くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 参議院 参議院会議録情報 第110回国会 建設委員会 第1号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 参議院

参議院会議録情報 第110回国会 建設委員会 第1号

#1
第110回国会 建設委員会 第1号
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
   午前十時開会
    ―――――――――――――
   委員氏名
    委員長         村沢  牧君
    理 事         井上  孝君
    理 事         石井 一二君
    理 事         福田 宏一君
    理 事         小川 仁一君
                井上 吉夫君
                植木 光教君
                遠藤  要君
                工藤万砂美君
                沓掛 哲男君
                志村 哲良君
                服部 安司君
                堀内 俊夫君
                一井 淳治君
                松本 英一君
                太田 淳夫君
                馬場  富君
                上田耕一郎君
                山田  勇君
                青木  茂君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         村沢  牧君
    理 事
                井上  孝君
                石井 一二君
                福田 宏一君
                小川 仁一君
    委 員
                植木 光教君
                工藤万砂美君
                沓掛 哲男君
                志村 哲良君
                服部 安司君
                太田 淳夫君
                馬場  富君
                上田耕一郎君
                山田  勇君
                青木  茂君
   国務大臣
       建 設 大 臣  越智 伊平君
       国 務 大 臣
       (北海道開発庁
       長官)      粕谷  茂君
       国 務 大 臣
       (国土庁長官)  奥野 誠亮君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        荒木 正治君
   説明員
       北海道開発政務
       次官       上草 義輝君
       国土政務次官   大原 一三君
       建設政務次官   古賀  誠君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○国政調査に関する件
○派遣委員の報告に関する件
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(村沢牧君) ただいまから建設委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 去る九月十七日、曽根田郁夫君が委員を辞任され、その補欠として沓掛哲男君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(村沢牧君) この際、越智建設大臣、奥野国土庁長官及び粕谷北海道開発庁長官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。越智建設大臣。
#4
○国務大臣(越智伊平君) このたび建設大臣を仰せつかりました越智伊平でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。
 御承知のとおり、建設行政は、住宅、宅地の供給、道路、河川、下水道、公園の整備等、いずれも国民生活に密着した極めて重要なものであります。したがって、国民の要望に的確にこたえつつ二十一世紀に向けて活力ある経済社会と安全で快適な国民生活を実現するため、その基盤となる住宅、社会資本の整備を積極的に推進していくことが必要であると考えております。
 また、国際公約ともなっております内需主導型の経済成長への速やかな転換を実現する上でも、公共事業を通じて建設行政の果たす役割には極めて大きなものがあります。このため、今後、継続的な公共事業の積極的拡大を図るとともに、総合的、効率的な建設行政の推進を図るため最大限の努力を払ってまいる所存であります。
 委員長初め委員各位の格別の御指導と御協力を切にお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。(拍手)
#5
○委員長(村沢牧君) 奥野国土庁長官。
#6
○国務大臣(奥野誠亮君) このたび国土庁長官を拝命いたしました奥野誠亮でございます。
 一言ごあいさつ申し上げます。
 国土行政につきましては、一つには、国民の生活に大きな影響を及ぼしている地価対策及び適正な土地利用の推進、二つには、多極分散型国土づくりを目指す四全総すなわち第四次全国総合開発計画の推進、三つには、東京一極集中是正のための地方振興の推進、四つには、都市再開発プロジェクトの推進などによる大都市圏の整備、五つには、水資源対策の推進、六つには、災害対策の強化などの重要課題が山積しております。私は、これらの課題に対し全力で取り組み、豊かで住みよい国づくり、地域づくりを積極的に進めてまいる所存でございます。
 委員長初め委員各位の御指導、御協力をお願い申し上げまして、私のごあいさつとさせていただきます。(拍手)
#7
○委員長(村沢牧君) 粕谷北海道開発庁長官。
#8
○国務大臣(粕谷茂君) このたび北海道開発庁長官を拝命いたしました粕谷茂でございます。
 御承知のとおり北海道は、我が国において最も開発可能性に富んだ地域であり、我が国が今後も安定的な発展を遂げていくための課題である国土の均衡ある発展に重要な役割を果たすことが期待されております。私は、この北海道の開発推進に全力を尽くしていく所存であります。
 委員長初め委員各位の御指導と御協力を謹んでお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。(拍手)
#9
○委員長(村沢牧君) 次に、古賀建設政務次官、大原国土政務次官及び上草北海道開発政務次官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。古賀建設政務次官。
#10
○説明員(古賀誠君) このたび建設政務次官を拝命いたしました古賀誠でございます。よろしくお願い申し上げます。
 もとより微力ではございますが、越智建設大臣のもとで誠心誠意建設行政の推進のために努力を重ねていくつもりでございますので、委員長初め委員各位の皆様方の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。どうかよろしくお願いいたします。(拍手)
#11
○委員長(村沢牧君) 大原国土政務次官。
#12
○説明員(大原一三君) このたび国土政務次官を
拝命いたしました大原一三でございます。
 微力でございますが、奥野国土庁長官の御指導をいただきながら、国土行政の推進のため全力で取り組んでまいる決意でございます。委員長初め委員各位の御指導、御協力を心からお願い申し上げまして、私のごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。(拍手)
#13
○委員長(村沢牧君) 上草北海道開発政務次官。
#14
○説明員(上草義輝君) このたび北海道開発政務次官を拝命いたしました上草義輝でございます。
 粕谷長官のもとで北海道開発推進のため全力を尽くす決意でございます。委員長初め委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#15
○委員長(村沢牧君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、建設事業及び建設諸計画等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○委員長(村沢牧君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#17
○委員長(村沢牧君) 次に、派遣委員の報告に関する件についてお諮りいたします。
 先般、当委員会が行いました中央自動車道長野線、長岡ニュータウン及び長野県、愛知県下における建設諸事業の実情調査のための委員派遣につきましては、その報告書が提出されておりますので、これを本日の会議録の末尾に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○委員長(村沢牧君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
    ―――――――――――――
#19
○委員長(村沢牧君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 建設事業及び建設諸計画等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○委員長(村沢牧君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○委員長(村沢牧君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時八分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト