くにさくロゴ
1988/06/21 第114回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第114回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号
姉妹サイト
 
1988/06/21 第114回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第114回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号

#1
第114回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号
平成元年六月二十一日(水曜日)
    午前十一時三十分開議
出席委員
  委員長 高沢 寅男君
   理事 佐藤 静雄君 理事 佐藤 信二君
   理事 高橋 辰夫君 理事 中村正三郎君
   理事 上原 康助君 理事 玉城 栄一君
      北村 直人君    武部  勤君
      塚原 俊平君    鳩山由紀夫君
      上坂  昇君    小谷 輝二君
      藤原 房雄君    川端 達夫君
      中路 雅弘君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (総務庁長官) 池田 行彦君
 出席政府委員
        総務政務次官  若林 正俊君
 委員外の出席者
        特別委員会第一
        調査室長    寺田 晃夫君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 請 願
  一 北方領土返還促進等に関する請願(高橋
    辰夫君紹介)(第四七号)
     ――――◇―――――
#2
○高沢委員長 これより会議を開きます。
 この際、池田総務庁長官から発言を求められておりますので、これを許します。池田総務庁長官。
#3
○池田国務大臣 このたび総務庁長官を拝命し、北方対策本部長として、国民的重要課題でございます北方領土問題の解決促進に取り組むことになりました池田行彦でございます。
 我が国固有の領土である北方領土が、戦後四十四年を経た今日、ソ連の占領下に置かれたまま、いまだに返還されずにいることは、まことに遺憾なことであります。
 私は、北方対策本部長として、北方領土問題等の解決の促進を図るための基本方針に基づき、国民世論の啓発、元居住者に対する援護、隣接地域の振興等の施策を積極的に推進してまいる所存であります。
 特に、国民世論につきましては、この問題をめぐる諸情勢にかんがみ、従来にも増して、北方四島一括返還を求める力強い国民世論の結集が必要であると考えております。
 北方対策本部長として、与えられた職責の重さを痛感し、誠心誠意職務の遂行に当たる所存でございますので、委員長を初め委員各位の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
#4
○高沢委員長 次に、若林総務政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。若林総務政務次官。
#5
○若林(正)政府委員 このたび総務政務次官を拝命いたしました若林正俊でございます。
 北方領土問題の解決は国民的重要課題でありますので、池田長官のもと、誠心誠意努力してまいる所存であります。
 委員長を初め委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#6
○高沢委員長 請願の審査に入ります。
 今会期中、本委員会に付託されました請願は、北方領土返還促進等に関する請願一件であります。
 本請願を議題といたします。
 まず、審査の方法についてお諮りいたします。
 本請願の内容につきましては、既に文書表等で御承知のことと存じます。また、先ほどの理事会におきましても御検討願いましたので、この際、紹介護員からの説明聴取等につきましては省略し、直ちに採決を行いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○高沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 これより採決いたします。
 本請願は、採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○高沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 なお、ただいま議決いたしました本請願の委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○高沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#10
○高沢委員長 なお、今国会、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付してございますとおり、北方領土問題の解決促進に関する陳情書外三件であります。念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#11
○高沢委員長 閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 沖縄及び北方問題に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○高沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中の委員派遣についてお諮りいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、その審査のため委員派遣の必要が生じた際には、委員長において、議長に対し、委員派遣の承認申請をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○高沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 なお、派遣委員の人選、派遣地その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○高沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト