くにさくロゴ
1988/06/21 第114回国会 参議院 参議院会議録情報 第114回国会 議院運営委員会 第17号
姉妹サイト
 
1988/06/21 第114回国会 参議院

参議院会議録情報 第114回国会 議院運営委員会 第17号

#1
第114回国会 議院運営委員会 第17号
平成元年六月二十一日(水曜日)
   午前九時四十二分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 六月二十日
    辞任         補欠選任
     田辺 哲夫君     成相 善十君
     高橋 清孝君     山内 一郎君
 六月二十一日
    辞任         補欠選任
     成相 善十君     田辺 哲夫君
     山内 一郎君     高橋 清孝君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         嶋崎  均君
    理 事
                井上  裕君
                高木 正明君
                柳川 覺治君
                鈴木 和美君
                浜本 万三君
                鶴岡  洋君
                沓脱タケ子君
                橋本孝一郎君
    委 員
                木宮 和彦君
                久世 公堯君
                佐藤謙一郎君
                斎藤 文夫君
                陣内 孝雄君
                田辺 哲夫君
                高橋 清孝君
                松浦 孝治君
                田渕 勲二君
                山口 哲夫君
        ―――――
       議     長  土屋 義彦君
       副  議  長  瀬谷 英行君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  加藤木理勝君
       事 務 次 長  佐伯 英明君
       議 事 部 長  戸張 正雄君
       委 員 部 長  小野 博行君
       記 録 部 長  滝澤  朗君
       警 務 部 長  黒澤 隆雄君
       庶 務 部 長  菅野  清君
       管 理 部 長  中川 俊彦君
       渉 外 部 長  波多野裕造君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○本日の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(嶋崎均君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#3
○事務総長(加藤木理勝君) 本日の議事は、まず、日程第一及び第二について、外務委員長が報
告され、両件を一括して採決いたします。
 日程第三及び第四について、大蔵委員長が報告され、両案を一括して採決いたします。 日程第五及び第六について、建設委員長が報告されます。採決は、二回に分けて別個に行います。
 日程第七ないし第九について、逓信委員長が報告されます。採決は、三回に分けて順次行います。
 日程第一〇ないし第一二について、社会労働委員長が報告され、三案を一括して採決いたします。
 日程第一三について、文教委員長が報告され、採決いたします。
 日程第一四について、農林水産委員長が報告され、採決いたします。
 日程第一五について、商工委員長が報告され、採決いたします。
 日程第一六について、内閣委員長が報告され、採決いたします。
 次に、日程第一七ないし第二〇の請願でございます。これらの請願は、各委員長の報告を省略して、各委員会決定のとおり採択することにつきまして異議の有無をもってお諮りいたします。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約三十分の見込みでございます。
#4
○委員長(嶋崎均君) ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(嶋崎均君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(嶋崎均君) この際、御報告申し上げます。
 去る十九日の本委員会における沓脱タケ子君の発言に関しまして、不穏当と認められる言辞があったのではないかとの指摘があり、理事会等において協議を続けてまいりましたが、意見の一致を見るに至っておりません。
 委員長といたしましては、この際、以上の経緯を踏まえまして、慎重に検討いたし、処置いたしたいと存じます。
暫時休憩いたします。
  午前九時四十四分休憩
  〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト