くにさくロゴ
1985/04/23 第104回国会 参議院 参議院会議録情報 第104回国会 大蔵委員会 第9号
姉妹サイト
 
1985/04/23 第104回国会 参議院

参議院会議録情報 第104回国会 大蔵委員会 第9号

#1
第104回国会 大蔵委員会 第9号
昭和六十一年四月二十三日(水曜日)
   午前九時三十五分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 四月三日
    辞任         補欠選任
     山田  譲君     鈴木 和美君
 四月四日
    辞任         補欠選任
     服部 信吾君     桑名 義治君
 四月七日
    辞任         補欠選任
     近藤 忠孝君     上田耕一郎君
 四月八日
    辞任         補欠選任
     上田耕一郎君     近藤 忠孝君
 四月十一日
    辞任         補欠選任
     嶋崎  均君    大河原太一郎君
 四月十五日
    辞任         補欠選任
     栗林 卓司君     藤井 恒男君
 四月十六日
    辞任         補欠選任
     藤井 恒男君     栗林 卓司君
 四月十七日
    辞任         補欠選任
    大河原太一郎君     大城 眞順君
     村沢  牧君     稲村 稔夫君
 四月十八日
    辞任         補欠選任
     大域 眞順君    大河原太一郎君
     稲村 稔夫君     村沢  牧君
 四月二十一日
    辞任         補欠選任
     近藤 忠孝君     神谷信之助君
 四月二十二日
    辞任         補欠選任
     宮島  滉君     夏目 忠雄君
     竹田 四郎君     梶原 敬義君
     神谷信之助君     近藤 忠孝君
     栗林 卓司君     中村 鋭一君
四月二十三日
   辞任         補欠選任
     夏目 忠雄君     宮島  滉君
     中村 鋭一君     栗林 卓司君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         山本 富雄君
    理 事
               大河原太一郎君
                藤野 賢二君
                矢野俊比古君
                村沢  牧君
                多田 省吾君
    委 員
                岩動 道行君
                梶木 又三君
                河本嘉久蔵君
                中村 太郎君
                藤井 裕久君
                吉川  博君
                梶原 敬義君
                鈴木 和美君
                近藤 忠孝君
                栗林 卓司君
                野末 陳平君
                青木  茂君
   国務大臣
       大 蔵 大 臣  竹下  登君
   政府委員
       大蔵政務次官   梶原  清君
       大蔵省理財局長  窪田  弘君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        河内  裕君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○連合審査会に関する件
○天皇陛下御在位六十年記念のための十万円及び
 一万円の臨時補助貨幣の発行に関する法律案
 (内閣提出、衆議院送付)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(山本富雄君) ただいまから大蔵委員会を開会いたします。
 まず、理事の補欠選任についてお諮りをいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(山本富雄君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に大河原太一郎君及び村沢牧君を指名いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(山本富雄君) 次に、連合審査会に関する件についてお諮りをいたします。
 東京湾横断道路の建設に関する特別措置法案について、建設委員会に対し連合審査会の開会を申し入れることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(山本富雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、連合審査会開会の日時につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(山本富雄君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
    ―――――――――――――
#7
○委員長(山本富雄君) 次に、天皇陛下御在位六十年記念のための十万円及び一万円の臨時補助貨幣の発行に関する法律案を議題とし、政府から趣旨説明を聴取いたします。竹下大蔵大臣。
#8
○国務大臣(竹下登君) ただいま議題となりました天皇陛下御在位六十年記念のための十万円及び一万円の臨時補助貨幣の発行に関する法律案につきまして、提案の理由及びその内容を御説明申し上げます。
 政府は、天皇陛下の御在位六十年を記念するため、十万円、一万円及び五百円の臨時補助貨幣を特別に発行することといたしておりますが、現在、臨時通貨法によっては五百円を超える高額の貨幣を発行することができないため、十万円及び一万円の臨時補助貨幣の発行につき、オリンピック東京大会記念のための千円の臨時補助貨幣の例に倣い、本法律案を提出した次第であります。
 この法律案は、政府が、現在、臨時通貨法によって発行を認められております五百円以下の臨時補助貨幣のほかに、天皇陛下の御在位六十年を記念して、特別に十万円及び一万円の臨時補助貨幣
を発行できることとし、他の臨時補助貨幣の例に倣い、その法貨としての通用限度をそれぞれ二百万円及び二十万円とするとともに、十万円及び一万円の臨時補助貨幣の素材は、それぞれ金及び銀、量目は、それぞれ二十グラムとし、品位及び形式は、政令で定めることといたしております。
 以上が、この法律案の提案の理由及びその内容であります。
 何とぞ御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#9
○委員長(山本富雄君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案の質疑は後日に譲ることといたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前九時三十九分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト