くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第110回国会 予算委員会 第1号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第110回国会 予算委員会 第1号

#1
第110回国会 予算委員会 第1号
本国会召集日(昭和六十二年十一月六日)(金曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次のと
おりである。
  委員長 砂田 重民君
   理事 今井  勇君 理事 野田  毅君
   理事 浜田 幸一君 理事 林  義郎君
   理事 吹田  ナ君 理事 上田  哲君
   理事 川俣健二郎君 理事 池田 克也君
   理事 吉田 之久君
      相沢 英之君    愛野興一郎君
      伊藤宗一郎君    宇野 宗佑君
      上村千一郎君   小此木彦三郎君
      小渕 恵三君    越智 通雄君
      奥野 誠亮君    海部 俊樹君
      小坂徳三郎君    左藤  恵君
      桜井  新君    志賀  節君
      田中 龍夫君    西岡 武夫君
      原田  憲君    福島 譲二君
      細田 吉藏君    松野 幸泰君
      武藤 嘉文君    村田敬次郎君
      村山 達雄君    山下 元利君
      井上 一成君    井上 普方君
      加藤 万吉君    川崎 寛治君
      菅  直人君    嶋崎  譲君
      細谷 治嘉君    大久保直彦君
      坂口  力君    水谷  弘君
      宮地 正介君    木下敬之助君
      楢崎弥之助君    岡崎万寿秀君
      金子 満広君    不破 哲三君
    ―――――――――――――
十一月十日
 砂田重民君委員長辞任につき、その補欠として
 浜田幸一君が議院において委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
    午後一時三十二分開議
出席委員
  委員長 浜田 幸一君
   理事 奥田 敬和君 理事 野田  毅君
   理事 宮下 創平君 理事 山下 徳夫君
   理事 川俣健二郎君 理事 池田 克也君
   理事 吉田 之久君
      池田 行彦君    上村千一郎君
      海部 俊樹君    倉成  正君
      後藤田正晴君    左藤  恵君
      佐藤 信二君    砂田 重民君
      西岡 武夫君    原田  憲君
      細田 吉藏君    武藤 嘉文君
      村田敬次郎君    村山 達雄君
      井上 一成君    加藤 万吉君
      川崎 寛治君    菅  直人君
      細谷 治嘉君    坂口  力君
      水谷  弘君    木下敬之助君
      岩佐 恵美君    岡崎万寿秀君
      矢島 恒夫君
 委員外の出席者
        予算委員会調査
        室長      右田健次郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月六月
 辞任         補欠選任
  伊藤宗一郎君     山下 徳夫君
  宇野 宗佑君     倉成  正看
  小渕 恵三君     橋本龍太郎君
  奥野 誠亮君     奥田 敬和君
同月十日
 辞任         補欠選任
  相沢 英之君     後藤田正晴君
  今井  勇君     池田 行彦君
  越智 通雄君     宮下 創平君
  橋本龍太郎君     藤波 孝生君
  吹田  ナ君     渡部 恒三君
  福島 譲二君     佐藤 信二君
  松野 幸泰君     近藤 元次君
  金子 満広君     岩佐 恵美君
  不破 哲三君     矢島 恒夫君
同日
 辞任         補欠選任
  岩佐 恵美君     金子 満広君
  矢島 恒夫君     不破 哲三君
同日
 理事浜田幸一君同日委員長就任につき、その補
 欠として山下徳夫君が理事に当選した。
同日
 理事林義郎君同日理事辞任につき、その補欠と
 して奥田敬和君が理事に当選した。
同日
 理事今井勇君及び吹田ナ君同日委員辞任に
 つき、その補欠として近藤元次君及び宮下創平
 君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○浜田委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 このたび、皆様方の御推挙により予算委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存ずる次第であります。
 もとより微力でございますが、練達堪能なる委員各位の御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営を図ってまいりたいと考えております。
 何とぞよろしくお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○浜田委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事林義郎君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○浜田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 引き続き、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 ただいまの林君の理事辞任とあわせて現在理事が四名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○浜田委員長 御異議なしと認めます。よって
      奥田 敬和君    近藤 元次君
      宮下 創平君    山下 徳夫君
を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○浜田委員長 閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 予算の実施状況に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○浜田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査のため、委員派遣を行う必要が生じました場合、議長に対する申請手続等につきましては、あらかじめ委員長に御一任願っておきたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○浜田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト