くにさくロゴ
1988/12/30 第114回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第114回国会 災害対策特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1988/12/30 第114回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第114回国会 災害対策特別委員会 第1号

#1
第114回国会 災害対策特別委員会 第1号
本特別委員会は昭和六十三年十二月三十日(金曜
日)議院において、災害対策を樹立するため設置
することに決した。
十二月三十日
 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      井出 正一君    石破  茂君
      石渡 照久君    大石 千八君
      大島 理森君    大原 一三君
      唐沢俊二郎君    木村 守男君
      古賀  誠君    佐藤 敬夫君
      斉藤斗志二君    杉浦 正健君
      園田 博之君    田邉 國男君
      武部  勤君    玉沢徳一郎君
      虎島 和夫君    野呂 昭彦君
     三ッ林弥太郎君    村井  仁君
      村岡 兼造君    持永 和見君
      森下 元晴君    若林 正俊君
      井上  泉君    上田 利正君
      緒方 克陽君    串原 義直君
      沢藤礼次郎君    馬場  昇君
      吉原 米治君    竹内 勝彦君
      武田 一夫君    橋本 文彦君
      森本 晃司君    薮仲 義彦君
      川端 達夫君    滝沢 幸助君
      安藤  巖君    藤田 スミ君
―――――――――――――――――――――
昭和六十三年十二月三十日(金曜日)
    午前十一時十七分開議
出席委員
  委員長 唐沢俊二郎君
   理事 石渡 照久君 理事 大島 理森君
   理事 木村 守男君 理事 野呂 昭彦君
   理事 若林 正俊君 理事 井上  泉君
   理事 橋本 文彦君 理事 滝沢 幸助君
      井出 正一君    大石 千八君
      大原 一三君    佐藤 敬夫君
      斉藤斗志二君    園田 博之君
      田邉 國男君    虎島 和夫君
     三ッ林弥太郎君    村井  仁君
      持永 和見君    上田 利正君
      緒方 克陽君    串原 義直君
      沢藤礼次郎君    馬場  昇君
      吉原 米治君    竹内 勝彦君
      武田 一夫君    森本 晃司君
      薮仲 義彦君    安藤  巖君
      藤田 スミ君
 出席政府委員
        国土政務次官  桜井  新君
        国土庁防災局長 三木 克彦君
 委員外の出席者
        特別委員会第三
        調査室長    中島  勉君
    ―――――――――――――
十二月三十日
 唐沢俊二郎君が委員長に当選した。
同日
      石渡 照久君    大島 理森君
      木村 守男君    野呂 昭彦君
      若林 正俊君    井上  泉君
      橋本 文彦君    滝沢 幸助君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
 委員派遣に関する件
     ――――◇―――――
    〔田邉(國)委員、委員長席に着く〕
#2
○田邉(國)委員 これより会議を開きます。
 衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。
 これより委員長の互選を行います。
#3
○井上(泉)委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、唐沢俊二郎君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
#4
○田邉(國)委員 ただいまの井上泉君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○田邉(國)委員 御異議なしと認めます。よって、唐沢俊二郎君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長唐沢俊二郎君に本席を譲ります。
    〔唐沢委員長、委員長席に着く〕
#6
○唐沢委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、私が委員長の重責を担うことになりました。
 本年は、皆様御承知のとおり、国内にあっては、中国地方を中心とする大雨による被害、また、東北地方の低温等による被害、国外にあっては、ソ連アルメニアの地震など、内外にわたり大きな災害が発生し、防災あるいは災害対策に寄せる国民の関心はひときわ高まっております。
 このような状況のもと、本委員会の果たす役割はますます大きくなり、私もその責任の重大さを痛感している次第でございます。
 微力な私ではありますが、練達堪能な委員各位の御支援と御協力を賜りまして、円満な委員会運営に努め、本委員会に課せられた使命達成のため、最善を尽くす所存でございます。
 よろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○唐沢委員長 これより理事の互選を行います。
#8
○井上(泉)委員 動議を提出いたします。
 理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。
#9
○唐沢委員長 ただいまの井上泉君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○唐沢委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      石渡 照久君    大島 理森君
      木村 守男君    野呂 昭彦君
      若林 正俊君    井上  泉君
      橋本 文彦君    滝沢 幸助君
以上の八名の方を指名いたします。
 速記をとめてください。
    〔速記中止〕
#11
○唐沢委員長 速記を始めてください。
     ――――◇―――――
#12
○唐沢委員長 お諮りいたします。
 年末年始の自然休会中に災害が発生し、委員派遣の必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請をすることとし、派遣委員、派遣地及び期間の選定等につきましては、委員長に御一任いただきたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○唐沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#14
○唐沢委員長 この際、桜井国土政務次官から発
言を求められておりますので、これを許します。桜井国土政務次官。
#15
○桜井政府委員 このたび国土政務次官を命ぜられ、中央防災会議事務局長として災害対策の重責を担うこととなりました桜井新でございます。
 微力ではございますが、内海国土庁長官を補佐をしながら、委員の皆さん方の御協力をいただいて、災害対策に全力を尽くしてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。
 委員長を初め委員各位の一層の御指導、御協力を心からお願いを申し上げ、私のごあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。(拍手)
#16
○唐沢委員長 本日は、これにて散会いたします。
   午前十一時二十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト