くにさくロゴ
1987/11/10 第110回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第110回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
1987/11/10 第110回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第110回国会 内閣委員会 第1号

#1
第110回国会 内閣委員会 第1号
本国会召集日(昭和六十二年十一月六日)(金曜
日)(午前零時現在)における本委員は、次のと
おりである。
  委員長 石川 要三君
   理事 北口  博君 理事 竹中 修一君
   理事 戸塚 進也君 理事 船田  元君
   理事 宮下 創平君 理事 上原 康助君
   理事 竹内 勝彦君 理事 和田 一仁君
      有馬 元治君    内海 英男君
      江藤 隆美君    大村 襄治君
      河野 洋平君    河本 敏夫君
      佐藤 文生君    武部  勤君
      月原 茂皓君    前田 武志君
      宮里 松正君    谷津 義男君
      角屋堅次郎君    田口 健二君
      野坂 浩賢君    広瀬 秀吉君
      井上 和久君    鈴切 康雄君
      川端 達夫君    浦井  洋君
      柴田 睦夫君
    ―――――――――――――
十一月十日
 石川要三君委員長辞任につき、その補欠として
 竹中修一君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和六十二年十一月十日(火曜日)
    午後一時三十四分開議
出席委員
  委員長 竹中 修一君
   理事 近岡理一郎君 理事 月原 茂皓君
   理事 戸塚 進也君 理事 前田 武志君
   理事 上原 康助君 理事 竹内 勝彦君
   理事 和田 一仁君
      内海 英男君    江藤 隆美君
      大村 襄治君    河野 洋平君
      佐藤 文生君    武部  勤君
      谷津 義男君    角屋堅次郎君
      田口 健二君    野坂 浩賢君
      井上 和久君    鈴切 康雄君
      川端 達夫君    浦井  洋君
      柴田 睦夫君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (内閣官房長官)小渕 恵三君
        国 務 大 臣
        (総務庁長官) 高鳥  修君
        国 務 大 臣
        (北海道開発庁
        長官)     粕谷  茂君
        国 務 大 臣
        (防衛庁長官) 瓦   力君
 委員外の出席者
        内閣官房副長官 小沢 一郎君
        総務政務次官  熊川 次男君
        北海道開発政務
        次官      上草 義輝君
        防衛政務次官  高村 正彦君
        内閣委員会調査
        室長      大澤 利貞君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月十日
 辞任        補欠選任
  北口  博君    村岡 兼造君
  船田  元君    近岡理一郎君
同日
 理事竹中修一君同日委員長就任につき、その補
 欠として前田武志君が理事に当選した。
同日
 理事北口博君及び船田元君同日委員辞任につ
 き、その補欠として月原茂皓君及び近岡理一郎
 君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
理事の補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○竹中委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび私は内閣委員長の重責を担うことになりました。
 委員各位の格別なる御協力を賜りまして、公正かつ円滑なる委員会の運営を図ってまいりたいと存じますので、何とぞ御指導、御鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○竹中委員長 まず、理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 理事北口博君及び理事船田元君の委員辞任並びに私の委員長就任に伴い、現在理事が三名欠員になっております。この補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○竹中委員長 御異議なしと認めます。よって、理事に
      近岡理一郎君    月原 茂皓君
   及び 前田 武志君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○竹中委員長 この際、新たに就任された国務大臣及び政務次官の方々から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。内閣官房長官小渕恵三君。
#6
○小渕国務大臣 このたび官房長官を拝命し、内閣官房及び総理府本府の事務を担当することになりました。
 今後とも誠心誠意職務の遂行に当たる考えでありますので、委員長初め皆様方の格別の御指導と御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。(拍手)
#7
○竹中委員長 総務庁長官高鳥修君。
#8
○高鳥国務大臣 このたび総務庁長官を拝命いたしました高鳥修であります。
 私は、社会経済情勢の変化に対応した総合的かつ効率的な行政を実現するため、総合調整官庁として総務庁が果たすべき役割を十分認識し、行政改革の推進を初め各般の課題に誠心誠意取り組んでまいる所存でございます。
 委員長初め委員皆様方の格別の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げる次第であります。ありがとうございました。(拍手)
#9
○竹中委員長 北海道開発庁長官粕谷茂君。
#10
○粕谷国務大臣 このたび北海道開発庁長官を拝命いたしました粕谷茂でございます。
 御承知のとおり、北海道は我が国において最も開発可能性に富んだ地域でありまして、我が国が今後も安定的な発展を遂げていくための課題である国土の均衡ある発展に重要な役割を果たすことが期待されております。
 私は、この北海道の開発推進に全力を尽くしていく所存であります。委員長初め委員各位の御指導と御鞭撻、御協力を謹んでお願い申し上げます。(拍手)
#11
○竹中委員長 防衛庁長官瓦力君。
#12
○瓦国務大臣 このたび防衛庁長官を拝命いたしました瓦力でございます。
 現下の厳しい内外情勢のもとにあって、国の存立の根幹をなす国の防衛という大任を担うことになり、その責務の重さに身の引き締まる思いをいたしております。
 私は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、日本国憲法に従い、国民各位の理解と支持のもと、節度ある質の高い防衛力整備と日米安全保障体制の信頼性の維持向上に誠心誠意努めてまいる所存でございます。
 本委員会の皆様方におかれましては、防衛問題に精通され、多年にわたりこれに真摯に取り組まれ、防衛行政の遂行に御協力いただいてきたところでございますが、今後ともなお一層の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
#13
○竹中委員長 内閣官房副長官小沢一郎君。
#14
○小沢説明員 このたび内閣官房副長官を拝命いたしました小沢一郎でございます。
 小渕官房長官を補佐いたしまして職務に精励してまいる決意でございます。どうぞ委員長初め委員各位の格別の御指導、御鞭撻をお願い申し上げます。(拍手)
#15
○竹中委員長 総務政務次官熊川次男君。
#16
○熊川説明員 このたび総務政務次官を拝命いたしました熊川次男でございます。
 高鳥長官を補佐しつつ全力を尽くしてまいりたいと思っております。委員長初め皆様方の格段の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げます。(拍手)
#17
○竹中委員長 北海道開発政務次官上草義輝君。
#18
○上草説明員 このたび北海道開発政務次官を拝命いたしました上草義輝でございます。
 粕谷長官のもとに北海道開発推進のため全力を尽くす決意でございます。委員長初め委員諸先生の御指導、御鞭撻を心からお願いを申し上げて、ごあいさつといたします。(拍手)
#19
○竹中委員長 防衛政務次官高村正彦君。
#20
○高村説明員 このたび防衛政務次官を拝命いたしました高村正彦でございます。
 瓦長官を補佐いたしまして最善を尽くして責務を全うしたいと存じます。委員長初め委員各位の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
#21
○竹中委員長 これにて国務大臣及び政務次官の発言は終わりました。
     ――――◇―――――
#22
○竹中委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 行政機構並びにその運営に関する件
 恩給及び法制一般に関する件
 公務員の制度及び給与に関する件及び
 栄典に関する件
以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○竹中委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時四十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト