くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 参議院 参議院会議録情報 第110回国会 商工委員会 第1号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 参議院

参議院会議録情報 第110回国会 商工委員会 第1号

#1
第110回国会 商工委員会 第1号
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
   午前十時一分開会
    ―――――――――――――
   委員氏名
    委員長         大木  浩君
    理 事         下条進一郎君
    理 事         前田 勲男君
    理 事         福間 知之君
    理 事         市川 正一君
                佐藤栄佐久君
                杉元 恒雄君
                中曽根弘文君
                平井 卓志君
                降矢 敬義君
                松浦 孝治君
                松尾 官平君
                松岡滿壽男君
                向山 一人君
                梶原 敬義君
                小山 一平君
                本岡 昭次君
                伏見 康治君
                矢原 秀男君
                井上  計君
                木本平八郎君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         大木  浩君
    理 事
                下条進一郎君
                前田 勲男君
                福間 知之君
                市川 正一君
    委 員
                中曽根弘文君
                降矢 敬義君
                松浦 孝治君
                松岡滿壽男君
                向山 一人君
                小山 一平君
                本岡 昭次君
                伏見 康治君
                井上  計君
                木本平八郎君
   国務大臣
       通商産業大臣   田村  元君
       国 務 大 臣
       (経済企画庁長
       官)       中尾 栄一君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        野村 静二君
   説明員
       公正取引委員会
       委員長      梅澤 節男君
       経済企画政務次
       官        臼井日出男君
       通商産業政務次
       官        浦野 烋興君
       通商産業政務次
       官        倉田 寛之君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○国政調査に関する件
産業貿易及び経済計画等に関する調査
 (派遣委員の報告)
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(大木浩君) ただいまから商工委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 去る九月十八日、杉元恒雄君が委員を辞任され、その補欠として平井卓志君が選任されました。
 また、去る九月十九日、石井道子君、土屋義彦君が委員を辞任され、その補欠として松浦孝治君、杉元恒雄君がそれぞれ選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(大木浩君) 次に、国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、産業貿易及び経済計画等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(大木浩君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#5
○委員長(大木浩君) この際、通商産業大臣、経済企画庁長官、通商産業政務次官、経済企画政務次官及び公正取引委員会委員長からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。通商産業大臣田村元君。
#6
○国務大臣(田村元君) 引き続き通商産業大臣の重責を担うことになりましたが、心を新たにして任に当たる覚悟でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 省みますれば、昨年七月通商産業大臣を拝命いたしまして以来、内需の拡大、石炭などの産業構造調整、電気、ガスを初めとする円高差益還元等に努力をいたしまして、また対外面では、任期中に延べ十回の海外出張を行い、半導体、ココムなどの個別問題や、ウルグアイ・ラウンドなどのマルチの問題に取り組んでまいりました。これらの問題の中には、今後の課題として引き続き取り組んでいかなければならないものも少なくありません。また、新たな課題も山積しております。このたび図らずも再任されましたからには、これらの諸課題の処理に全力を傾注してまいる所存であります。
 具体的には、第一に世界の為替、金融市場が不安定な動きを見せる中で、国際的な政策協調を図りつつ、我が国経済運営のかじ取りに誤りなきを期さなければなりません。経済協力、資金還流の推進も喫緊の課題であります。
 第二に、前任期のうちに培いました各国との人的つながりを最大限に活用し、ウルグアイ・ラウンドの前進に努めつつ、米欧との通商問題の解決に引き続き努力をいたしてまいりたいと思っております。
 第三に、中央と地方の格差が拡大する中で、活力ある地域経済社会の構築が急務となっております。このため研究情報サービス等、産業の頭脳部分の地方分散を推進する地域活性化対策の実現を図る所存であります。
 第四に、技術立国を目指す我が国としては、今後基礎的、先導的な研究開発の強化を図るとともに、研究開発を通じた国際的貢献を果たすことが強く求められております。このため基礎的、先導的分野における研究開発に不可欠な実験施設を国のイニシアチブで整備するなど、総合的な産業技術研究開発を促進してまいりたいと思っております。さらには、我が国経済の活力の源泉であります中小企業の健全な発展、ペルシャ湾情勢が緊迫化する中での大局的な観点からの資源エネルギー政策の推進等にも全力を挙げて取り組んでまいる所存であります。
 今後とも委員各位の御意見を十分拝聴いたしまして、通商産業行政の推進に努めてまいりますので、引き続き御指導並びに御協力をいただきますように心からお願いを申し上げましてごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いします。(拍手)
#7
○委員長(大木浩君) 次に、経済企画庁長官中尾栄一君。
#8
○国務大臣(中尾栄一君) このたび経済企画庁長官を拝命いたしました中尾栄一でございます。至って浅学非才、至りませんが、どうかひとつ諸先生方の御教導、御協力のほどを心からお願いを申し上げたいと存ずる次第でございます。
 このたび、私、経済企画庁長官に就任いたしました。我が国の経済の現状を見ますると、個人消費、住宅建設等を中心に景気は着実に回復しております。また、経常収支の黒字幅は基調としては縮小をしております。他方、世界経済はこのところ緩やかながらも息の長い景気拡大が続いておりますが、アメリカの財政赤字、主要国の対外不均衡、発展途上国の累積債務等、世界経済が抱えている問題も数多く残されております。さらに最近の株価の変動等が世界経済全体に及ぼす影響を注視していく必要がございます。こうした中で、私は、今後の経済運営につきましては、物価の安定、円レートの安定化に留意をしながら内需主導の持続的成長を図るとともに、世界経済の成長と安定への積極的な貢献及び調和ある対外関係の形成に努め、国民生活の安定と向上を図ることを基本といたす所存でございます。
 さきに述べました最近の株価、為替の変動など内外の経済情勢は目まぐるしく変化しておりますけれども、私は、経済運営のかじ取り役として幅広い視野に立った適切な経済運営を行うため、全力を尽くしてまいる所存でございます。よろしく御支援、御鞭撻のほどをこいねがうものでございます。ありがとうございました。(拍手)
#9
○委員長(大木浩君) 次に、通商産業政務次官浦野烋興君。
#10
○説明員(浦野烋興君) このたび通産政務次官を拝命いたしました浦野であります。田村大臣を補佐いたしまして、微力ではありますけれども、倉田次官ともどもに通産行政遂行のために努力する所存でございます。
 委員長を初め、委員各位の御指導、御支援をよろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。(拍手)
#11
○委員長(大木浩君) 同じく通商産業政務次官倉田寛之君。
#12
○説明員(倉田寛之君) このたび通商産業政務次官を拝命いたしました倉田寛之でございます。浦野政務次官ともども通商産業政務次官を仰せつかりました。
 田村大臣のもと、通商産業行政に全力を傾注してまいりますので、委員長並びに委員各位から一層の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げましてごあいさつといたします。(拍手)
#13
○委員長(大木浩君) 次に、経済企画政務次官臼井日出男君。
#14
○説明員(臼井日出男君) このたび経済企画政務次官を仰せつかりました臼井日出男でございます。中尾長官を補佐いたしまして我が国の一層の経済発展、国民の生活の安定向上に努力をいたす覚悟でございます。
 委員長初め、委員各位の一層の御指導を心からお願いいたしましてごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
#15
○委員長(大木浩君) 次に、公正取引委員会委員長梅澤節男君。
#16
○説明員(梅澤節男君) 委員長のお許しを賜りまして一言ごあいさつを申し上げます。
 先般、公正取引委員会委員長を拝命いたしました梅澤節男でございます。今日、我が国を取り巻く経済環境の変化は著しいものがございますが、このような折から、本職を仰せつかりました責任の重大さを痛感し、新任務に全力を尽くす所存でございます。
 今後、委員長、各委員諸先生方の御鞭撻、御支援を賜りまして、その職責を果たしたいと存じます。何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
#17
○委員長(大木浩君) 次に、産業貿易及び経済計画等に関する調査を議題といたします。
 本委員会が先般行いました委員派遣について、派遣委員の報告を聴取いたします。福間君。
#18
○福間知之君 地域経済及び産業活動等の実情に関する調査のため、去る十月十二日から十四日まで三日間にわたって行われた委員派遣について御報告申し上げます。
 派遣委員は、大木委員長、前田理事、市川理事、杉元委員、降矢委員、小山委員、井上委員、木本委員と私、福間の九名で、日程は、十月十二日、金沢市の石川地場産業振興センターにおいて石川県から経済概況説明を聴取した後、同センター、石川県工業試験場及び澁谷工業株式会社を視察し、次いで、株式会社ソディックにおいて大阪通商産業局から管内概況説明を聴取した後、同社福井工場を視察し、宿舎のホテル会議室で福井県から経済概況説明を聴取いたしました。翌十三日は、福井市の福井県産業振興会館において日本めがね展を、京都市で株式会社ワコール本社を視察した後、名古屋市のホテル会議室で名古屋通商産業局、愛知県から管内概況、財団法人世界デザイン博覧会協会から博覧会の計画の概要説明を聴取し、意見の交換等を行いました。十四日は、財団法人ファインセラミックスセンター、日本特殊陶業株式会社及び三菱重工業株式会社名古屋航空機製作所小牧南工場を順次視察いたしました。
 以下、日程の順序に従って、視察先の概要について申し上げます。
 まず、石川県の経済概況でありますが、同県は中小企業比率の高い県で、繊維工業と機械金属工業が基幹産業となっており、この二つの業種で従業員数、製品出荷額とも県内の七〇%を占めております。また、国の伝統工芸品産業の指定が加賀友禅、九谷焼、輪島塗など八業種あります。同県は、現在技術立県を旧指し、産業構造の転換、ハイテクパーク構想の推進を県政の中核に据え、我々が視察した工業試験場、地場産業振興センターのほか繊維会館、鉄工会館などを金沢港の付近に昭和五十六年から一体的、機能的に配置し、先端産業技術の頭脳と情報の集積を図っており、五十八年に制定した先端産業誘致条例がハイテク工場の誘致に大きな実績を上げているとの説明がありました。
 次に、澁谷工業は、金沢市に本社を置くビール等の瓶詰プラントのトップメーカーでありますが、現在は他に自動包装システム、レーザー加工機、水圧切断機等の分野まで手がけております。同社は、昭和二十八年には、従業員三十人ほどの酒造用の築炉を専業とする小企業だったのが、その後ボトリングシステムの製造が主体となり、昭和三十九年には研究開発型企業として名古屋中小企業投資育成会社の投資第一号企業に選定され、現在では従業員一千人、東証、名証の一部上場企業にまで急成長した会社であります。会社の説明では、投資育成会社の投資企業に決定されたことにより、将来の上場を目指して社員の士気が大いに上がり、金融機関からの信用も高まって、会社転身のステップとなったとのことでした。
 次に、大阪通産局の管内概況は、内需は住宅建設、公共投資、個人消費がいずれも順調であり、輸出は引き続き減少しているものの最近は下げどまりの動きが見られ、業種間にばらつきはあるが、景気全体としては緩やかな回復基調となっております。近畿経済は、産業構造面で輸出依存度が高く、NICSからの追い上げに直面している業種が多く、かつ中小企業のウエートが高い等円高の影響を受けやすい体質を有しているので、当面する課題としては、二百四十円時代の体質から百四十円時代の体質へと転換を図ることと、もう一つは、東京圏への経済集中傾向で地盤沈下の著しい関西経済の再活生化を図ることの二点が挙げられるとの説明でした。
 次に、福井県の説明によりますと、同県は中小企業オンリーの県であり、繊維工業と電機部品製造業が県の二大産業となっておりますが、繊維製品は主力の合繊織物が途上国に追い上げられ、この八月から最後の廃棄事業といわれる合繊織機の設備廃棄三カ年計画による設備破砕を実施中であるとのことでした。
 なお同県からは国に対する要望として、高速交
通網整備のため、一、北陸新幹線の早期建設と福井駅周辺の高架連続立体交差の認可、二、福井空港の滑走路延長によるジェット化、三、敦賀―舞鶴間の自動車道の整備の三点が寄せられました。
 次に、ソディックは、本社を横浜市、主力工場を福井県、石川県に置く放電加工機メーカーであります。NC型彫り放電加工機、NCワイヤ放電加工機等ミクロの加工精度を追求したオリジナル製品を研究開発し、精密機械、電機、自動車など多くの産業で幅広く使われており、型彫り加工機ではトップメーカーとなっているとの会社の説明でした。なお、同社は昭和五十五年には発明功労賞を、五十八年には機械振興協会賞を受賞しております。
 次に、日本めがね展88は、福井県眼鏡協会の主催で、「内需拡大への活性化」をメーンテーマに十月十三日から開催されました。我が国の眼鏡フレームは、鯖江市を中心に福井産地でその九五%が生産されております。眼鏡業界は、円高による輸出の低迷により厳しい環境下にありましたが、一方で消費者ニーズの多様化、ファッション化、短サイクル化等により内需は活況を呈しており、デザイン開発、新素材導入等により今後とも新商品開発に一層積極的に取り組んでいきたいとのことでした。
 次に、ワコールは、婦人下着のトップメーカーで、高級品志向策によるブランドイメージで高収益を維持し、急成長を続けてきた企業であります。同社では、会社の沿革とそのユニークな経営戦略、海外進出の状況等についての説明がありました。同社は、調査研究部門に特に力を注ぎ、女性の体形についての基礎データを集積して科学的分析を加え、これを製品開発のべースに、形状記憶合金使用のブラジャー等新しい需要を次々と開拓してまいりましたが、下着市場は既に成熟期を迎えているので、現在は外着、ネグリジェ、ボディーローション等も手がけ、製品の多角化を進めているとのことでした。
 次は、名古屋通産局の管内概況であります。昨年の秋、我々が新城下町法案の審査に当たり、東海三県の中小企業等を実地調査した際には、当地域は円高不況の真っただ中にあり、各業界から異口同音に当時の百五十円という円高に対する慣りの声と悲鳴を耳にしてきたのでありますが、その後一年、今回は景況はかなりさま変わりしておりました。業種によっては企業間の格差の拡大が見られ、また産地の一部にはなお厳しさが残っているとはいうものの、全般的に見れば最近は個人消費の堅調、設備投資の回復など内需が活況を呈し、輸出も西欧や東南アジア向けが好調で、生産活動も上昇傾向にあり、雇用環境も東海地区では有効求人倍率が一に近づく等、景気は改善の兆しがうかがわれます。この中で卸売物価は、 一部の建築材料や金属材料の値上がりなどから強含みであり、今後の動向を注視する必要があるとの説明でした。
 次に、愛知県からは、今回の四全総では、地域の役割として、「名古屋圏は、工業生産機能の高い集積を活用し、航空宇宙、ファインセラミックスを初めとする先導的分野における産業技術の中枢圏域を形成する。」と位置づけられている。しかるに、国の試験研究機関の七割が関東に集中している現状なので、名古屋圏にもっと国立研究機関の設置を、当面は現在設立準備が進められている超電導工学研究所の名古屋支所設置を実現されたいとの要望がありました。
 続いて、世界デザイン博覧会協会から、昭和六十四年に名古屋市制百周年記念事業として開催されるデザイン博の構想についての説明を聴取いたしました。協会からは、この年は名古屋の世界デザイン会議、大阪の国際デザインフェスティバル等も予定されており、六十四年を全国的なデザイン・イヤーとして機運を盛り上げてほしいとの要望がありました。
 これに対し、大木委員長を中心に各委員から、「世界でも初めてのデザイン博なので成功させるよう協力したい。また、超電導研究所やデザイン・イヤーの問題は政府も前向きに取り組んでいるので支援したい。」との見解が述べられました。
 次に、ファインセラミックスセンターは、セラミックス産業の集積度の高い名古屋地区に技術基盤の整備による同製品の品質向上を目的に最近創設された民間主導の研究施設であります。同センターは、今後研究開発の推進、中小企業向け事業、国際交流事業等を中心に積極的に事業を進めていくこととしているとの説明がありました。
 次に、日本特殊陶業は、スパークプラグとニューセラミックスのメーカーで、売り上げは両者が約半分ずつを占めております。プラグの国内シェアは六〇%を超え、世界第二位の力を持ち、他にICパッケージ、センサー等を製造しています。業績は、昭和五十九年はICのブームで空前の活況でしたが、六十年から円高とICの不況で二年連続減益となりました。しかし、今年は円高にもかかわらず米国向けを主体にICパッケージが急伸し、操業率上昇効果が大きく、再び増益の見通しであるとの説明でした。
 次に、三菱重工名古屋航空機製作所は、我が国でも数少ない本格的な航空宇宙分野の製作所として、F1支援戦闘機、CCV研究機、MU300ビジネスジェット機及び宇宙機器等を製作しております。小牧南工場は、名古屋空港に隣接し、格納庫を六棟有し、航空機機体の組み立て、修理作業等を行っております。航空機製造技術の日米比較についての我々の質問に答え、会社からは、FSXより大きい機体、エンジンとなるとまだ米国に及ばない点があるが、小型機の技術ならば米国に劣らないと、防衛庁に自信を持って答えているとの説明がありました。
 視察先の概要は以上でありますが、今回の現地調査を通じての同僚委員の印象として、「大変勉強になった。これだけの円高の中にあって、各地域で景況は明るさを取り戻しつつあるとの説明を聞き、日本の産業、各企業が厳しい環境の中から技術開発、内需志向、合理化等によって環境に適応しつつ活路を開いている姿を見て、その頑張りと底力、柔軟さ等に感銘を受けてきた、しかしこれを米国の側から見れば、円高で息の音をとめたと思った日本経済が、すぐにこれを乗り越えて立ち直ってくるしぶとさ、したたかさに一層不気味なものを感じるのではないだろうか。米国が今後どのような手を打つてくるのか懸念されるが、我が国はその持てる技術力、成長力が輸出ばかりに集中して向かうことのないよう、国民の生活水準向上に通ずる一層の内需拡大に努めなければならないのではないか。」との感想が述べられたことを御紹介しておきます。
 最後に、今回の現地調査に当たり、御協力をいただきました大阪通産局、名古屋通産局を初め各県、各企業等の関係者の皆様に厚く御礼を申し上げまして、報告を終わります。
#19
○委員長(大木浩君) 以上で派遣委員の報告は終了いたしました。
#20
○委員長(大木浩君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 産業貿易及び経済計画等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○委員長(大木浩君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○委員長(大木浩君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
#23
○委員長(大木浩君) 次に、委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#24
○委員長(大木浩君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいいたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト