰君。
    〔松前仰君登壇〕
#5
○松前仰君 ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員塩谷一夫先生は、去る十二月二十八日、古希の祝いを目前にして逝去されました。
 先生は、参議院選挙を境に体調を崩され、昨年秋も、静岡の地で、私どもが主催しております武道大会で静岡県剣道連盟会長としての元気なお姿をお待ちしておりましたけれども、それがかなえられず、昨年暮れになりまして、次期衆議院選挙を目前にして立候補を断念されたと聞くに及び、いよいよ御病状の悪化を案じざるを得ませんでした。そして、ついに帰らぬ客となったのであります。まことに痛恨の念にたえません。
 私は、ここに、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、謹んで哀悼の言葉を申し述べたいと思います。(拍手)
 塩谷先生は、大正九年一月二日、静岡県袋井市の駅前に酒屋を構える桑平さん御夫妻の七男としてお生まれになりました。
 先生は、静岡県立見付中学校を卒業の後、十七歳で天竜川の山峡にある横山小学校の代用教員になられました。剣道を教え、勉強したり、遊んだりの山の子供たちや村人たちとの心の通い合う多感な一年間を過ごされた先生は、早稲田大学専門部政治経済科に学び、その後同大学文学部東洋史科に進まれました。
 早稲田では、先輩である中野正剛、緒方竹虎両氏の指導を仰ぎ、幾度か中国を旅し、卒業論文のテーマを「孫文」として、中国の偉大さを書かれました。時あたかも、軍部の戦線拡大方針は泥沼に陥り、戦況思わしからざる中、時流に抗するかのごときこの論文は全面書き直しを命じられたのでありますが、先生は、正しいものは正しいと筋を通し、卒業を二週間後に控えて断固退学されたのでございます。
 昭和二十年、入隊後は北満を転戦し、戦争の悲惨さ、苦しさを身をもって体験されました。戦後、これらの体験を通じて、先生は、同時代の多くの学生が、またいたいけな子供たちが祖国のため散っていったこの事実を無にしてはならないと心に誓われたのであります。
 混乱と廃墟の中、復員された先生は、郷土振興のため地方建設研究所を設立し、総合雑誌「遠州展望」を発行しながら、連日の自転車行脚で遠州一帯をくまなく歩き回り、具体的な地域開発への青年の参加を呼びかけられました。平和と郷土を愛し、将来を担う若い力を信じてやまなかった先生の御活動は、たくましい、進歩的な精神のあらわれとして高く評価されるところであります。
 先生は、新しい日本は真に新しい人たちによってのみ樹立できると考え、昭和二十一年、二十六歳の若さで戦後初の総選挙に立候補されました。残念ながらこのときは議席を得ることはできなかったのでありますけれども、国を憂え、青年の若々しさに期待を寄せて先生が行った地道な教育活動は多くの人々の支持と共感を呼び、当時公選制がしかれた第一回の県教育委員に選出されたのであります。
 理論を実践によって正当づけ、実践の中から新しい理論を生み出す先生の行動力は、当時の斎藤県知事の認めるところとなり、請われて昭和二十六年民間から県の秘書課長に抜てきされました。以来、昭和三十七年に退職されるまでの十一年間、地方自治の第一線において活躍され、県の内外から高い評価を受けました。
 その間、広報と文化活動を両輪とする県民会館を建設し、その初代館長として県政の民主化に努め、ついには県庁の機構改革にも及んだことは、政府、内閣にも注目されたほどでございました。また、県に広報協会、文化協会をつくり、県庁と民間、県民を結ぶため尽力されました。
 時の所得倍増計画に呼応して、静岡県が第六次総合開発計画を作成した際に、県の企画調整部長であられた先生は、その責任者として県民の声を代弁し、見事にこれをまとめられ、静岡県が歴史的発展を遂げるに至った大きな原動力をなしたのであります。
 我が青春に悔いなしの言葉どおり、十一年間の県政活動において、常に庶民の立場に立って、絶えず民主政治の可能性を追求して思う存分の活躍をされたのでありました。
 その後、知事選に立候補し、落選の憂き目を見た先生は、名刹臨済寺の門前のお住まいで無一文の浪人生活を余儀なくされました。しかしながら、先生のお人柄を慕い集まった多くの青年たちに支えられ、青年たちと裸のつき合いをしながら、あすの農業を語り、日本の将来を探求されたのであります。
 このころ、作家の尾崎士郎さんから「この塩谷は天下第一等の人物として推奨できる。しかし、この男は大物にはなれない。理由は、堅物で、放蕩を知らないからだ。」と言われた先生は、俄然、「私は少年時代から戦争の日本に育ち、戦後は真剣に祖国の再建に取り組んできました。放蕩などしている暇はありません。」と反論されたとのことでございます。
 私は、ここに、私心を捨て、常に庶民の声を代弁する先生の、逆境に強い精神が、そして生まじめなお人柄をかいま見ることができるのであります。(拍手)
 県知事選への捲土重来を期していたところへ、昭和四十一年十二月、世に言う「黒い霧解散」があり、推されて急遽第三十一回総選挙に立候補されました。「混迷する政界に、日本の民主政治の危機を感じ、国民から信頼されない政治は、どのような立派な政策で飾ろうと真の民主政治ではない。まず、政治や政党の信頼回復こそ先決であり、政党の体質改善、近代化に努めたい」と決意され、公約とされたのであります。
 あなたは、「万事を金で評価し、解決しようとする現今の世相に強い反感を感じる。金で評価し得ない人間の真心も、美しい自然も、民族の伝統や歴史もある。これらを大切にしようとする精神がなければ民族は滅びる。」と主張され、また、「政治家は、あくまで謙虚に、国民の総意、願望に心を注ぎ、国の主人公である国民とともに歩まなければならない」との信念を披瀝されました。
 選挙運動の期間も短く、文字どおり桶狭間のような選挙戦を戦い、若い世代を中心とする有権者の支持を得て、見事初当選の栄をかち取られました。(拍手)
 時代が人を求め、時代によって求められた四十七歳のヤングパワーは、政治改革ののろしを上げ、国政壇上に新たな第一歩を踏み出したのであります。
 それ以来、本院議員に当選すること七回、在職二十年七カ月の長きに及んでおります。
 本院においては、まず内閣委員として、内政、外交、防衛等の諸問題について、時の政府に対し、初当選の与党議員らしからぬ辛口の、しかも正鵠を得た質疑をされたことは、議会の活性化という点で高く評価されてよいことではないかと思うのであります。
 以後、大蔵委員、議院運営委員、社会労働委員会理事、予算委員会理事等を歴任され、昭和五十三年には外務委員長、翌年には地方行政委員長に選任され、公正円満を旨とした委員会運営で、与野党を問わず広く信頼を集め、遺憾なくその重責を果たされました。
 この間、第一次田中内閣の労働政務次官として、多くの政務を処理されましたが、特に障害者の技能の重要性に深い理解を示され、昭和四十七年十一月の第一回全国身体障害者技能競技大会の開催に大きく尽力されたのであります。
 また、自由民主党にあっては、文化局長、出版局長、国会対策副委員長、副幹事長、下水道対策特別委員長等の要職を歴任されたほか、小売商業問題小委員長として、中小小売商の保護、再生に貢献されたのであります。
 外交問題につきましては、党のアジア・アフリカ問題研究会で長く世話人を務められ、新興独立諸国との関係改善に意を注がれました。
 さらに、日中友好に精魂を傾けられたことは、つとに人のよく知るところであります。先生と中国との関係は、両国が兵火を交えていたさなか、早稲田の森で卒業論文のテーマに孫文を選んだことからもわかるように、長年にわたるものであり、終生の政治課題であったのであります。
 中国やアジアの問題に造詣深かった先生は、昭和四十二年、一年生議員ながらも選ばれて米国のサンタバーバラで開催された日米議員懇談会に参加し、日中問題、朝鮮半島問題について活発に発言をされました。
 昭和四十六年には、超党派の日中平和促進議員連盟代表団の一員に選ばれ、日中国交回復の交渉に当たり、いわゆる日中復交三原則の合意達成に寄与されたのであります。そして、翌四十七年、我が国は、田中内閣のもとで中国との国交を回復するに至ったことは、御承知のとおりであります。
 その後、日中平和友好条約が日程に上がった際には、日中友好議員連盟の副会長として、与党内の慎重派とは激論しつつ説得に努め、促進派には拙速を戒め、中国政府には自制を求め、我が政府には決断を求め、緊迫した情勢の中で獅子奮迅の働きをされました。
 こうして一年八カ月にわたる御努力の結果、ついに昭和五十三年、福田内閣のもとで日中平和友好条約調印の運びに至ったのであります。
 自由民主党内における異端の正統派と自他ともに許すあなたは、昭和六十二年、売上税法案について、国民の声に十分耳を傾け、これを廃案にすべきであると主張し、党内をまとめられました。(拍手)ここにも、平生あなたが口にされていた名もなき民の心を心とする政治姿勢、志を抱いた大衆政治家の姿を見ることができるのであります。
 おのが利害よりも、おのが信念を、国民を優先する、これが先生の身上でありました。
 政治倫理、政治改革が問われている今日、信念の政治家塩谷一夫を失ったことは、本院はもとより、あなたが愛してやまなかった日本にとっても大きな損失であり、深い悲しみであります。しかし、あなたの志は、御子息立さんによって立派に受け継がれました。どうか、安らかにお休みください。(拍手)
 ここに、謹んで故塩谷先生の御業績とお人柄をしのび、心から御冥福をお祈りいたしまして、追悼の言葉といたします。(拍手)
     ────◇─────
#6
○佐藤敬夫君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
 内閣提出、裁判所職員定員法の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#7
○議長(櫻内義雄君) 佐藤敬夫君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。
    ─────────────
 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案
  (内閣提出)
#9
○議長(櫻内義雄君) 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。法務委員長小澤潔君。
    ─────────────
 裁判所職員定員法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ─────────────
    〔小澤潔君登壇〕
#10
○小澤潔君 ただいま議題となりました法律案について、法務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、下級裁判所における事件の適正迅速な処理を図るため、簡易裁判所判事の員数を五人、裁判官以外の裁判所の職員の員数を二十五人増加しようとするものであります。
 委員会においては、本日提案理由の説明を聴取した後、質疑を行い、これを終了し、直ちに採決を行ったところ、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#11
○議長(櫻内義雄君) 採決いたします。
 本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ────◇─────
#13
○佐藤敬夫君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
 内閣提出、国立劇場法の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#14
○議長(櫻内義雄君) 佐藤敬夫君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。
    ─────────────
 国立劇場法の一部を改正する法律案(内閣提出)
#16
○議長(櫻内義雄君) 国立劇場法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。文教委員長船田元君。
    ─────────────
 国立劇場法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ─────────────
    〔船田元君登壇〕
#17
○船田元君 ただいま議題となりました国立劇場法の一部を改正する法律案につきまして、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、我が国の芸術その他の文化の一層の向上に寄与するため、国立劇場の名称を日本芸術文化振興会に改め、これに芸術文化振興基金を設け、芸術その他の文化の振興または普及を図るための活動に対する援助の業務を行わせることとする等の措置を講じようとするものであります。
 その主な内容は、
 第一に、法律の題名を「日本芸術文化振興会法」に改めるとともに、特殊法人国立劇場の名称を「日本芸術文化振興会」に改めること、
 第二に、振興会の目的に、芸術家及び芸術に関する団体が行う芸術の創造または普及を図るための活動その他の文化の振興または普及を図るための活動に対する援助を行うことを追加すること、
 第三に、振興会の業務に、芸術家及び芸術に関する団体が行う芸術の創造または普及を図るための公演、展示等の活動など、芸術その他の文化の振興または普及を図るための活動に対し、資金の支給その他必要な援助を行うこと等を追加すること、
 第四に、振興会は、援助業務に必要な経費の財源をその運用によって得るために芸術文化振興基金を設け、政府からの出資金と政府以外の者からの出捐金をもってこれに充てること、
 第五に、この法律は公布の日から施行することなどであります。
 本案は、去る二月二十八日本院に提出され、三月一日本委員会に付託となり、本日保利文部大臣から提案理由の説明を聴取した後、質疑を行い、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 なお、本案に対し附帯決議が付されました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#18
○議長(櫻内義雄君) 採決いたします。
 本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ────◇─────
#20
○佐藤敬夫君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
 内閣提出、砂糖の価格安定等に関する法律の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#21
○議長(櫻内義雄君) 佐藤敬夫君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。
    ─────────────
 砂糖の価格安定等に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
#23
○議長(櫻内義雄君) 砂糖の価格安定等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。農林水産委員長亀井静香君。
    ─────────────
 砂糖の価格安定等に関する法律の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ─────────────
    〔亀井静香君登壇〕
#24
○亀井静香君 ただいま議題となりました砂糖の価格安定等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 御承知のとおり、昭和六十三年七月の日米協議により、異性化糖あるいは砂糖と他の糖とを混合した糠類について、平成二年四月一日から輸入数量の制限を撤廃することが決定されたところであります。
 本案は、このような異性化糖等の輸入自由化に伴う国内糖価への悪影響を防止し、糖価安定制度の円滑な運営を確保するため、輸入が自由化されるこれらの糖について、新たに、蚕糸砂糖類価格安定事業団の売買の対象に加え、その買い入れ、売り戻し措置を通じて調整金を徴収すること等により、その価格調整を図ろうとするものであります。
 なお、この法律は、公布の日から施行し、平成二年四月一日以後に輸入申告される輸入異性化糖等に適用するものとしております。
 本案は、去る三月十三日に提出され、同日本委員会に付託されました。
 委員会におきましては、本二十七日山本農林水産大臣から提案理由の説明を聴取した後、質疑を行いました。
 質疑終局後、討論を行い、採決いたしました結果、本案は多数をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 なお、本案に対し附帯決議が付されました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#25
○議長(櫻内義雄君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#26
○議長(櫻内義雄君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ────◇─────
#27
○佐藤敬夫君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
 内閣提出、通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#28
○議長(櫻内義雄君) 佐藤敬夫君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#29
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。
    ─────────────
 通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案(内閣提出)
#30
○議長(櫻内義雄君) 通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。逓信委員長上草義輝君。
    ─────────────
 通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ─────────────
    〔上草義輝君登壇〕
#31
○上草義輝君 ただいま議題となりました通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案について、逓信委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、地形その他の自然的条件等から視聴できなかった難視聴地域における日本放送協会の衛星放送の受信対策のために、通信・放送衛星機構が一般会計から出資を受けて行う助成業務に関し所要の規定を整備しようとするもので、その主な内容は、
 第一に、通信・放送衛星機構は、従来の業務のほか、難視聴地域において日本放送協会の衛星放送を受信することのできる受信設備を設置する者に対し助成金を交付する業務等を行うこととすること、
 第二に、その業務に必要な経費の財源をその運用によって得るため、通信・放送衛星機構に衛星放送受信対策基金を設けることであります。
 なお、この法律は公布の日から施行することとしております。
 本案は、去る三月一日当委員会に付託され、本二十七日深谷郵政大臣から提案理由の説明を聴取し、質疑を行った後、採決の結果、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#32
○議長(櫻内義雄君) 採決いたします。
 本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#33
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ────◇─────
#34
○議長(櫻内義雄君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後三時三十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト