くにさくロゴ
1985/05/22 第104回国会 参議院 参議院会議録情報 第104回国会 議院運営委員会 第19号
姉妹サイト
 
1985/05/22 第104回国会 参議院

参議院会議録情報 第104回国会 議院運営委員会 第19号

#1
第104回国会 議院運営委員会 第19号
昭和六十一年五月二十二日(木曜日)
   午後零時四十二分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         遠藤  要君
    理 事
                佐藤栄佐久君
                高平 公友君
                藤井 孝男君
                穐山  篤君
                浜本 万三君
                塩出 啓典君
                内藤  功君
                柳澤 錬造君
    委 員
                石井 一二君
                岡野  裕君
                小島 静馬君
                添田増太郎君
                藤田  栄君
                藤野 賢二君
                松岡満寿男君
                吉川  博君
                吉川 芳男君
                吉村 真事君
        ―――――
       議     長  木村 睦男君
       副  議  長  阿具根 登君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  加藤木理勝君
       事 務 次 長  佐伯 英明君
       議 事 部 長  辻  啓明君
       委 員 部 長  原   度君
       記 録 部 長  安部  廉君
       警 務 部 長  長谷川光司君
       庶 務 部 長  戸張 正雄君
       管 理 部 長  古瀬嘉時長君
       渉 外 部 長  池部  健君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○本会議における昭和五十九年度決算の概要につ
 いての大蔵大臣の報告及びこれに対する質疑に
 関する件
○本日の本会議の議事に関する件
○参議院規則の一部改正に関する件
○調査会の設置及び運営基準に関する件
○外国派遣議員の報告に関する件
○本委員会の継続審査要求に関する件
○閉会中における本委員会所管事項の取り扱いに
 関する件
○本日の再開後の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(遠藤要君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、本会議における昭和五十九年度決算の概要についての大蔵大臣の報告及びこれに対する質疑に関する件を議題といたします。
 本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、昭和五十九年度決算の概要について、竹下大蔵大臣から報告を聴取するとともに、これに対し、日本社会党一人十五分、公明党・国民会議、日本共産党及び民社党・国民連合おのおの一人十分の質疑を大会派順に行うことに意見が一致いたしました。
 理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(遠藤要君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#5
○事務総長(加藤木理勝君) 御説明申し上げます。
 日程第一ないし第三は、決算委員長の報告に係る昭和五十八年度決算等三件でございまして、委員会におきましては、日程第一については、本件決算を是認することが多数をもって決せられ、また、内閣に対し警告することが全会一致をもって決せられております。日程第二及び第三は、いずれも異議がないと多数をもって決せられております。採決は、三回に分けて行います。まず、日程第一につき、本件決算を委員長報告のとおり是認することについて採決し、次いで、委員長報告のとおり内閣に対し警告することについて採決いたします。次に、日程第二及び第三を一括して採決いたします。
 日程第四は、国務大臣の報告に関する件でございます。まず、竹下大蔵大臣から昭和五十九年度決算の概要について報告がありました後、梶原敬義君、服部信吾君、立木洋君、井上計君が順次質疑を行います。
 日程第五は、運輸委員長の報告に係る法律案でございまして、委員会におきましては、可決すべきものと多数をもって決せられております。
 日程第六は、内閣委員長の報告に係る法律案でございまして、委員会におきましては、可決すべきものと多数をもって決せられております。本案に対し、野田哲君、太田淳夫君、内藤功君、山田勢君おのおの十分の討論がございます。
 以上をもちまして一たん休憩いたします。休憩前の所要時間は約三時間十分の見込みでございます。
#6
○委員長(遠藤要君) ただいま事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後零時四十五分休憩
     ―――――・―――――
   午後九時十一分開会
#8
○委員長(遠藤要君) ただいまから議院運営委員会を再開いたします。
 まず、参議院規則の一部改正に関する件を議題といたします。
 御承知のとおり、調査会の設置のための国会法改正案は、去る十四日参議院が提出し、今二十二日衆議院において可決、成立したのでありますが、本件は、この調査会に必要な規則を定めようとするものであります。
 お手元に参議院規則改正案を配付いたしてありますが、その主な改正内容は、第一に、調査会の設置時期について、調査会は、参議院議員の通常選挙の後最初に召集される国会において設置するものとしております。
 第二に、調査会の公聴会は、調査のため必要があるときに、これを開くことができることとしております。
 第三に、法律案提出の勧告について、調査会は、調査事項に関し、法律案の委員会提出を勧告することができること、この場合、調査会長は、勧告の趣旨及び内容を記載した文書を議長に提出しなければならないこと、議長は、これを適当の委員会に送付することとしております。
 以上のほか、調査報告書、議院への報告、専門的な知識を有する職員の配置について、それぞれ規定を置くとともに、調査会の組織、運営等については、委員会の理事、小委員会、参考人、委員派遣等の規定を準用することとしております。
 なお、附則において、本改正は国会法の一部改正施行の日、すなわち、第百五回国会の召集の日から施行することとしておりますほか、行為規範及び参議院政治倫理審査会規程について所要の整備を行うこととしております。
 理事会において本改正の取り扱いにつき協議を行いました結果、さきの国会法改正の場合と同様、本委員会の委員長並びに自由民主党・自由国民会議、日本社会党、公明党・国民会議及び民社党・国民連合、以上四会派の理事を発議者とし、委員を賛成者とし、委員会審査省略の要求を付して、本改正案を発議することにいたした次第でございます。
 この際、お諮りいたします。
 参議院規則の一部を改正する規則案は、委員会審査を省略し、本日の本会議に上程することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#10
○委員長(遠藤要君) 次に、調査会の設置及び運営基準に関する件を議題といたします。
 本件は、調査会の設置及び運営の基準を、本委員会の決定をもって定めようとするものであります。
 理事会において協議いたしました結果、さきに国会法及び参議院規則の改正案の発議をいたしました委員長並びに四会派の理事の賛同により、お手元配付の調査会の設置及び運営基準案を取りまとめた次第であります。
 この際、お諮りいたします。
 お手元の基準案のとおり、調査会の設置及び運営基準を定めることに賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#11
○委員長(遠藤要君) 多数と認めます。よって、調査会の設置及び運営基準を決定いたしました。
    ―――――――――――――
#12
○委員長(遠藤要君) 次に、外国派遣議員の報告に関する件を議題といたします。
 今期国会開会中、列国議会同盟会議へ出席のため、海外に派遣されました議員団から報告書が提出されました。本報告書は、前例に倣い、本委員会の会議録に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#14
○委員長(遠藤要君) 次に、本委員会の継続審査要求に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会といたしましては、先例により、議院及び国立国会図書館の運営に関する件について継続審査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#16
○委員長(遠藤要君) 次に、閉会中における本委員会所管事項の取り扱いに関する件についてお諮りいたします。
 本件につきましては、その処理を、委員会所管事項については委員長に、また小委員会所管事項については小委員長に、それぞれ御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#18
○委員長(遠藤要君) 次に、本日の再開後の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#19
○事務総長(加藤木理勝君) 御説明申し上げます。
 再開後の議事は、冒頭、公職選挙法の一部を改正する法律案の緊急上程でございます。まず、本案を日程に追加して議題とすることを異議の有無をもってお諮りをし、異議がないと決しますと、選挙制度に関する特別委員長から報告がございます。委員会におきましては、可決すべきものと多数をもって決せられております。
 次に、参議院規則の一部を改正する規則案の緊急上程でございます。まず、本規則案の委員会審査を省略し、日程に追加して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、発議者遠藤議院運営委員長から趣旨説明がありました後、採決をいたします。
 次に、日程請願及び緊急上程請願を一括して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、これらの請願は、各委員長の報告を省略して、各委員会決定のとおり採択することにつきまして異議の有無をもってお諮りいたします。
 次に、委員会の審査及び調査を閉会中も継続するの件でございます。本件は、各委員長要求のとおり決することについて異議の有無をもってお諮りいたします。
 最後に、今期国会の議事の終了と半数の議員が任期満了となることにつきまして議長からごあいさつがあり、七月七日任期満了の議員を代表して副議長からごあいさつがございます。
 以上をもちまして議事を終了いたします。その所要時間は約二十分の見込みでございます。
#20
○委員長(遠藤要君) 本件につき、日本共産党の内藤君から発言を求められております。これをお許しいたします。内藤功君。
#21
○内藤功君 委員長のお許しをいただきまして、一言意見を開陳させていただきます。
 衆議院公選法特別委員長提出の公職選挙法改正案に対する我が党修正案の提出に関連して意見を述べさせていただきます。
 衆議院議員定数の抜本的是正は、裁判所の違憲判決でも明らかなように、議会制民主主義の確立のために国会に課せられた急務であります。しかし、衆議院から送付された公選法改正案は、違憲状況をなくすものとなっていない上、中選挙区制をゆがめ、二人区を残すなどの極めて不当なものであります。そのため我が党は、選挙権の平等を保障し、民意を公正に反映させるため、定数の抜本是正を図る修正案を提出し、本日の本会議でも趣旨説明の機会を要求したのであります。しかし、これについて御同意を得られなかったことは、まことに遺憾であります。よって、以上のとおり意見を表明しておく次第であります。
#22
○委員長(遠藤要君) 本日の再開後の本会議の運営につきましては、ただいまの内藤君の御発言の問題も含め理事会において協議したのでありますが、委員長といたしましては、各会派の御協力をいただき、ただいま事務総長説明のとおり、本会議の議事を進めたいと存じますので、御了承願います。事務総長説明のとおり、再開後の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○委員長(遠藤要君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後九時二十一分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト