くにさくロゴ
1989/08/10 第115回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第115回国会 運輸委員会 第1号
姉妹サイト
 
1989/08/10 第115回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第115回国会 運輸委員会 第1号

#1
第115回国会 運輸委員会 第1号
本国会召集日(平成元年八月七日)(月曜日)(
午前零時現在)における本委員は、次のとおりで
ある。
   委員長 島村 宜伸君
   理事 尾形 智矩君 理事 川崎 二郎君
   理事 久間 章生君 理事 武部  勤君
   理事 二階 俊博君 理事 新盛 辰雄君
   理事 長田 武士君 理事 小渕 正義君
      石橋 一弥君    魚住 汎英君
      岡島 正之君    加藤 紘一君
      加藤 六月君    亀井 静香君
      亀井 善之君    鴻池 祥肇君
      佐藤 敬夫君    関谷 勝嗣君
      高橋 一郎君    増岡 博之君
      緒方 克陽君    左近 正男君
      戸田 菊雄君    吉原 米治君
      浅井 美幸君    西中  清君
      中村 正雄君    中路 雅弘君
      村上  弘君
──────────────────────
平成元年八月十日(木曜日)
    午前十時開議
 出席委員
   委員長 島村 宜伸君
   理事 尾形 智矩君 理事 川崎 二郎君
   理事 久間 章生君 理事 武部  勤君
   理事 二階 俊博君 理事 新盛 辰雄君
   理事 長田 武士君 理事 小渕 正義君
      魚住 汎英君    岡島 正之君
      加藤 六月君    亀井 静香君
      亀井 善之君    鴻池 祥肇君
      佐藤 敬夫君    関谷 勝嗣君
      高橋 一郎君    二田 孝治君
      増岡 博之君    緒方 克陽君
      戸田 菊雄君    吉原 米治君
      浅井 美幸君    中路 雅弘君
      野間 友一君
 委員外の出席者
        運輸委員会調査
        室長      荒尾  正君
    ─────────────
委員の異動
八月十日
 辞任         補欠選任
  石橋 一弥君     三塚  博君
  魚住 汎英君     古賀 正浩君
  加藤 紘一君     二田 孝治君
  村上  弘君     野間 友一君
同日
 辞任         補欠選任
  古賀 正浩君     魚住 汎英君
  二田 孝治君     加藤 紘一君
  野間 友一君     村上  弘君
    ─────────────
八月七日
 都市における公共交通の環境整備に関する特別措置法案(戸田菊雄君外五名提出、第百十二回国会衆法第九号)
 海上保安庁の留置施設に関する法律案(内閣提出、第百八回国会閣法第九九号)
 貨物運送取扱事業法案(内閣提出、第百十四回国会閣法第七四号)
 貨物自動車運送事業法案(内閣提出、第百十四回国会閣法第七五号)
は本委員会に付託された。
    ─────────────
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
     ────◇─────
#2
○島村委員長 これより会議を開きます。
 この際、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 まず、第百八回国会、内閣提出、海上保安庁の留置施設に関する法律案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#3
○島村委員長 起立多数。よって、本案は、閉会中審査の申し出をすることに決しました。
 次に
 第百十四回国会、内閣提出、貨物運送取扱事業法案
 及び
 第百十四回国会、内閣提出、貨物自動車運送事業法案
以上の両案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#4
○島村委員長 起立多数。よって、両案は、閉会中審査の申し出をすることに決しました。
 次に
 第百十二回国会、戸田菊雄君外五名提出、都市における公共交通の環境整備に関する特別措置法案
 陸運に関する件
 海運に関する件
 航空に関する件
 港湾に関する件
 海上保安に関する件
 観光に関する件
 気象に関する件
以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○島村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中の委員派遣承認申請についてお諮りいたします。
 ただいま議長に申し出ることに決しました閉会中審査案件が付託になり、その審査のため委員を派遣する必要が生じました場合は、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地並びに承認申請の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○島村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト