くにさくロゴ
1990/05/25 第118回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第118回国会 本会議 第18号
姉妹サイト
 
1990/05/25 第118回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第118回国会 本会議 第18号

#1
第118回国会 本会議 第18号
平成二年五月二十五日(金曜日)
    ─────────────
 議事日程 第十号
  平成二年五月二十五日
    午後零時三十分開議
 第一 向精神薬に関する条約の締結について承認を求めるの件
 第二 国際金融公社への加盟に伴う措置に関する法律及び国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第三 天皇陛下御即位記念のための十万円の貨幣の発行に関する法律案(内閣提出)
 第四 国民健康保険法の一部を改正する法律案(内閣提出)
    ─────────────
○本日の会議に付した案件
 議員請暇の件
 日程第一 向精神薬に関する条約の締結について承認を求めるの件
 日程第二 国際金融公社への加盟に伴う措置に関する法律及び国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
 日程第三 天皇陛下御即位記念のための十万円の貨幣の発行に関する法律案(内閣提出)
 日程第四 国民健康保険法の一部を改正する法律案(内閣提出)
    午後零時三十二分開議
#2
○議長(櫻内義雄君) これより会議を開きます。
     ────◇─────
#3
○議長(櫻内義雄君) 御報告いたすことがあります。
 永年在職議員として表彰された元議員松本七郎君は、去る十五日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。
 同君に対する弔詞は、議長において去る十八日贈呈いたしました。これを朗読いたします。
    〔総員起立〕
 衆議院は 多年憲政のために尽力し 特に院議
 をもってその功労を表彰され さきに逓信委員
 長の要職にあたられた従三位勲一等松本七郎君
 の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
     ────◇─────
 議員請暇の件
#4
○議長(櫻内義雄君) 議員請暇の件につきお諮りいたします。
 小杉隆君から、五月三十日から六月七日まで九日間、愛知和男君から、五月三十日から六月九日まで十一日間、平泉渉君から、六月一日から八日まで八日間、小野信一君から、六月三日から十六日まで十四日間、右いずれも海外旅行のため、請暇の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。よって、いずれも許可するに決しました。
     ────◇─────
 日程第一 向精神薬に関する条約の締結について承認を求めるの件
#6
○議長(櫻内義雄君) 日程第一、向精神薬に関する条約の締結について承認を求めるの件を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。外務委員長柿澤弘治君。
    ─────────────
 向精神薬に関する条約の締結について承認を求めるの件及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ─────────────
    〔柿澤弘治君登壇〕
#7
○柿澤弘治君 ただいま議題となりました向精神薬に関する条約につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果について御報告を申し上げます。
 昭和三十年代より、欧米諸国を中心として、一九六一年に作成されたいわゆる麻薬単一条約では規制の対象とされていない幻覚剤、覚せい剤、催眠剤等の向精神薬の乱用が大きな社会問題となり、これらの向精神薬を国際的に規制していくべきであるとの世論が高まりました。
 こうした世論の高まりを背景に、国連麻薬委員会において昭和四十三年以来、向精神薬の国際的な規制についての条約案の作成作業が行われ、その結果、昭和四十六年二月二十一日、国連加盟国等の参加により開催された条約採択会議において本条約が採択されました。
 本条約は、向精神薬の乱用及び不正取引の防止を目的とするもので、向精神薬の製造、輸出入、分配、取引、使用等については、免許の取得等に
より規制し、製造量、輸出入量、取得及び処分ごとの数量、日付などの記録を義務づけ、また、自国における条約の運用に関する年次報告並びに自国における製造量等に関する年次統計報告の提出を義務づけるなど、国際的な枠組みを定めております。
 本件は、四月十三日に外務委員会に付託され、四月二十七日中山外務大臣から提案理由の説明を聴取し、昨五月二十四日質疑を行い、引き続き採決を行いました結果、本件は全会一致をもって承認すべきものと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#8
○議長(櫻内義雄君) 採決いたします。
 本件は委員長報告のとおり承認するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○議長(櫻内義雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり承認するに決しました。
     ────◇─────
 日程第二 国際金融公社への加盟に伴う措置に関する法律及び国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
 日程第三 天皇陛下御即位記念のための十万円の貨幣の発行に関する法律案(内閣提出)
#10
○議長(櫻内義雄君) 日程第二、国際金融公社への加盟に伴う措置に関する法律及び国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案、日程第三、天皇陛下御即位記念のための十万円の貨幣の発行に関する法律案、右両案を一括して議題といたします。
 委員長の報告を求めます。大蔵委員長衛藤征士郎君。
    ─────────────
 国際金融公社への加盟に伴う措置に関する法律及び国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案及び同報告書
 天皇陛下御即位記念のための十万円の貨幣の発行に関する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ─────────────
    〔衛藤征士郎君登壇〕
#11
○衛藤征士郎君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 初めに、国際金融公社への加盟に伴う措置に関する法律及び国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案について申し上げます。
 先般、国際金融公社におきまして、我が国の出資シェアを第五位から第二位に引き上げるための追加出資に関する総務会決議が成立いたしました。また、国際開発協会におきまして、本年七月以降三年間の融資財源を確保するため、第九次増資を行うことが合意されました。本法律案は、この決議及び合意に基づき、政府が国際金融公社に対して二千三百七十三万八千ドルの追加出資を、また、国際開発協会に対して約四千三百三十一億円の追加出資を行い得るよう所要の措置を講ずるものであります。
 次に、天皇陛下御即位記念のための十万円の貨幣の発行に関する法律案について申し上げます。
 この法律案は、天皇陛下の御即位を記念して、特別に十万円の貨幣を発行できることとするとともに、本法律案に基づき発行される貨幣につきましては、通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律の関係条文を適用し、その素材、量目、発行枚数等を政令で定めることなどとするものであります。
 以上の両法律案につきましては、昨日橋本大蔵大臣から提案理由の説明を聴取した後、質疑に入り、質疑終了後、直ちに採決いたしました結果、いずれも多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 なお、国際金融公社への加盟に伴う措置に関する法律及び国際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律案に対し附帯決議が付されましたことを申し添えます。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#12
○議長(櫻内義雄君) 両案を一括して採決いたします。
 両案の委員長の報告はいずれも可決であります。両案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#13
○議長(櫻内義雄君) 起立多数。よって、両案とも委員長報告のとおり可決いたしました。
     ────◇─────
 日程第四 国民健康保険法の一部を改正する法律案(内閣提出)
#14
○議長(櫻内義雄君) 日程第四、国民健康保険法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。社会労働委員長畑英次郎君。
    ─────────────
 国民健康保険法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ─────────────
    〔畑英次郎君登壇〕
#15
○畑英次郎君 ただいま議題となりました国民健康保険法の一部を改正する法律案について、社会労働委員会における審査の経過及び結果を御報告を申し上げます。
 本案は、国民健康保険事業の運営の安定化を図るため、国及び地方公共団体の負担による保険財政の基盤の安定並びに国庫補助制度の拡充等の措置を講じようとするもので、その主な内容は、
 第一に、市町村に対する国の負担金の額は、一般被保険者の療養の給付等に要する費用の額から市町村が国民健康保険特別会計に繰り入れる低所得者に対する保険料の軽減相当額の二分の一を控除した額及び老人保健医療費拠出金の納付に要する費用の額の合算額に基づき算定すること、
 第二に、調整交付金の総額を、第一の合算額の見込額の百分の十に相当する額及び市町村が国民健康保険特別会計に繰り入れた保険料軽減相当額の四分の一に相当する額の合算額とすること、
 第三に、国民健康保険組合に対する国の補助金の額は、療養の給付等に要する費用の額及び老人保健医療費拠出金の納付に要する費用の額の合算額に基づき算定すること、
 第四に、市町村は、一般会計から、保険料の軽減額を基礎として算定した額を国民健康保険特別会計に繰り入れるとともに、国はその額の二分の一を、都道府県はその額の四分の一をそれぞれ負担すること、
 第五に、国民健康保険医等の登録の事務の所管を原則としてその者の勤務地の都道府県知事とすること
等であります。
 本案は、去る三月二十日付託となり、四月十九日津島厚生大臣から提案理由の説明を聴取し、昨日の委員会において質疑を終了いたしましたところ、自由民主党より施行期日についての修正案が提出され、採決の結果、本案は修正案のとおり多数をもって修正議決すべきものと決した次第であります。
 なお、本案に対し附帯決議を付することに決しました。
 以上、御報告を申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#16
○議長(櫻内義雄君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は修正であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#17
○議長(櫻内義雄君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり決しました。
     ────◇─────
#18
○議長(櫻内義雄君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時四十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト