くにさくロゴ
1988/02/16 第114回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第114回国会 農林水産委員会 第1号
姉妹サイト
 
1988/02/16 第114回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第114回国会 農林水産委員会 第1号

#1
第114回国会 農林水産委員会 第1号
本国会召集日(昭和六十三年十二月三十日)(金
曜日)(午前零時現在)における本委員は、次の
とおりである。
  委員長 菊池福治郎君
   理事 鈴木 宗男君 理事 月原 茂皓君
   理事 保利 耕輔君 理事 串原 義直君
   理事 水谷  弘君 理事 神田  厚君
      阿部 文男君    石破  茂君
      衛藤征士郎君    遠藤 武彦君
      大石 千八君    川崎 二郎君
      北口  博君    熊谷  弘君
      小坂善太郎君    近藤 元次君
      杉浦 正健君    田邉 國男君
      武部  勤君    玉沢徳一郎君
      中島源太郎君    中島  衛君
      堀之内久男君    保岡 興治君
      柳沢 伯夫君    山崎平八郎君
      石橋 大吉君    沢藤礼次郎君
      田中 恒利君    竹内  猛君
      前島 秀行君    安井 吉典君
      武田 一夫君    玉城 栄一君
      藤原 房雄君    吉浦 忠治君
      佐々木良作君    藤田 スミ君
      山原健二郎君
    ―――――――――――――
昭和六十三年十二月三十日
 菊池福治郎君委員長辞任につき、その補欠とし
 て堀之内久男君が議院において、委員長に選任
 された。
    ―――――――――――――
平成元年二月十六日(木曜日)
    午後零時十一分開議
出席委員
  委員長 堀之内久男君
   理事 高村 正彦君 理事 鈴木 宗男君
   理事 月原 茂皓君 理事 保利 耕輔君
   理事 柳沢 伯夫君 理事 串原 義直君
   理事 安井 吉典君 理事 水谷  弘君
   理事 神田  厚君
      石破  茂君    衛藤征士郎君
      川崎 二郎君    北村 直人君
      小坂善太郎君    佐藤 静雄君
      田邉 國男君    玉沢徳一郎君
      渡海紀三朗君    中島  衛君
      谷津 義男君    石橋 大吉君
      沢藤礼次郎君    田中 恒利君
      竹内  猛君    前島 秀行君
      玉城 栄一君    藤田 スミ君
      山原健二郎君
 出席国務大臣
        農林水産大臣  羽田  孜君
 出席政府委員
        農林水産政務次
        官       笹山 登生君
        農林水産大臣官
        房長      浜口 義曠君
 委員外の出席者
        農林水産委員会
        調査室長    青木 敏也君
    ―――――――――――――
委員の異動
昭和六十三年十二月三十日
辞任          補欠選任
 菊池福治郎君      古賀  誠君
同日
 辞任         補欠選任
  古賀  誠君     長谷川 峻君
平成元年一月十日
 辞任         補欠選任
  山崎平八郎君     谷津 義男君
同月二十五日
 辞任         補欠選任
  熊谷  弘君     原田  憲君
二月八日
 辞任         補欠選任
  遠藤 武彦君     高村 正彦君
  中島源太郎君     三ッ林弥太郎君
  長谷川 峻君     齋藤 邦吉君
同月十日
 辞任         補欠選任
  前島 秀行君     大出  俊君
同日
 辞任         補欠選任
  大出  俊君     前島 秀行君
同月十六日
 辞任         補欠選任
  杉浦 正健君     渡海紀三朗君
  武部  勤君     佐藤 静雄君
  原田  憲君     北村 直人君
同日
 辞任         補欠選任
  北村 直人君     原田  憲君
  佐藤 静雄君     武部  勤君
  渡海紀三朗君     杉浦 正健君
同日
 理事笹山登生君及び松田九郎君昭和六十三年十
 二月二十八日委員辞任につき、その補欠として
高村正彦君及び柳沢伯夫君が理事に当選した。
同日
 理事串原義直君同日理事辞任につき、その補欠
 として安井吉典君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
昭和六十三年十二月三十日
 本邦漁業者の漁業生産活動の確保に関する法律
 案(安井吉典君外十六名提出、第百八回国会衆
 法第一号)
 果樹農業振興特別措置法の一部を改正する法律
 案(田中恒利君外四名提出、第百十三回国会衆
 法第四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○堀之内委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私が農林水産委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。
 申すまでもなく、農林水産業は、国民に豊かな食生活を保障するとともに、国土・自然環境の保全を果たすなど極めて重要な役割を担っております。しかしながら、輸入の自由化という国際化の進展もあり、農林水産業は年を追ってますます厳しさを加えてきております。
 こうした中、当委員会は、国民を代表して真摯な論議を積み重ね、国民の信託にこたえていかなければなりません。私も、この重大な使命に身が引き締まる思いがいたしております。
 ここに、農林水産全般に造詣の深い理事及び委員の皆様の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満に、誠心誠意委員会運営を図ってまいる所存でございます。何とぞよろしくお願いいたします。
 簡単ではありますが、就任のごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○堀之内委員長 まず、理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事串原義直君から、理事を辞任いたしたい旨の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○堀之内委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任による欠員のほか、委員の異動に伴う欠員が二名、計三名の理事が欠員となっております。この際、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○堀之内委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      高村 正彦君    柳沢 伯夫君
      安井 吉典君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○堀之内委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 農林水産業の実情を調査し、その振興を図るため
 農林水産業の振興に関する事項
 農林水産物に関する事項
 農林水産業団体に関する事項
 農林水産金融に関する事項
 農林漁業災害補償制度に関する事項
について、本会期中調査をいたしたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○堀之内委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
#8
○堀之内委員長 この際、羽田農林水産大臣及び笹山農林水産政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。羽田農林水産大臣。
#9
○羽田国務大臣 このたび農林水産大臣を拝命いたしました羽田孜でございます。
 私は、五十一年に農林政務次官に就任いたしまして以来、委員といたしまして、また理事として、委員長として皆様と一緒に汗を流してまいりました。そして、三年前やはり農林水産大臣として皆様にいろいろと御指導いただいた者であります。このたび非常に難しいときに就任したわけでございますけれども、ともどもに勉強させていただきたい。御指導賜りますことを、まずお願いを申し上げる次第であります。
 私が就任しました今日でありますけれども、前回大臣を務めましたとき以上に、農・林・水とも国際化の波が押し寄せてきておるということ、そのほか、めぐる事情というのは非常に厳しいものがあるというふうに私も認識をいたしております。そういったときに再度農林水産大臣に就任したということは大きな責任であると、身の引き締まる思いがいたしておるところであります。
 農林水産業は、もう申し上げるまでもなく、国民生活にとって最も基礎的な物資である食料などを安定して供給するという重大な使命を担っているほかに、活力ある地域社会の維持、国土・自然環境の保全など、我が国の経済社会の土台を支える重要な役割を果たしておると考えております。私は、皆様方の御指導をいただきまして、農林水産行政の責任者として我が国の農林水産業に新たな展望を開くために最大限の努力をしてまいりたい、かように考えております。
 今後ともよろしくお力添え、また御指導賜りますことを心からお願い申し上げまして、大変簡単でございますけれども、就任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
#10
○堀之内委員長 笹山農林水産政務次官。
#11
○笹山政府委員 このたび農林水産政務次官を拝命いたしました笹山登生でございます。
 羽田大臣を補佐しつつ、農林水産行政の直面する諸課題の解決に全力を尽くすとともに、平成新時代にふさわしい、展望の持てる力と創意にあふれた新農林水産業の確立に向けまして邁進してまいりたいと思います。
 委員各位におかれましては、これまでにも当委員会におきまして大変お世話になりましたが、今後とも一層の御指導を心からお願い申し上げまして、簡単でございますが、就任のごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#12
○堀之内委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト