くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第110回国会 議院運営委員会 第2号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第110回国会 議院運営委員会 第2号

#1
第110回国会 議院運営委員会 第2号
十一月六日
 越智伊平君が委員長を辞任した。
同月十日
 三塚博君が議院において委員長に補欠選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
    正午開議
出席委員
  委員長 三塚  博君
   理事 石井  一君 理事 田名部匡省君
   理事 糸山英太郎君 理事 村岡 兼造君
   理事 原田昇左右君 理事 桜井  新君
   理事 小杉  隆君 理事 大島 理森君
   理事 清水  勇君 理事 阿部未喜男君
   理事 近江巳記夫君 理事 中野 寛成君
      甘利  明君    井上 喜一君
      江口 一雄君    鴻池 祥肇君
      自見庄三郎君    谷垣 禎一君
      中山 成彬君    鳩山由紀夫君
      二田 孝治君    中村 正男君
      山下八洲夫君    鳥居 一雄君
      日笠 勝之君    田中 慶秋君
      東中 光雄君
 委員外の出席者
        議     長 原 健三郎君
        副  議  長 多賀谷真稔君
        議     員 越智 伊平君
        事 務 総 長 弥富啓之助君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月六日
 辞任         補欠選任
  越智 伊平君     片岡 武司君
同月十日
 辞任         補欠選任
  甘利  明君     石渡 照久君
  石井  一君     村岡 兼造君
  糸山英太郎君     小杉  隆君
  片岡 武司君     三塚  博君
  北口  博君     原田昇左右君
  高村 正彦君     大島 理森君
  田名部匡省君     桜井  新君
  三原 朝彦君     鳩山由紀夫君
同日
 辞任         補欠選任
  鳩山由紀夫君     三原 朝彦君
同日
 理事石井一君、田名部匡省君、北口博君、糸山
 英太郎君及び高村正彦君同日委員辞任につき、
 その補欠として村岡兼造君、原田昇左右君、桜
 井新君、小杉隆君及び大島理森君が委員長の指
 名で理事に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 内閣委員長外十六常任委員長辞任の件
 議院運営委員長外十七常任委員長の選挙の件
 特別委員会設置の件
 原子力委員会委員任命につき事後の承認を求め
 るの件
 議員大西正男君逝去につき追悼演説の件
 永年在職議員として表彰された元議員西村英一
 君逝去につき弔詞贈呈報告の件
 三塚委員長の就任挨拶
 越智前委員長の辞任挨拶
 清水委員の祝辞及び謝辞
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○石井(一)委員長代理 これより会議を開きます。
 去る六日、越智委員長が辞任されましたので、後任の委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行うことになりましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#3
○石井(一)委員長代理 まず、常任委員長辞任の件についてでありますが、本日、議院運営委員長を除く内閣委員長外十六常任委員長から辞任願が提出されました。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○石井(一)委員長代理 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○石井(一)委員長代理 次に、常任委員長の選挙の件についてでありますが、ただいま御決定願いました十七常任委員長の辞任が本会議において許可されましたならば、引き続き議院運営委員長も含めた十八常任委員長の選挙を行うこととし、この選挙は、その手続を省略して、議長において指名することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○石井(一)委員長代理 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、後任の候補者として、お手元の印刷物にあります諸君を自由民主党から推薦してまいっております。
    ―――――――――――――
   常任委員長候補者
        議院運営委員長 三塚  博君
        内閣委員長   竹中 修一君
        地方行政委員長 松本 十郎君
        法務委員長   相沢 英之君
        外務委員長   糸山英太郎君
        大蔵委員長   越智 通雄君
        文教委員長   中村  靖君
        社会労働委員長 稲垣 実男君
        農林水産委員長 菊池福治郎君
        商工委員長   渡辺 秀央君
        運輸委員長   関谷 勝嗣君
        逓信委員長   塚原 俊平君
        建設委員長   中村喜四郎君
        科学技術委員長 大坪健一郎君
        環境委員長   吹田  ナ君
        予算委員長   浜田 幸一君
        決算委員長   野中 英二君
        懲罰委員長   渡辺 栄一君
    ―――――――――――――
#7
○石井(一)委員長代理 次に、特別委員会設置の件についてでありますが、土地問題及び国土の利用に関する対策を樹立するため委員四十人よりなる土地問題等に関する特別委員会を設置することとし、本日の本会議においてその設置を議決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○石井(一)委員長代理 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、本特別委員会委員の各会派割り当て数は、自由民主党二十四人、日本社会党・護憲共同七人、公明党・国民会議五人、民社党・民主連合二人、日本共産党・革新共同二人となります。
    ―――――――――――――
#9
○石井(一)委員長代理 次に、原子力委員会委員任命につき事後の承認を求めるの件についてでありますが、原子力委員会委員中江要介君の閉会中の任命について、内閣から本院の事後の承認を求めてまいっております。
    ―――――――――――――
 一、原子力委員会委員任命につき事後の承認を求めるの件
   中江 要介君 六二、一〇、二七任命
    ―――――――――――――
#10
○石井(一)委員長代理 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○石井(一)委員長代理 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#12
○石井(一)委員長代理 次に、議員大西正男君逝去の件についてでありますが、去る九月十八日、高知県選出議員大西正男君が逝去されました。
 ここに謹んで哀悼の意を表します。
 大西君に対する追悼演説は、本日の本会議において行うこととし、演説者は、日本社会党・護憲共同の井上泉君にお願いいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○石井(一)委員長代理 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、大西君に対する弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの弔詞を、理事各位の御了承を得まして、葬儀当日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
 衆議院は 多年憲政のために尽力し さきに地方行政委員長の要職につき また国務大臣の重任にあたられた議員正三位勲一等大西正男君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
#14
○石井(一)委員長代理 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。
    ―――――――――――――
#15
○石井(一)委員長代理 次に、元議員西村英一君逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、去る九月十五日、永年在職議員として表彰された元議員西村英一君が逝去されました。
 ここに謹んで哀悼の意を表します。
 弔詞につきましては、お手元の印臓物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、葬儀当日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
 衆議院は 多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され さきに建設委員長地方行政委員長の要職につき またしばしば国務大臣の重任にあたられ終始政党政治の進展につとめられた元自由民主党副総裁前衆議院議員従二位勲一等西村英一君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
#16
○石井(一)委員長代理 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。
 なお、本日の本会議において、議長がそれぞれ弔詞を朗読される際、議員の方は御起立を願うことになっております。
    ―――――――――――――
#17
○石井(一)委員長代理 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#18
○弥富事務総長 まず最初に、各常任委員長辞任の件についてお諮りをいたします。
 本件が許可されましたところで、既に欠員となっております議院運営委員長の選挙とあわせまして各常任委員長の選挙を行います。この選挙は、動議により、その手続を省略、議長指名でございます。
 次に、ただいまお決めをいただきました特別委員会の設置についてお諮りをいたします。これは全会一致であります。
 次に、原子力委員会委員任命につき事後の承認を求めるの件をお諮りをいたします。共産党が反対でございます。
 次に、議長から、故議員大西正男先生に対する弔詞贈呈の報告があり、弔詞を朗読されます。次いで井上泉さんの追悼演説がございます。
 次に、議長から、永年在職議員として表彰された故元議員西村英一先生に対する弔詞贈呈の報告があり、弔詞を朗読されます。
 本日の議事は、以上でございます。
#19
○石井(一)委員長代理 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
 この際、暫時休憩いたします。
    午後零時六分休憩
     ――――◇―――――
    午後一時三十分開議
#20
○三塚委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、不肖私が図らずも議院運営委員長に選任され、その重責を担うことになりました。まことに光栄に存じますとともに、その責任の重大さを痛感いたしております。
 私は、まことに非力非才でございますが、今後、議長、副議長の特段の御鞭撻と、国会運営に経験豊かな皆様方の御協力によりまして、当委員会の円満な運営を図ってまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。
 簡単ではございますが、就任のごあいさつといたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#21
○三塚委員長 この際、越智前委員長から発言を求められております。これを許します。越智伊平君。
#22
○越智前議院運営委員長 お許しをいただきまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。
 私、昨年七月に議院運営委員長に選任されまして以来一年有余、在任中は大過なく何とかその職責を果たすことができました。これはひとえに議長、副議長の格別の御指導と、理事並びに委員各位の御協力のたまものでございまして、この機会に衷心より感謝の意を表し、厚く御礼を申し上げます。
 今回、図らずも建設大臣に就任いたしました。今後とも皆様方のお世話になることが多々あると存じますが、よろしく御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げます。
 簡単ではありますが、御礼のごあいさつにかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
    ―――――――――――――
#23
○三塚委員長 次に、清水勇君から発言を求められております。清水勇君。
#24
○清水委員 甚だ僭越ではありますが、委員各位のお許しを得まして、一同を代表して、前委員長並びに新委員長に対しまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 越智前委員長は、昨年七月に委員長に御就任以来約一年四カ月、その円満で誠実なお人柄と強い信念をもって、終始当委員会の円滑かつ公平な運営と国会の権威の向上に尽力されました。我々一同深く敬意を表するとともに、その御労苦に対し深甚なる謝意を表するものであります。
 今般、委員長を辞任され、建設大臣に御就任になられました。我々一同心からお喜び申し上げる次第であります。
 今後まずまずの御活躍と御発展を心からお祈りするとともに、当委員会に対しまして一層の御理解と御協力をお願い申し上げる次第であります。
 また、このたび新たに委員長に御就任になられた三塚委員長は、かつて当委員会の理事として活躍され、また運輸大臣を歴任される等、国会運営に豊富な経験と高い見識をお持ちの方でございます。今回、衆望を担い、国会運営の中心であります議院運営委員長に御就任になられましたことは、まことに御同慶にたえません。
 国会の正常な運営を通して議会制民主主義の発展にさらに努めなければならない当委員会といたしまして、三塚委員長のような練達有能な方をお迎えできましたことは、まことにその人を得たものと一同期待しております。ここに、委員長の一層の御指導と御鞭撻をお願い申し上げる次第であります。
 簡単ではありますが、新委員長にお祝いを申し上げますとともに、前委員長に対しまして感謝の意を表しまして、ごあいさつといたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#25
○三塚委員長 次に、理事の辞任並びに補欠選任についてでありますが、本日、理事石井一君、岡田名部匡省君、同北口博君、同糸山英太郎君及び同高村正彦君が、それぞれ委員を辞任されました。よって、委員長は、後任の理事に
      村岡 兼造君    原田昇左右君
      桜井  新君    小杉  隆君
   及び 大島 理森君
を指名いたしましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#26
○三塚委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、明十一日水曜日は会期最終日でありますので、公報には午前十時と掲載いたします。
 また、同日午前九時三十分理事会、午前九時五十分委員会と掲載いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時三十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト