くにさくロゴ
1988/01/09 第114回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第114回国会 議院運営委員会 第2号
姉妹サイト
 
1988/01/09 第114回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第114回国会 議院運営委員会 第2号

#1
第114回国会 議院運営委員会 第2号
平成元年一月九日(月曜日)
    午後零時三十分開議
出席委員
  委員長 山口 敏夫君
   理事 村岡 兼造君 理事 石川 要三君
   理事 塚原 俊平君 理事 糸山英太郎君
   理事 野呂 昭彦君 理事 清水  勇君
   理事 阿部未喜男君 理事 鳥居 一雄君
   理事 中野 寛成君
      井上 喜一君    石渡 照久君
      江口 一雄君    金子原二郎君
      鴻池 祥肇君    自見庄三郎君
      中山 成彬君    二田 孝治君
      三原 朝彦君    石橋 大吉君
      田口 健二君    井上 和久君
      森本 晃司君    木下敬之助君
 委員外の出席者
        議     長 原 健三郎君
        副  議  長 多賀谷真稔君
        事 務 総 長 弥富啓之助君
    ―――――――――――――
昭和六十四年一月七日
 理事糸山英太郎君同日理事辞任につき、その補
 欠として自見庄三郎君が委員長の指名で理事に
 選任された。
平成元年一月九日
 理事自見庄三郎君同日理事辞任につき、その補
 欠として糸山英太郎君が委員長の指名で理事に
 選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 大行天皇崩御につき弔詞奉呈の件
 大行天皇崩御につき弔詞起草委員会設置の件
 本日の本会議の議事に関する件
     ――――◇―――――
#2
○山口委員長 これより会議を開きます。
 この際、御報告いたします。
 大行天皇におかせられましては、去る七日にわかに崩御あらせられました。まことに痛恨のきわみであります。
 ここに謹んで弔意を表し奉ります。
 つきましては、弔詞奉呈の件についてでありますが、本院は、哀悼の誠意をささげるため、弔詞を奉呈することとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○山口委員長 なお、弔詞は、本日の本会議において、特に起草委員会を設けてこれを起草することとし、理事会の協議によりまして、その委員数は二十四名とし、自由民主党十五名、日本社会党・護憲共同四名、公明党・国民会議三名、民社党・民主連合二名の議院運営委員をもって充てることとし、議長において指名することとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#6
○山口委員長 次に、弔詞起草委員長の報告に関する件についてでありますが、弔詞案文起草のため本会議を一たん休憩することとし、弔詞起草委員会において弔詞案文が決定いたしましたならば、再開後の本会議において弔詞起草委員長の報告を求めることとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#8
○山口委員長 次に、本日内閣委員会の審査を終了した宮内庁法の一部を改正する法律案について、委員長から緊急上程の申し出があります。
 右法律案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#10
○山口委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#11
○弥富事務総長 まず最初に、議長から、大行天皇が崩御あらせられました旨の報告がございます。
 次いで、弔詞を奉呈することとし、起草委員会を設けてこれを起草し、委員は二十四人とし、議長において指名することをお諮りいたします。この採決は、起立をもって行います。採決の後、議長は、起草委員は追って指名する旨を告げます。
 次に、動議により、宮内庁法の一部を改正する法律案を緊急上程いたしまして、玉生内閣委員長の報告があります。これは共産党が反対でありますが、本会議に共産党の御出席がなければ、本会議では全会一致となるわけでございます。
 以上で、暫時休憩することになります。
 起草委員会におきまして弔詞案文が決まりましたところで、本会議を再開していただきます。今のところ、大体二時半ということで、二時二十分予鈴、二時半本鈴ということで再開をしていただきます。
 弔詞起草委員長の報告を求めました後、弔詞案文につき採決をいたします。この採決は、起立をもって行います。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 議事日程 第二号
  平成元年一月九日
    午後一時開議
 第一 大行天皇崩御につき弔詞奉呈の件
    ―――――――――――――
#12
○山口委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時三十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト