くにさくロゴ
1988/06/08 第114回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第114回国会 安全保障特別委員会 第4号
姉妹サイト
 
1988/06/08 第114回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第114回国会 安全保障特別委員会 第4号

#1
第114回国会 安全保障特別委員会 第4号
平成元年六月八日(木曜日)
    午後零時四十一分開議
出席委員
  委員長 大村 襄治君
  委員長 愛知 和男君
   理事 有馬 元治君 理事 椎名 素夫君
   理事 森   清君 理事 加藤 万吉君
   理事 冬柴 鉄三君 理事 伊藤 英成君
      増岡 博之君    三原 朝彦君
      松前  仰君    武藤 山治君
      神崎 武法君    鈴切 康雄君
      東中 光雄君
 出席国務大臣
        外 務 大 臣 三塚  博君
        国 務 大 臣
        (防衛庁長官) 山崎  拓君
 出席政府委員
        防衛政務次官  鈴木 宗男君
        防衛庁長官官房
        長       依田 智治君
        防衛施設庁労務
        部長      吉住 槇吾君
        外務政務次官  田中 直紀君
        外務大臣官房長 藤井 宏昭君
        外務大臣官房外
        務参事官    時野谷 敦君
        外務省情報調査
        局長      山下新太郎君
 委員外の出席者
        特別委員会第三
        調査室長    中島  勉君
    ―――――――――――――
委員の異動
六月二日
 辞任         補欠選任
  安井 吉典君     上田  哲君
同月三日
 辞任         補欠選任
  高村 正彦君     鴻池 祥肇君
  谷川 和穗君     野呂 昭彦君
  月原 茂皓君     宮下 創平君
  中川 昭一君     塩谷 一夫君
  山崎  拓君     糸山英太郎君
同日
 辞任         補欠選任
  糸山英太郎君     林  大幹君
同月六日
 辞任         補欠選任
  野呂 昭彦君     愛知 和男君
同月八日
 大村襄治君委員長辞任につき、その補欠として
 愛知和男君が委員長に当選した。
同日
 理事月原茂皓君同月三日委員辞任につき、その
 補欠として宮下創平君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長の辞任及び互選
 理事の補欠選任
     ――――◇―――――
#2
○有馬委員長代理 これより会議を開きます。
 委員長の指名によりまして、私が委員長の職務を行います。
 お諮りいたします。
 委員長大村襄治君より、委員長を辞任いたしたい旨の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○有馬委員長代理 御異議ないものと認め、辞任を許可することに決しました。
 これより委員長の互選を行います。
#4
○椎名委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、愛知和男君を委員長に推薦いたします。
#5
○有馬委員長代理 ただいまの椎名素夫君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○有馬委員長代理 御異議ないものと認めます。よって、愛知和男君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長愛知和男君に本席をお譲りいたします。
    〔愛知委員長、委員長席に着く〕
#7
○愛知委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、本特別委員会の委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じますとともに、その責務の重大さを痛感いたす次第でございます。
 委員各位の御支援、御協力をいただき、公正円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。
     ――――◇―――――
#8
○愛知委員長 これより、理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 理事月原茂皓君及び理事山崎拓君の委員辞任に伴い、現在理事が二名欠員になっております。この補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○愛知委員長 御異議ないものと認めます。
 それでは、理事に宮下創平君を指名いたします。
 なお、本日指名しなかった一名の理事は、追って指名することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○愛知委員長 御異議ないものと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#11
○愛知委員長 この際、外務大臣、防衛庁長官、外務政務次官及び防衛政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。三塚外務大臣。
#12
○三塚国務大臣 このたび外務大臣を拝命いたしました三塚博でございます。
 今日の国際情勢は戦後最大の転換期にあり、新しい時代を切り開くべく種々努力が行われております。私は、かかる時代において外交を進めるに当たりましては、我が国の安全保障を確保するということが極めて重要であると考えます。
 このような状況下におきまして、本委員会の重要性はますます高まっており、委員長を初め皆様方の格別の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げるものでございます。
 私も、我が国の安全保障に責任を有する外務大臣として重責を果たすべく全力を尽くす所存でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。
#13
○愛知委員長 次に、山崎防衛庁長官。
#14
○山崎(拓)国務大臣 このたびの新内閣発足に際し、防衛庁長官を拝命いたしました山崎でございます。委員長を初め委員各位に謹んでごあいさつを申し上げる次第でございます。
 内外の諸情勢が厳しいこの重要な時期に国家存立の基礎をなす防衛行政を担うこととなり、その責務の重大さに身の引き締まる思いでございます。
 私は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を
保つため、日本国憲法に従い、国民各位の御理解のもと、着実な防衛力の整備と日米安全保障体制の信頼性の向上に、誠心誠意努めてまいる所存でございます。
 本委員会の皆様方は、これまで多年にわたり防衛問題に真摯に取り組まれ、この分野に精通されるとともに、国の防衛政策の確立とその推進に御尽力をいただいてまいりました方々でございます。私も、本委員会の一員として皆様方には大変お世話になってまいりましたが、今後は皆様の御指導と御協力をいただき、私に課せられた重責を全ういたしたいと存じます。
 皆様方のなお一層の御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。
#15
○愛知委員長 次に、田中外務政務次官。
#16
○田中(直)政府委員 このたび外務政務次官に就任いたしました田中直紀でございます。
 今日、我が国をめぐる国際情勢は非常に大きな変動期を迎えており、かような状況の中で安全保障の重要性は極めて大きく、三塚大臣を補佐して私も全力を尽くして職務を全ういたしたいと存じる次第でございます。
 安全保障特別委員会の諸先生の御指導と御鞭撻を衷心よりお願いを申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
#17
○愛知委員長 次に、鈴木防衛政務次官。
#18
○鈴木(宗)政府委員 このたび防衛政務次官を拝命いたしました鈴木宗男でございます。
 山崎長官のもとで最善を尽くして責務を全うしてまいる所存でありますので、委員長を初め委員各位の御指導、御鞭撻を賜りますよう伏してお願い申し上げ、ごあいさつといたします。
#19
○愛知委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時四十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト