くにさくロゴ
【PR】姉妹サイト
 
#1
第108回国会 本会議 第9号
昭和六十二年三月三十一日(火曜日)
   午後四時三十一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第十号
  昭和六十二年三月三十一日
   午後四時三十分本会議
 第一 昭和六十二年度一般会計暫定予算
 第二 昭和六十二年度特別会計暫定予算
 第三 昭和六十二年度政府関係機関暫定予算
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一より第三まで
 一、国会法の一部を改正する法律案(衆議院提
  出)
     ―――――・―――――
#3
○議長(藤田正明君) これより会議を開きます。
 日程第一 昭和六十二年度一般会計暫定予算
 日程第二 昭和六十二年度特別会計暫定予算
 日程第三 昭和六十二年度政府関係機関暫定予算
 以上三案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。予算委員長桧垣徳太郎君。
    ━━━━━━━━━━━━━
   〔桧垣徳太郎君登壇、拍手〕
#4
○桧垣徳太郎君 ただいま議題となりました昭和六十二年度暫定予算三案の予算委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。
 今回の暫定予算は、昭和六十二年度予算の年度内成立が困難な事情にありますので、国政運営に支障を来さないよう、四月一日から五月二十日までの期間について編成されたものであります。
 暫定予算の編成は、本予算成立までの応急措置であることにかんがみ、歳出につきましては、暫定予算期間中における人件費、事務費等の経常的経費のほか、行政運営上必要最小限度の額にとどめ、新規施策の経費は、教育及び社会政策上の配慮から特に措置することが適当と認められるものを除き、原則として計上しないことにしております。
 ただ、公共事業費については、一般公共事業及び災害復旧事業に区分し、それぞれ本予算のおお
むね七分の二及び三分の一を計上することとし、補助・負担率の引き下げ事業についても例外的に計上しております。
 歳入につきましては、暫定予算期間中の税収及び税外収入、建設国債発行予定額を見込むほか、前年度剰余金を計上いたしております。
 以上の結果、一般会計暫定予算の規模は、歳入総額二兆五千三百七億円、歳出総額八兆八千二百九十億円となって、六兆二千九百八十三億円の歳出超過となりますが、国庫の資金繰りにつきましては、必要に応じ大蔵省証券を発行することができることにしております。
 なお、特別会計及び政府関係機関予算の暫定予算につきましても、一般会計に準じて編成されておりまして、三十万人雇用開発プログラム、第八次石炭対策等の経費については例外的に計上いたしております。
 これら暫定予算三案は、三月二十七日、国会に提出され、三十日、衆議院からの送付を待って、本日、大蔵大臣から趣旨説明を聴取した後、質疑を行いました。
 以下、質疑の概要を簡単に申し上げます。
 まず、当面の最大関心事である円高及び貿易摩擦に関し、「最近、円が急激に高騰したが、その原因と対策を聞きたい。米国が半導体関連製品に報復関税を課そうとしているが、どう対応するつもりか」との質疑があり、これに対し、中曽根内閣総理大臣及び関係各大臣より、「急激な為替変動は市場が各国ともパリ合意の政策遂行を必ずしも十分でないと見ているほか、年度末で機関投資家、企業が先安感からドル売りを早めたことが原因である。各国とも協調介入で対処する事態と考えており、そのように実行している。政府は過剰な為替変動排除の努力を続けており、昨日来、落ちついた動きとなっている。米国の半導体関連製品への報復措置は日本として意外である。昨年九月の取り決め後、日本としてはとるべき措置は尽くした。しかし、米国が期待するほど市場環境が改善されず、半導体競争力についての危機意識もあり、さらに巨額な貿易赤字や日本の内需拡大へのいら立ちがある。政府は米国に緊急協議を提案し、その準備を進めている。」
 内需拡大に関し、「六十二年度の経済の動向に不安はないか。予算成立後、いかなる総合経済対策を打ち出すのか。思い切った内需拡大を図るには、緊縮型財政からの転換が必要ではないか」との質疑があり、これに対して、中曽根内閣総理大臣及び関係各大臣より、「一昨年秋以来の為替調整で経済はデフレ状況である。現在、個人消費に陰りが見え、民間設備投資も調整局面に陥っている。しかし、実効ある思い切った総合経済対策を打ち出し内需を拡大すれば、政府経済見通しの三・五%達成は可能である。総合経済対策は経済企画庁に指示し、また自由民主党にも要請しているが、予算の早期成立が前提である。内容としては、六十三年度予算の概算要求基準及び今後の補正予算の取り扱いを含め、思い切った政策を考えたい。財政政策の転換については、財政再建が急務な一方、内需拡大の命題があり、六十三年度には二律背反の解決の工夫を大蔵事務当局に指示している。今まで六十五年度財政再建を念頭に一般歳出を抑え、制度、意識も改革してきており、単に看板をおろしただけでは弊害があるので、従来の目標にかかわる財政基準が必要である」との答弁がありました。
 質疑は、このほか売上税問題を初め税制改革論議等広範多岐にわたりましたが、その詳細は会議録によって御承知願いたいと存じます。
 質疑を終局し、直ちに採決を行い、昭和六十二年度暫定予算三案は、いずれも多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#5
○議長(藤田正明君) これより三案を一括して採決いたします。
 三案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#6
○議長(藤田正明君) 過半数と認めます。
 よって、三案は可決されました。
     ―――――・―――――
#7
○議長(藤田正明君) この際、日程に追加して、
 国会法の一部を改正する法律案(衆議院提出)を議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(藤田正明君) 御異議ないと認めます。
 まず、委員長の報告を求めます。議院運営委員長嶋崎均君。
   〔嶋崎均君登壇、拍手〕
#9
○嶋崎均君 ただいま議題となりました国会法の一部を改正する法律案につきまして御報告申し上げます。
 本法律案は、本年四月一日から日本国有鉄道改革法等が施行されることに伴い、従来の日本国有鉄道が存在しないこととなりますので、所要の条文整理を行おうとするものであります。
 委員会におきましては、審査の結果、全会一致をもって可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#10
○議長(藤田正明君) これより採決をいたします。
 本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#11
○議長(藤田正明君) 総員起立と認めます。
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後四時四十一分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
【PR】姉妹サイト