くにさくロゴ
1988/01/09 第114回国会 参議院 参議院会議録情報 第114回国会 内閣委員会 第2号
姉妹サイト
 
1988/01/09 第114回国会 参議院

参議院会議録情報 第114回国会 内閣委員会 第2号

#1
第114回国会 内閣委員会 第2号
平成元年一月九日(月曜日)
   午後一時三十六分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         大城 眞順君
    理 事
                板垣  正君
                名尾 良孝君
                永野 茂門君
                久保田真苗君
    委 員
                岩上 二郎君
                大島 友治君
                大浜 方栄君
                岡田  広君
                亀長 友義君
                古賀雷四郎君
                鳩山威一郎君
                桧垣徳太郎君
                小川 仁一君
                野田  哲君
                飯田 忠雄君
                峯山 昭範君
                吉川 春子君
                柳澤 錬造君
   国務大臣
       国 務 大 臣
       (内閣官房長官) 小渕 恵三君
   政府委員
       宮内庁次長    宮尾  盤君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        原   度君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○宮内庁法の一部を改正する法律案(内閣提出、
 衆議院送付)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(大城眞順君) ただいまから内閣委員会を開会いたします。
 謹んで御報告申し上げます。
 去る七日、大行天皇におかせられましては、にわかに崩御あらせられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。
 ここに、謹んで心からの弔意を表し奉ります。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(大城眞順君) 宮内庁法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。小渕内閣官房長官。
#4
○国務大臣(小渕恵三君) ただいま議題となりました宮内庁法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 改正の第一点は、大行天皇崩御に伴い、皇后陛下は皇太后陛下となられたので、皇太后に関する事務をつかさどる皇太后宮職を宮内庁の内部部局として新設することであります。
 改正の第二点は、皇太后宮職の事務を掌理させるため、同職に皇太后宮大夫を置き、これを特別職とすることであります。
 改正の第三点は、大行天皇の御喪儀関係事務等を整理させるため、侍従職に置かれる侍従次長を、当分の間、一人増員し、二人とすることであります。
 以上がこの法律案の提案理由及びその内容の概要であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、速やかに御賛同あらんことをお願いいたします。
#5
○委員長(大城眞順君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案の取り扱いにつきましては、質疑、討論の要求もございましたが、理事会において協議いたしました結果、質疑、討論はこれを行わないことといたしました。
 理事会決定どおり、質疑、討論を行わないことに賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#6
○委員長(大城眞順君) 多数と認めます。よって、これより直ちに採決に入ります。
 宮内庁法の一部を改正する法律案について採決を行います。
 本案に賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#7
○委員長(大城眞順君) 多数と認めます。よって、本案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(大城眞順君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時三十九分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト