くにさくロゴ
1988/02/10 第114回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第114回国会 議院運営委員会 第4号
姉妹サイト
 
1988/02/10 第114回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第114回国会 議院運営委員会 第4号

#1
第114回国会 議院運営委員会 第4号
平成元年二月十日(金曜日)
    正午開議
出席委員
  委員長 山口 敏夫君
   理事 村岡 兼造君 理事 石川 要三君
   理事 塚原 俊平君 理事 糸山英太郎君
   理事 野呂 昭彦君 理事 清水  勇君
   理事 阿部未喜男君 理事 鳥居 一雄君
   理事 中野 寛成君
      江口 一雄君    金子原二郎君
      北村 直人君    鴻池 祥肇君
      自見庄三郎君    月原 茂皓君
      虎島 和夫君    二田 孝治君
      前田 武志君    石橋 大吉君
      田口 健二君    井上 和久君
      森本 晃司君    木下敬之助君
      東中 光雄君
 委員外の出席者
        議     長 原 健三郎君
        副  議  長 多賀谷真稔君
        事 務 総 長 弥富啓之助君
    ―――――――――――――
委員の異動
二月八日
 辞任         補欠選任
  石渡 照久君     虎島 和夫君
  中山 成彬君     月原 茂皓君
同月十日
 辞任         補欠選任
  井上 喜一君     前田 武志君
  三原 朝彦君     北村 直人君
同日
 辞任         補欠選任
  北村 直人君     三原 朝彦君
  前田 武志君     井上 喜一君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 昭和天皇崩御につき弔詞奉呈報告の件
 国務大臣の演説に対する質疑の件
 議員請暇の件
 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員辞職の件
 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員の選挙の
 件
 裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件
 裁判官訴追委員及び同予備員の選挙の件
 各種委員の選挙の件
 国家公務員任命につき同意を求めるの件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○山口委員長 これより会議を開きます。
 この際、御報告いたします。
 昭和天皇崩御につき弔意を表し奉るため、去る一月九日の本会議において議決されました弔詞は、翌十日、議長が皇居に参入され、謹んで奉呈されました。
 なお、本件は、本日の本会議において、議長から奉呈の報告がありますので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#3
○山口委員長 次に、本日の本会議における国務大臣の演説は、内閣総理大臣の施政方針に関する演説、外務大臣の外交に関する演説、大蔵大臣の財政に関する演説、経済企画庁長官の経済に関する演説をそれぞれ行います。
    ―――――――――――――
#4
○山口委員長 次に、国務大臣の演説に対する質疑の件についてでありますが、国務大臣の演説に対する質疑は、来る十三日及び十四日の両日行うことにお決め願っておりますが、質疑者の数は、自由民主党一人、日本社会党・護憲共同二人、公明党・国民会議一人、民社党・民主連合一人、日本共産党・革新共同一人とし、発言時間は、一人おのおの三十五分以内とし、発言順位は、来る十三日は、まず日本社会党・護憲共同の第一順位者、次に自由民主党、次いで公明党・国民会議の順序で行い、来る十四日は、まず民社党・民主連合、次に日本社会党・護憲共同の第二順位者、次いで日本共産党・革新共同の順序で行うこととし、両日をもって国務大臣の演説に対する質疑を終了することとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#6
○山口委員長 次に、議員請暇の件についてでありますが、中山正暉君より、二月十二日から二十二日まで十一日間、石原慎太郎君より、二月十四日から二十三日まで十日間、それぞれ海外旅行のため、請暇の申し出があります。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#8
○山口委員長 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員辞職の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員である片岡清一君及び同予備員である桜井新君から、それぞれ辞職願が提出されております。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#10
○山口委員長 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員の選挙の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員辞職の件が本会議において許可されましたならば、引き続き同裁判員及び同予備員の選挙を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、後任候補者として、自由民主党から、お手元の印刷物にあります両君を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
 一、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員の選
   挙の件
  裁判官弾劾裁判所裁判員
   奥野誠亮君(自)
  同 予備員
   白川 勝彦君(自)職務を行う順序は第二
            順位
    ―――――――――――――
#12
○山口委員長 次に、裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件についてでありますが、裁判官訴追委員である西岡武夫君、宮崎茂一君及び同予備員である中村正三郎君、太田誠一君、谷垣禎一君から、それぞれ辞職願が提出されております。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#14
○山口委員長 次に、裁判官訴追委員及び同予備
員の選挙の件についてでありますが、裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件が本会議において許可されましたならば、引き続き同委員及び同予備員の選挙を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、後任候補者として、自由民主党から、お手元の印刷物にあります諸君を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
 一、裁判官訴追委員及び同予備員の選挙の件
  裁判官訴追委員
   葉梨 信行君(自)
   木部 佳昭君(自)
  同 予備員
   亀井 静香君(自)職務を行う順序は第一
            順位
   船田  元君(自)職務を行う順序は第二
            順位
   森田  一君(自)職務を行う順序は第三
            順位
    ―――――――――――――
#16
○山口委員長 次に、各種委員の選挙の件についてでありますが、お手元の印刷物にありますとおり、各種委員につきまして、自由民主党から、候補者を届け出てまいっております。
 一、各種委員の選挙の件
  検察官適格審査会委員
   戸沢 政方君(自)
  同 予備委員
   高村 正彦君(自)大塚雄司君の予備委員
   久間 章生君(自)戸沢政方君の予備委員
  国土開発幹線自動車道建設審議会委員
   山村新治郎君(自)
  国土審議会委員
   奥野 誠亮君(自)
  日本ユネスコ国内委員会委員
   甘利  明君(自)
    ―――――――――――――
#17
○山口委員長 本件は、本日の本会議においてその選挙を行うこととするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、各選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますから、御了承願います。
    ―――――――――――――
#19
○山口委員長 次に、国家公務員任命につき同意を求めるの件についてでありますが、人事官、社会保険審査会委員長、航空事故調査委員会委員長及び同委員、労働保険審査会委員に、お手元の印刷物にあります諸君を任命するについて、内閣から本院の同意を求めてまいっております。
    ―――――――――――――
 一、国家公務員任命につき同意を求めるの件
  人事官
   佐野 弘吉君 三、二二任期満了につき再任
  社会保険審査会委員長
   信澤  清君 河角泰助君辞任予定につきその後任
  航空事故調査委員会委員長及び同委員
   委員長 武田  峻君
   委 員 東   昭君 二、二一任期満了
       薄木 正明君 につき再任
       竹内 和之君
       宮内 恒幸君 西村淳君二、二一
              任期満了につきそ
              の後任
  労働保険審査会委員
   倉橋 義定君 二、一五任期満了につき再任
   瀧川 勝人君 浦田純一君二、一五任期満了につきその後任
    ―――――――――――――
#20
○山口委員長 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#22
○山口委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#23
○弥富事務総長 まず最初に、議長から、昭和天皇崩御につき弔意を表するため、去る一月九日議決されました弔詞を、翌十日に奉呈いたしました旨の報告がございます。
 次に、国務大臣の四演説が行われます。所要時間は、合計一時間五十分程度とのことでございます。
 演説が終わりましたところで、動議により、国務大臣の演説に対する質疑は延期し、来る十三日にこれを行うことを決定していただきます。
 次に、議員請暇の件についてお諮りをいたします。
 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員辞職の件についてお諮りをいたします。
 それが許可されましたところで、引き続いて選挙を行います。この選挙は、動議により、手続省略、議長指名ということになります。
 次に、裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件についてお諮りをいたしまして、これが許可されましたところで、同委員及び同予備員の選挙を行います。この選挙は、動議により、手続省略、議長指名ということになります。
 それが済みましたところで、各種委員の選挙を行います。この選挙も、動議により、手続省略、議長指名ということになります。
 次に、国家公務員任命につき同意を求めるの件についてお諮りをいたします。この採決は二回になります。一回目は人事官及び航空事故調査委員会委員長及び同委員で、これは共産党が反対でございますが、このうち航空事故調査委員会委員長の武田峻さん及び同委員の東昭さん、竹内和之さんにつきましては共産党は賛成ということでございます。二回目は社会保険審査会委員長及び労働保険審査会委員で、これは全会一致であります。
 本日の議事は、以上でございます。
#24
○山口委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#25
○山口委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る十三日月曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト