くにさくロゴ
1988/01/09 第114回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第114回国会 本会議 第2号
姉妹サイト
 
1988/01/09 第114回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第114回国会 本会議 第2号

#1
第114回国会 本会議 第2号
平成元年一月九日(月曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第二号
  平成元年一月九日
    午後一時開議
 第一 大行天皇崩御につき弔詞奉呈の件
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 日程第一 大行天皇崩御につき弔詞奉呈の件
 宮内庁法の一部を改正する法律案(内閣提出)
    午後一時八分開議
#2
○議長(原健三郎君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
#3
○議長(原健三郎君) 諸君、御報告いたすことがあります。
 大行天皇におかせられましては、一昨七日にわかに崩御あらせられました。まことに哀悼悲痛の至りにたえません。議長及び副議長は、同日皇居に参入し、弔問を申し上げました。
     ――――◇―――――
 日程第一 大行天皇崩御につき弔詞奉呈の件
#4
○議長(原健三郎君) つきましては、本院は、全国民の至情を代表して哀悼の誠意をささげるため、弔詞を奉呈いたしたいと思います。
 弔詞は、起草委員会を設けてこれを起草することとし、その委員は二十四人とし、議長において指名いたしたいと思います。これに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#5
○議長(原健三郎君) 起立総員。よって、全会一致をもってそのように決しました。
 ただいま議決されました起草委員会の委員は追って指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○自見庄三郎君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 内閣提出、宮内庁法の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#7
○議長(原健三郎君) 自見庄三郎君の動議に御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(原健三郎君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。
    ―――――――――――――
 宮内庁法の一部を改正する法律案(内閣提出)
#9
○議長(原健三郎君) 宮内庁法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。内閣委員長玉生孝久君。
    ―――――――――――――
 宮内庁法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔玉生孝久君登壇〕
#10
○玉生孝久君 ただいま議題となりました宮内庁法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、
 第一に、大行天皇崩御に伴い、宮内庁の内部部局として、皇太后に関する事務をつかさどる皇太后宮職を設置し、皇太后宮大夫を置き、これを特別職としようとするものでございます。
 第二には、大行天皇の御喪儀関係事務等を整理するため、侍従次長を当分の間一人増員し、二人にしようとするものであります。
 本案は、本日本委員会に付託され、小渕内閣官房長官から提案理由の説明を聴取し、直ちに採決いたしましたところ、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第でございます。
 以上、御報告を申し上げます。
    ―――――――――――――
#11
○議長(原健三郎君) 採決いたします。
 本案は委員長報告のとおり決するに御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○議長(原健三郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
#13
○議長(原健三郎君) この際、暫時休憩いたします。
    午後一時十三分休憩
     ――――◇―――――
    午後二時三十二分開議
#14
○議長(原健三郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
     ――――◇―――――
#15
○議長(原健三郎君) 弔詞起草委員長の報告を求めます。山口敏夫君。
    ―――――――――――――
    〔報告書は本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔山口敏夫君登壇〕
#16
○山口敏夫君 大行天皇におかせられましては、去る七日にわかに崩御あらせられました。まことに痛恨のきわみであります。国民一同、言葉に尽くしがたい悲しみに包まれております。
 ここに、本院は、敬弔の誠意をささげるため、弔詞を奉呈することに決定いたしました。
 謹んで弔詞起草委員会の経過並びに結果を御報告申し上げます。
 先刻議長から指名されました起草委員二十四名は、直ちに会議を開き、委員長の互選に引き続き、弔詞案文の協議に入り、次の成案を得た次第であります。
 その案文を朗読いたします。
   弔 詞 案
 大行天皇には にわかに 崩御あらせられました
大行天皇におかせられては ご在位六十二年の永きにわたらせられ その間 まことに多端な ときに 言い尽くせぬご心労とご労苦をいたさ れました 戦後は わが国の象徴として 常に国民の幸福と世界の平和におもいをいたされ内には 国事に関する行為にご精励あそばされ るとともに 種々の式典や行事を通じて 親しく国民を励まされ 外には 諸外国との親善を深められ 今日に至るわが国の繁栄と向上に大きなご恵徳を及ぼされました また 生物学 のご研究により 学術の分野においても 偉大な貢献をなされました 国民ひとしく 敬慕申 し上げてやまぬところであります
 いま 崩御の悲報に接し まことに 哀悼悲痛 の至りにたえません
 衆議院は ここに全国民の至情を代表し 謹ん で弔意を表し奉ります以上であります。
 顧みますれば、大行天皇は、ひたすら国民の幸福と世界の平和に思いをいたしてこられました。
 我々は、今後一層国政に励み、その御恵徳にこたえてまいらなければなりません。
 本弔詞案文に議員各位の御賛同をお願い申し上げます。
#17
○議長(原健三郎君) ただいま委員長から報告されました弔詞案文のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#18
○議長(原健三郎君) 起立総員。よって、弔詞案文は全会一致をもって可決いたしました。
 弔詞を朗読いたします。
    〔総員起立〕
 大行天皇には にわかに 崩御あらせられました
 大行天皇におかせられては ご在位六十二年の永きにわたらせられ その間 まことに多端なときに 言い尽くせぬご心労とご労苦をいたされました 戦後は わが国の象徴として 常に国民の幸福と世界の平和におもいをいたされ内には 国事に関する行為にご精励あそばされるとともに種々の式典や行事を通じて親しく国民を励まされ 外には 諸外国との親善を深められ 今日に至るわが国の繁栄と向上に大きなご恵徳を及ぼされました また 生物学のご研究により 学術の分野においても 偉大な貢献をなされました 国民ひとしく 敬慕申し上げてやまぬところであります
 いま 崩御の悲報に接し まことに 哀悼悲痛の至りにたえません
 衆議院は ここに全国民の至情を代表し 謹んで弔意を表し奉ります
 ただいま議決されました弔詞の奉呈方は議長において取り計らいます。
     ――――◇―――――
#19
○議長(原健三郎君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後二時三十九分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト