くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第110回国会 逓信委員会 第1号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第110回国会 逓信委員会 第1号

#1
第110回国会 逓信委員会 第1号
本国会召集日(昭和六十二年十一月六日)(金曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次のと
おりである。
  委員長 深谷 隆司君
   理事 白川 勝彦君 理事 関谷 勝嗣君
   理事 田名部匡省君 理事 額賀福志郎君
   理事 吹田  ナ君 理事 田並 胤明君
   理事 木内 良明君 理事 木下敬之助君
      尾形 智矩君    亀岡 高夫君
      川崎 二郎君    久野 忠治君
      佐藤 守良君    園田 博之君
      虎島 和夫君    野中 広務君
      二田 孝治君    穂積 良行君
      宮崎 茂一君    森  喜朗君
      渡辺 紘三君    阿部未喜男君
      伊藤 忠治君    上田 利正君
      松前  仰君    鳥居 一雄君
      春田 重昭君    阿部 昭吾君
      佐藤 祐弘君
    ―――――――――――――
十一月十日
 深谷隆司君委員長辞任につき、その補欠として
 塚原俊平君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
    午後一時三十六分開議
出席委員
  委員長 塚原 俊平君
   理事 小澤  潔君 理事 田名部匡省君
   理事 虎島 和夫君 理事 額賀福志郎君
   理事 牧野 隆守君 理事 田並 胤明君
   理事 木内 良明君 理事 木下敬之助君
      尾形 智矩君    佐藤 守良君
      園田 博之君    深谷 隆司君
      穂積 良行君    宮崎 茂一君
      森  喜朗君    上田 利正君
      松前  仰君    鳥居 一雄君
      春田 重昭君    阿部 昭吾君
      佐藤 祐弘君
 出席国務大臣
        郵 政 大 臣 中山 正暉君
 委員外の出席者
        郵政政務次官  白川 勝彦君
        郵政大臣官房長 森本 哲夫君
        逓信委員会調査
        室長      古田 和也君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月六日
 辞任         補欠選任
  二田 孝治君     浜野  剛君
同月十日
 辞任         補欠選任
  白川 勝彦君     小澤  潔君
  関谷 勝嗣君     牧野 隆守君
  浜野  剛君     二田 孝治君
  吹田  ナ君     塚原 俊平君
同日
 理事白川勝彦君、関谷勝嗣君及び吹田ナ君同日
 委員辞任につき、その補欠として小澤潔君、牧
 野隆守君及び虎島和夫君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十一月六日
 日本放送協会昭和六十年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○塚原委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 私、このたび逓信委員長に選任されました塚原俊平でございます。
 微力ではございますが、委員各位の御鞭撻と御協力をいただきまして、円満かつ公正な委員会運営を図り、その職務を全うしてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○塚原委員長 理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 現在理事三名が欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○塚原委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は
      小澤  潔君    牧野 隆守君
   及び 虎島 和夫君
を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○塚原委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 逓信行政に関する件
 郵政事業に関する件
 郵政監察に関する件
 電気通信に関する件
 電波監理及び放送に関する件
以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○塚原委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#7
○塚原委員長 この際、中山郵政大臣及び白川郵政政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。中山郵政大臣。
#8
○中山国務大臣 逓信委員会の皆様方に謹んでごあいさつを申し上げたいと存じます。
 去る十一月六日郵政大臣を拝命いたしました中山正暉でございます。
 塚原委員長初め逓信委員会の皆様には、平素から郵政行政の適切な運営につきまして格別の御指導をいただき、厚くお礼を申し上げます。
 私が所管いたしますことになりました郵政行政は、郵便、為替貯金、簡易保険・郵便年金の三事業、電気通信、放送のいずれの分野とも国民生活と極めて密接なかかわりを持つものでございまして、私は責任の重大さを痛感しているところであります。
 私は、微力でございますが、先生方の御指導と御助言をいただきながら、私どもに課せられた重大な使命を遂行し、さらに一層公共の福祉の増進に努め、国民の皆様の御期待に沿うべく渾身の努力を傾注してまいる所存でございます。
 何とぞ先生方の格別の御指導と御鞭撻をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつにいたします。
 今後ともよろしくお願いいたします。(拍手)
#9
○塚原委員長 白川郵政政務次官。
#10
○白川説明員 本日郵政政務次官を拝命いたしました白川勝彦でございます。
 塚原委員長初め委員の諸先生方の御指導を賜りながら、中山郵政大臣を補佐してまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
 全力を挙げて取り組む所存でございますので、御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#11
○塚原委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時三十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト