くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第110回国会 外務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第110回国会 外務委員会 第1号

#1
第110回国会 外務委員会 第1号
本国会召集日(昭和六十二年十一月六日)(金曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次のと
おりである。
  委員長 山口 敏夫君
   理事 甘利  明君 理事 浦野 烋興君
   理事 奥田 敬和君 理事 北川 石松君
   理事 中山 利生君 理事 高沢 寅男君
   理事 神崎 武法君 理事 永末 英一君
      石原慎太郎君    大石 正光君
      鯨岡 兵輔君    坂本三十次君
      椎名 素夫君    塩谷 一夫君
      竹内 黎一君    武村 正義君
      中山 正暉君    水野  清君
      村上誠一郎君    森  美秀君
      岡田 利春君    河上 民雄君
      佐藤 観樹君    土井たか子君
      伏屋 修治君    正木 良明君
      渡部 一郎君    岡崎万寿秀君
      松本 善明君
    ―――――――――――――
十一月十日
 山口敏夫君委員長辞任につき、その補欠として
 糸山英太郎君が議院において、委員長に選任さ
 れた。
―――――――――――――――――――――
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
    午後二時十五分開議
出席委員
  委員長 糸山英太郎君
   理事 甘利  明君 理事 北川 石松君
   理事 田中 直紀君 理事 中山 利生君
   理事 浜野  剛君 理事 高沢 寅男君
   理事 神崎 武法君 理事 永末 英一君
      天野 公義君    大石 正光君
      坂本三十次君    森  美秀君
      岡田 利春君    河上 民雄君
      佐藤 観樹君    伏屋 修治君
      岡崎万寿秀君    松本 善明君
 出席国務大臣
        外 務 大 臣 宇野 宗佑君
 委員外の出席者
        外務委員会調査
        室長      門田 省三君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月六日
 辞任         補欠選任
  石原慎太郎君     加藤 六月君
  中山 正暉君     天野 光晴君
同月十日
 辞任         補欠選任
  天野 光晴君     天野 公義君
  浦野 烋興君     浜野  剛君
  奥田 敬和君     田中 直紀君
  加藤 六月君     小杉  隆君
  竹内 黎一君     石井  一君
  武村 正義君     糸山英太郎君
  村上誠一郎君     三木 武夫君
同日
 辞任         補欠選任
  三木 武夫君     村上誠一郎君
同日
 理事浦野烋興君及び奥田敬和君同日委員辞任に
 つき、その補欠として浜野剛君及び田中直紀君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○糸山委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私が外務委員長の重責を担うことになりました。
 今日の我が国をめぐる国際情勢は依然として厳しく、多くの難問が山積いたしております。こうした情勢の中で、本委員会の委員長に選任されたことは、私としてまことに光栄に存じますとともにその職責の重大さを痛感する次第であります。
 何分にも微力な私でございますが、委員各位におかれましては、外交について練達堪能な諸先生ばかりでございますので、皆様方の御協力、御指導、御鞭撻を心からお願いいたします。誠心誠意円満な委員会の運営をいたしていきたいと思います。
 よろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○糸山委員長 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い、現在理事が二名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例によりまして、委員長において指名することに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○糸山委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      田中 直紀君 及び 浜野  剛君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○糸山委員長 この際、宇野外務大臣より発言を求められておりますので、これを許します。外務大臣宇野宗佑君。
#6
○宇野国務大臣 このたび、外務大臣に就任いたしましたので、ごあいさつを申し上げます。
 御承知のとおり、我が国をめぐる現下の国際情勢は厳しくかつ流動的な状況にあり、また我が国の役割と責任に対する国際社会の期待と関心はますます高まりつつあります。このような状況下で、日本の平和と繁栄を確保し、我が国が国際社会に建設的な貢献を行っていくため、外交に課せられた使命は極めて大きなものがあります。
 我が国といたしましては、その国力と活力を世界のために生かすべく、政治、経済、文化、科学技術等あらゆる面で、より大きな責任と役割を積極的に負担し、「世界に開かれ、世界に貢献する日本」を実現することが急務でございます。
 私といたしましては、今後日本外交の基本路線を継承しつつ、竹下総理のもとで、国民の理解と支持を得て、これまでの成果をさらに発展さすべく全力で取り組む決意でございます。
 この委員会に御出席の皆様方は、多年にわたり外交問題に真剣に取り組んでこられ、この分野に精通された方々ばかりであります。今後とも皆様方の御理解と御鞭撻を賜り、外務大臣としてその任務を全うできますよう御協力をお願い申し上げまして、私のごあいさつといたします。
 よろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○糸山委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 国際情勢に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○糸山委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後二時十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト