くにさくロゴ
1988/03/01 第114回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第114回国会 運輸委員会 第1号
姉妹サイト
 
1988/03/01 第114回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第114回国会 運輸委員会 第1号

#1
第114回国会 運輸委員会 第1号
本国会召集日(昭和六十三年十二月三十日)
(金曜日)(午前零時現在)における本委員は、
次のとおりである。
  委員長 関谷 勝嗣君
   理事 小里 貞利君 理事 柿澤 弘治君
   理事 亀井 静香君 理事 二階 俊博君
   理事 吉原 米治君 理事 長田 武士君
   理事 河村  勝君
      魚住 汎英君    大野 功統君
      岡島 正之君    加藤 六月君
      鹿野 道彦君    北川 正恭君
      久間 章生君    古賀  誠君
      鴻池 祥肇君    田中 直紀君
      高橋 一郎君    増岡 博之君
      若林 正俊君    小林 恒人君
      左近 正男君    新盛 辰雄君
      戸田 菊雄君    浅井 美幸君
      西中  清君    中村 正雄君
      中路 雅弘君    村上  弘君
    ―――――――――――――
昭和六十三年十二月三十日
 関谷勝嗣君委員長辞任につき、その補欠として
 小里貞利君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成元年三月一日(水曜日)
    午後零時十分開議
出席委員
  委員長 小里 貞利君
   理事 柿澤 弘治君 理事 久間 章生君
   理事 二階 俊博君 理事 森田  一君
   理事 若林 正俊君 理事 新盛 辰雄君
   理事 吉原 米治君 理事 河村  勝君
      石橋 一弥君    魚住 汎英君
      大野 功統君    岡島 正之君
      加藤 六月君    鴻池 祥肇君
      田中 直紀君    高橋 一郎君
      増岡 博之君    緒方 克陽君
      左近 正男君    戸田 菊雄君
      浅井 美幸君    西中  清君
      中路 雅弘君
 出席国務大臣
        運 輸 大 臣 佐藤 信二君
 出席政府委員
        運輸政務次官  亀井 善之君
        運輸大臣官房長 棚橋  泰君
 委員外の出席者
        運輸委員会調査
        室長      荒尾  正君
    ―――――――――――――
委員の異動
昭和六十三年十二月三十日
 辞任         補欠選任
  小林 恒人君     緒方 克陽君
平成元年二月八日
 辞任         補欠選任
  鹿野 道彦君     石橋 一弥君
  北川 正恭君     尾形 智矩君
  古賀  誠君     森田  一君
三月一日
 理事亀井善之君昭和六十三年十二月二十八日委
 員辞任につき、その補欠として久間章生君が理
 事に当選した。
同日
 理事小里貞利君昭和六十三年十二月三十日委員
 長就任につき、その補欠として森田一君が理事
 に当選した。
同日
 理事亀井静香君及び吉原米治君同日理事辞任に
 つき、その補欠として若林正俊君及び新盛辰雄
 君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
昭和六十三年十二月三十日
 都市における公共交通の環境整備に関する特別
 措置法案(戸田菊雄君外五名提出、第百十二回
 国会衆法第九号)
 海上保安庁の留置施設に関する法律案(内閣提
 出、第百八回国会閣法第九九号)
平成元年二月二十八日
 特定船舶製造業安定事業協会法の一部を改正す
 る法律案(内閣提出第三八号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
二月二十八日
 常磐新線の早期着工に関する陳情書(東京都千
 代田区丸の内三の五の一東京都議会内近藤信好
 外九名)(第三二号)
 北陸新幹線の本格着工に関する陳情書(東京都
 千代田区丸の内三の五の一東京都議会内近藤信
 好外九名)(第三三号)
 リニアモーターカーによる中央新幹線の建設推
 進に関する陳情書(名古屋市中区三の丸三の一
 の二愛知県議会内長木一)(第三四号)
 公共用ヘリポートの整備に関する陳情書(東京
 都千代田区丸の内三の五の一東京都議会内近藤
 信好外九名)(第三五号)
 便宜置籍船における日本人船員の職域確保等に
 関する陳情書(金沢市広坂二の一の一石川県議
 会内小林紀三)(第三六号)
 鉄道・航空運賃の身体障害者割引を内部障害者
 にも適用に関する陳情書外一件(広島市中区基
 町一〇の五二広島県議会内末田隆外一名)(第
 三七号)
 ボートピア鹿沼競艇場外発売場の設置反対に関
 する陳情書(栃木県鹿沼市今宮町一六八八の一
 鹿沼市議会内阿見昭育)(第三八号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小里委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、運輸委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。
 御承知のとおり、本委員会の所管は陸、海、空と多岐にわたっておりますが、特に、地域交通、観光、気象などは国民生活に幅広く密着いたしております。
 加えて、今日の運輸行政は、整備新幹線の建設等重要な問題が山積しており、総合的な運輸行政の確立に寄せられる国民の期待は極めて大きく、その職責の重大さを今さらながら痛感している次第であります。
 幸い練達堪能なる皆様方の御指導、御協力を賜りまして、微力ではございますが、委員会の円滑な運営を図り、その使命を果たしてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○小里委員長 この際、理事の辞任についてお諮りいたします。
 理事亀井静香君及び理事吉原米治君から、理事を辞任したい旨の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○小里委員長 御異議なしと認めます。よって、
そのとおり決しました。
 引き続き、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任による欠員のほか、委員の異動による欠員一名並びに私の委員長就任に伴う欠員一名、計四名の理事が欠員となっております。この際、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○小里委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      久間 章生君    森田  一君
      若林 正俊君 及び 新盛 辰雄君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○小里委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 運輸行政の実情を調査し、その合理化及び振興に関する対策を樹立するため
 陸運に関する事項
 海運に関する事項
 航空に関する事項
 港湾に関する事項
 海上保安に関する事項
 観光に関する事項
 気象に関する事項について、本会期中調査をいたしたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○小里委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
     ――――◇―――――
#8
○小里委員長 この際、佐藤運輸大臣及び亀井運輸政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。佐藤運輸大臣。
#9
○佐藤国務大臣 私は、昨年の暮れの竹下改造内閣で運輸大臣を拝命いたしました佐藤信二でございます。委員長を初めとして、委員各位の御指導と御鞭撻をよろしくお願いいたします。
 さて、運輸行政は国民生活と密着しており、豊かで活力ある社会を構築するため期待されている役割は、まことに大きいものがございます。ふるさと創生につながる多極分散型国土の形成を図るため、交通体系の整備や、観光の振興を初めとする地域振興プロジェクトを鋭意推進してまいる必要がありますし、土地問題への対応を含め、都市交通対策も重要な課題であります。また、不況に苦しむ海運、造船部門の再構築、国鉄改革の残された課題である職員雇用対策や長期債務処理対策などの諸問題も残されております。
 私といたしましては、運輸行政の基本である安全の確保に万全を期しつつこれらの諸問題に積極的に取り組み、問題の解決に最大限の努力を図る所存でございます。
 何分にも浅学非才の者でございますが、先ほど申したように、委員長初め本委員会の関係各位の絶大なる御支援と御理解を賜りますようお願いを申し上げまして、私のごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
#10
○小里委員長 次に、亀井運輸政務次官。
#11
○亀井政府委員 このたび運輸政務次官を拝命いたしました亀井善之でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 今、大臣からもお話がございましたが、運輸行政には早急に解決をいたさなければならない重要な課題が山積をいたしております。このような時期に、運輸行政に直接携わることになりました。大変身の引き締まる思いでございます。
 私といたしましては、大臣を補佐いたしまして、これらの問題の解決のために全力を尽くしてまいりたい、このように考えております。
 どうぞ運輸委員の皆様方の絶大な御支援を賜りますようお願いを申し上げまして、ごあいさつにかえる次第でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#12
○小里委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト