くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第110回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第110回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号

#1
第110回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
    午後二時三分開議
出席委員
  委員長 森   清君
   理事 鹿野 道彦君 理事 片岡 清一君
   理事 塩崎  潤君 理事 山崎  拓君
   理事 佐藤 観樹君 理事 伏木 和雄君
   理事 岡田 正勝君
      左藤  恵君    武部  勤君
      戸塚 進也君    角屋堅次郎君
      堀  昌雄君    山花 貞夫君
      中村  巖君    松本 善明君
 出席国務大臣
        自 治 大 臣 梶山 静六君
 委員外の出席者
        自治省行政局選
        挙部長     浅野大三郎君
        自治省行政局選
        挙部選挙課長  田中 宗孝君
        自治省行政局選
        挙部管理課長  岩崎 忠夫君
        自治省行政局選
        挙部政治資金課
        長       太田 勝利君
        特別委員会第二
        調査室長    岩田  脩君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月六日
 辞任         補欠選任
  奥野 誠亮君     武部  勤君
同月十日
 辞任         補欠選任
  甘利  明君     森   清君
  小泉純一郎君     塩崎  潤君
  武部  勤君     鹿野 道彦君
同日
 辞任         補欠選任
  友納 武人君     甘利  明君
同日
 友納武人君委員長辞任につき、その補欠として
 森清君が委員長に当選した。
同日
 理事奥野誠亮君同月六日委員辞任につき、その
 補欠として鹿野道彦君が理事に当選した。
同日
 理事小泉純一郎君同日委員辞任につき、その補
 欠として塩崎潤君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長の辞任及び互選
 理事の補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○片岡(清)委員長代理 これより会議を開きます。
 委員長の指名によりまして、私が委員長の職務を行います。
 お諮りいたします。
 本日、委員長友納武人君より、委員長を辞任いたしたいとの申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○片岡(清)委員長代理 御異議なしと認め、辞任を許可することに決しました。
 これより、委員長の互選を行います。
#4
○佐藤(観)委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、森清君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
#5
○片岡(清)委員長代理 ただいまの佐藤観樹君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○片岡(清)委員長代理 御異議なしと認めます。よって、森清君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長森清君に本席を譲ります。
    〔森委員長、委員長席に着く〕
#7
○森委員長 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、本委員会の委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。
 御承知のとおり、議会制民主主義の根幹をなす選挙制度については、種々の問題が提起されております。特に、衆議院議員の定数是正、政治資金に関する問題などにつきましては、いろいろと御議論、御意見が出されております。
 本委員会に課せられた使命にかんがみ、その職責の重大さを痛感している次第であります。
 幸いにして、委員各位におかれましては、練達堪能な諸先生ばかりでありますので、皆様の御指導、御鞭撻を賜り、誠心誠意、円満なる委員会運営に努める所存でありますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#8
○森委員長 それでは、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い、現在理事が二名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○森委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      鹿野 道彦君    塩崎  潤君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#10
○森委員長 この際、自治大臣から発言を求められておりますので、これを許します。自治大臣梶山静六君。
#11
○梶山国務大臣 このたび自治大臣に就任いたしました梶山静六でございます。
 選挙の関係につきましては、当委員会の皆様方にはかねてから格別の御高配にあずかっておることに対しまして、この機会に厚く御礼を申し上げます。
 申すまでもなく、選挙は民主政治の基盤をなすものであります。
 民主政治の健全な発展を期するためには、常に国民の政治意識の涵養に努めますとともに、公正かつ明るい選挙の実現に積極的に努力してまいらなければならないと存じております。
 私といたしましては、その職責の重要さを痛感いたしまして、最大限の努力を傾注してまいる所存でございますので、委員各位におかれましては、何とぞ御指導、御協力のほどよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#12
○森委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 公職選挙法改正に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○森委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中の委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、審査のため委員派遣の必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○森委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 なお、派遣委員の人選、員数、派遣地、期間、その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○森委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後二時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト