くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第110回国会 農林水産委員会 第1号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第110回国会 農林水産委員会 第1号

#1
第110回国会 農林水産委員会 第1号
本国会召集日(昭和六十二年十一月六日)(金曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次のと
おりである。
  委員長 玉沢徳一郎君
   理事 近藤 元次君 理事 鈴木 宗男君
   理事 月原 茂皓君 理事 保利 耕輔君
   理事 松田 九郎君 理事 串原 義直君
   理事 水谷  弘君 理事 神田  厚君
      阿部 文男君    上草 義輝君
      大石 千八君    大原 一三君
      太田 誠一君    木村 守男君
      菊池福治郎君    小坂善太郎君
      佐藤  隆君    田邉 國男君
      谷垣 禎一君    中尾 栄一君
      野呂田芳成君    長谷川 峻君
      森下 元晴君    保岡 興治君
      柳沢 伯夫君    山崎平八郎君
      五十嵐広三岩    石橋 大吉君
      田中 恒利君    竹内  猛君
      辻  一彦君    前島 秀行君
      武田 一夫君    玉城 栄一君
      藤原 房雄君    吉浦 忠治君
      佐々木良作君    藤田 スミ君
      山原健二郎君
    ―――――――――――――
十一月十日
 玉沢徳一郎君委員長辞任につき、その補欠とし
 て菊池福治郎君が議院において、委員長に選任
 された。
―――――――――――――――――――――
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
    午後一時四十三分開議
出席委員
  委員長 菊池福治郎君
   理事 笹山 登生君 理事 鈴木 宗男君
   理事 月原 茂皓君 理事 保利 耕輔君
   理事 松田 九郎君 理事 串原 義直君
   理事 水谷  弘君 理事 神田  厚君
      阿部 文男君    衛藤征士郎君
      木村 守男君    田邉 國男君
      野呂田芳成君    長谷川 峻君
      堀之内久男君   三ッ林弥太郎君
      保岡 興治君    柳沢 伯夫君
      山崎平八郎君    五十嵐広三君
      石橋 大吉君    田中 恒利君
      前島 秀行君    武田 一夫君
      玉城 栄一君    藤原 房雄君
      吉浦 忠治君    藤田 スミ君
 出席国務大臣
        農林水産大臣  佐藤  隆君
 委員外の出席者
        農林水産政務次
        官       北口  博君
        農林水産大臣官
        房長      甕   滋君
        農林水産委員会
        調査室長    羽多  實君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月六日
 辞任         補欠選任
  太田 誠一君     東家 嘉幸君
  佐藤  隆君     三ッ林弥太郎君
  谷垣 禎一君     小澤  潔君
  中尾 栄一君     唐沢俊二郎君
同月十日
 辞任         補欠選任
  上草 義輝君     衛藤征士郎君
  小澤  潔君     谷垣 禎一君
  大原 一三君     遠藤 武彦君
  唐沢俊二郎君     堀之内久男君
  東家 嘉幸君     笹山 登生君
同日
 辞任         補欠選任
  衛藤征士郎君     粟山  明君
同日
 理事近藤元次君同日理事辞任につき、その補欠
 として笹山登生君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十一月六日
 本邦漁業者の漁業生産活動の確保に関する法律
 案(安井吉典君外十六名提出、第百八回国会衆
 法第一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○菊池委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、図らずも農林水産委員長の重責を担うことになりました菊池福治郎でございます。まことに光栄に存じます。
 申すまでもなく、農林水産業は、我が国の国民生活にとって最も大事な食糧の安定供給、確保という使命を担っております。しかしながら、今日、農林水産業をめぐる内外の情勢は極めて厳しいものがありまして、輸入の自由化などを含めて解決を急がなければならない困難な緊急な課題が山積いたしております。
 当委員会は、これらの問題につきまして真摯な議論を重ねまして、国民の信託にこたえたいと存じます。ここに委員各位の御指導、御鞭撻をいただきまして、公正かつ円満、誠心誠意委員会の運営を図ってまいりたいと存じます。
 皆様方の一層の御鞭撻をお願いいたしまして、一言ごあいさつといたします。どうもありがとうございました。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○菊池委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事近藤元次君から、理事を辞任いたしたい旨の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○菊池委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任に伴うその補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○菊池委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に笹山登生君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○菊池委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 第百八回国会、安井吉典君外十六名提出、本邦漁業者の漁業生産活動の確保に関する法律案及び農林水産業の振興に関する件
 農林水産物に関する件
 農林水産業団体に関する件
 農林水産金融に関する件
 農林漁業災害補償制度に関する件
以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○菊池委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中審査におきまして、委員会に参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○菊池委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 次に、閉会中の委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、その調査のため委員を派遣する必要が生じました場合には、議長に対し、承認の申請を行うこととし、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地、その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○菊池委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
#10
○菊池委員長 この際、佐藤農林水産大臣及び北口農林水産政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。佐藤農林水産大臣。
#11
○佐藤国務大臣 このたび、農林水産大臣を拝命いたしました佐藤隆でございます。
 農林水産業をめぐる内外の情勢がいよいよ厳しくなってまいっております折から、その責務は極めて重大でございまして、身の引き締まる思いがいたすわけでございます。
 農林水産業は、国民生活にとりまして最も大切なものでありまして、食料等の安定供給、これを図るという大きな使命を担っておるわけでございますし、さらに、活力ある地域社会の維持、国土・自然環境の保全など、我が国の経済社会の土台を支える重要な役割を果たしておるわけでございます。
 私は、皆様方の御支援をいただき、御教示をいただき、一生懸命新たな展望を切り開いてまいりたいと思っております。最大限の努力をいたしてまいりたいと思います。よろしくお願いをいたします。(拍手)
#12
○菊池委員長 北口農林水産政務次官。
#13
○北口説明員 このたび農林水産政務次官を拝命いたしました北口博でございます。
 今日の我が国の農林水産行政は大変困難な時期を迎えております。明敏な佐藤農林大臣を補佐いたしまして一生懸命頑張ってまいりますので、委員諸先生方にはよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
#14
○菊池委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時五十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト