くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第110回国会 石炭対策特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第110回国会 石炭対策特別委員会 第2号

#1
第110回国会 石炭対策特別委員会 第2号
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
    午後二時三十一分開議
出席委員
  委員長 竹内 黎一君
  委員長 福島 譲二君
   理事 麻生 太郎君 理事 金子原二郎君
   理事 野田  毅君 理事 渡辺 省一君
   理事 中西 績介君 理事 藤原 房雄君
   理事 小渕 正義君
      魚住 汎英君    尾形 智矩君
      北村 直人君    自見庄三郎君
      鳩山由紀夫君    岡田 利春君
      中沢 健次君    細谷 治嘉君
      鍛冶  清君    吉井 光照君
      青山  丘君    児玉 健次君
 出席国務大臣
        通商産業大臣  田村  元君
        労 働 大 臣 中村 太郎君
 委員外の出席者
        通商産業政務次
        官       浦野 烋興君
        通商産業政務次
        官       倉田 寛之君
        通商産業省立地
        公害局長    安楽 隆二君
        資源エネルギー
        庁長官     浜岡 平一君
        資源エネルギー
        庁石炭部長   鈴木 英夫君
        労働政務次官  浦田  勝君
        労働省職業安定
        局高齢者対策部
        長       竹村  毅君
        商工委員会調査
        室長      倉田 雅広君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月十日
 辞任         補欠選任
  上草 義輝君     北村 直人君
  久間 章生君     福島 譲二君
  古賀  誠君     渡辺 省一君
  三原 朝彦君     魚住 汎英君
同日
 辞任         補欠選任
  魚住 汎英君     三原 朝彦君
同日
 竹内黎一君委員長辞任につき、その補欠として
 福島譲二君が委員長に当選した。
同日
 理事古賀誠君同日委員辞任につき、その補欠と
 して渡辺省一君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長の辞任及び互選
 理事の補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○野田委員長代理 これより会議を開きます。
 委員長の指名によりまして、私が委員長の職務を行います。
 お諮りいたします。
 委員長竹内黎一君より、委員長を辞任いたしたい旨の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○野田委員長代理 御異議なしと認め、辞任を許可することに決しました。
 これより委員長の互選を行います。
#4
○金子(原)委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、福島譲二君を委員長に推薦いたします。
#5
○野田委員長代理 ただいまの金子原二郎君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○野田委員長代理 御異議なしと認めます。よって、福島譲二君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長に本席を譲ります。
    〔福島委員長、委員長席に着く〕
#7
○福島委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、石炭対策特別委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。
 石炭を取り巻く諸情勢は厳しさを増すばかりであり、特に、急激な円高や需要の低迷など国内外の経済情勢の著しい変動の中で、石炭鉱業や産炭地域は大変困難な状況に直面しております。
 本年は、このような厳しい状況下で策定された第八次石炭政策の初年度でもあり、大変重要な時期に当たっており、石炭対策の樹立を使命とする本委員会の責任もまたより重大であろうと存じます。
 幸いにして、委員各位におかれましては石炭政策に御造詣の深い方々ばかりでございますので、御支援、御協力を賜りまして、円滑な委員会運営に努めてまいる所存であります。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#8
○福島委員長 これより理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い、現在理事が一名欠員になっております。この補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○福島委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、渡辺省一君を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#10
○福島委員長 この際、田村通商産業大臣及び中村労働大臣から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。田村通商産業大臣。
#11
○田村国務大臣 引き続き通商産業大臣の重責を担うことになりましたが、心を新たにして任に当たる覚悟でございます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
 顧みますと、昨年七月に通商産業大臣を拝命いたしまして以来、石炭問題につきましては、昨年秋の第八次石炭政策の策定に始まって、これを受けた需給両面にわたる各般の対策の実施並びに高島炭鉱、砂川炭鉱及び先般の北炭真谷地炭鉱の閉山についての諸対策等に文字どおり心血を注いで取り組んでまいりました。
 私といたしましては、これまで同様、第八次石炭政策の推進に全力を挙げて取り組んでまいると同時に、鉱害対策等についても遺漏なきを期してまいる所存であります。
 とりわけ、炭鉱の閉山、大幅減産により影響を受ける産炭地域につきましては、関係省庁、地元自治体とも連携をとりつつ、地域再生に向けて各般の支援を行ってまいりたいと考えております。
 今後とも、委員各位の御意見を十分拝聴いたしまして、石炭行政の推進に努めてまいる所存でございますので、引き続き御指導並びに御協力をいただきますようお願い申し上げます。
 簡単ではございますが、私のごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。(拍手)
#12
○福島委員長 次に、中村労働大臣。
#13
○中村国務大臣 このたび労働大臣に就任いたしました中村太郎でございます。
 石炭対策特別委員会の開催に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 今日、石炭鉱業は厳しい環境のもとに置かれており、第八次石炭政策に基づいて生産規模の縮小が図られ、これに伴い多数の離職者が発生している状況にあります。離職者の再就職をめぐる環境には大変厳しいものがありますが、私は、石炭政策のかぎは離職者対策にあるとの認識に立ちまして、全力を挙げて取り組んでまいりたいと考えております。
 また、労働行政に密接なかかわりを持つ産炭地の振興問題等の重要な課題についても努力してまいる所存であります。
 委員長初め委員各位の一層の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、就任のごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
#14
○福島委員長 次に、浦野通商産業政務次官、倉田通商産業政務次官及び浦田労働政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。浦野通商産業政務次官。
#15
○浦野説明員 このたび通商産業政務次官を拝命いたしました浦野であります。
 田村大臣を補佐いたしまして、微力でありますが、倉田政務次官ともどもに石炭政策の遂行に努力する決意でございます。
 委員長初め委員各位の御指導と御鞭撻をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
#16
○福島委員長 次に、倉田通商産業政務次官。
#17
○倉田説明員 このたび通商産業政務次官を拝命いたしました倉田寛之でございます。浦野政務次富ともども通商産業政務次官を仰せつかりました。
 田村大臣のもと、石炭政策に全力を傾注してまいりますので、委員長並びに委員各位におかれましては一層の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつといたします。(拍手)
#18
○福島委員長 次に、浦田労働政務次官。
#19
○浦田説明員 本日、労働政務次官を拝命いたしました浦田勝であります。
 労働行政の厳しい環境にあることはただいま大臣から申されたとおりでありまして、わけても、石炭産業の不況は憂慮すべき事態でございます。このようなときに当たりまして、甚だ微力でありますけれども、中村大臣のもとで全力を尽くしてまいる所存でございます。
 御列席の委員長を初め委員各位におかれましては何とぞよろしく御指導、御鞭撻を賜りますようにお願いを申し上げ、就任のごあいさつにかえさせていただきます。(拍手)
     ――――◇―――――
#20
○福島委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 石炭対策に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○福島委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、派遣委員の人選、派遣期間等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○福島委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中審査のため、委員会において参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、出席を求めることとし、その人選及び出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○福島委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後二時四十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト