くにさくロゴ
1985/05/08 第104回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第104回国会 議院運営委員会 第26号
姉妹サイト
 
1985/05/08 第104回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第104回国会 議院運営委員会 第26号

#1
第104回国会 議院運営委員会 第26号
昭和六十一年五月八日(木曜日)
    午後零時二分開議
出席委員
  委員長 綿貫 民輔君
   理事 越智 伊平君 理事 愛知 和男君
   理事 中川 秀直君 理事 古賀  誠君
   理事 高村 正彦君 理事 広瀬 秀吉君
  理事 渡辺 三郎君 理事 平石磨作太郎君
   理事 中井  洽君
      甘利  明君    加藤 卓二君
      北川 正恭君    桜井  新君
      田中 直紀君    谷垣 禎一君
      松田 九郎君    網岡  雄君
      伊藤 忠治君    山下八洲夫君
      横江 金夫君    沼川 洋一君
      日笠 勝之君    田中 慶秋君
      東中 光雄君
 委員外の出席者
        議     長 坂田 道太君
        副  議  長 勝間田清一君
        事 務 総 長 弥富啓之助君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国家公務員等任命につき同意を求めるの件
 ソ連チュルノブイル原子力発電所の事故に関す
 る決議案(大久保直彦君外九名提出)の取扱い
 に関する件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○綿貫委員長 これより会議を開きます。
 まず、国家公務員等任命につき同意を求めるの件についてでありますが、科学技術会議議員、公害等調整委員会委員、社会保険審査会委員、漁港審議会委員、日本放送協会経営委員会委員に、お手元の印刷物にあります諸君を任命するについて、内閣から本院の同意を求めてまいっております。
    ―――――――――――――
 一、国家公務員等任命につき同意を求めるの件
  科学技術会議議員
   岡本 道雄君 山下  勇君 六一、五、二七定期満了につき再任
  公害等調整委員会委員
   小玉 正任君 綿貫 芳源君 六一、六、三〇任期満了につき再任
   和田 善一君 小熊鐵雄君辞任予定につきその後任
  社会保険審査会委員
   岡田 達雄君 河野共之君 六一、五、二七任期満了につきその後任
  漁港審議会委員
   佐々木隆人君 松田廣一君 六一、七、一任期満了につきその後任
   鮫島 泰佑君 岡部保君 六一、七、一任期満了につきその後任
   柴田  章君 戀塚新吾君 六一、七、二任期満了につきその後任
   吹田安兵衛君 倉武二君 六一、七、一任期満了につきその後任
   田代 清英君 下門律義君 六一、七、一任期満了につきその後任
   宮原 九一君 矢野 照重君 六一、七、一任期満了につき再任
   矢野 辨介君 神尾徹生君 六一、七、一任期満了につきその後任
   横山 信立君 六一、七、一任期満了につき再任
  日本放送協会経営委員会委員
   浅尾  宏君 佐方信博君 六一、五、一一任期満了につきその後任
   磯田 一朗君 岩村精一洋君 六一、五、一一任期満了につき再任
   熊平  肇君 白井修一郎君六一、五、一一任期満了につきその後任
   冨谷 晴一君 六一、五、一一任期満了につき再任
    ―――――――――――――
#3
○綿貫委員長 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○綿貫委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○綿貫委員長 次に、決議案の取扱いに関する件についてでありますが、昨七日、大久保直彦君外九名から、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び日本共産党・革新共同の五党共同提案に係るソ連チェルノブイル原子力発電所の事故に関する決議案が提出されました。
 本決議案は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○綿貫委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、本決議案の趣旨弁明は、提出者を代表して、平沼赳夫君が行います。
 また、本決議に対しまして、内閣を代表して、河野国務大臣から発言があります。
    ―――――――――――――
#7
○綿貫委員長 次に、本日の議事日程第六、昭和六十一年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案に対し、自由民主党・新自由国民連合の東力君及び日本社会党・護憲共同の沢田広君から、それぞれ討論の通告があります。
 討論時間は、おのおの十分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○綿貫委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#9
○綿貫委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#10
○弥富事務総長 まず最初に、国家公務員等任命につき同意を求めるの件についてお諮りいたします。採決は三回になります。まず科学技術会議議員につき採決いたしまして、社会党、共産党が反対でございます。次いで公害等調整委員会委員、社会保険審査会委員及び漁港審議会委員について採決をいたしまして、これは全会一致でございます。次いで日本放送協会経営委員会委員につき採決いたしまして、共産党が反対でございますが、その中の冨谷晴一君につきましては、共産党は賛成とのことでございます。
 次に、動議によりまして、ソ連チェルノブイル原子力発電所の事故に関する決議案を上程いたします。提出者を代表して平沼赳夫さんが趣旨弁明をされます。全会一致でございます。採決の後、河野国務大臣から発言がございます。
 次に、日程第一及び第二を一括して、北川外務委員長の報告がございます。両件を一括して採決いたしまして、全会一致でございます。
 次に、日程第三及び第四を一括して、衛藤農林水産委員会理事の報告があり、採決は二回になります。日程第三は全会一致、日程第四は共産党が反対でございます。
 次に、日程第五につきまして、佐藤商工委員会理事の報告がございます。修正で、共産党が反対でございます。
 次に、日程第六につきまして、小泉大蔵委員長の報告がございまして、社会党の沢田さんから反対、自民党の東さんから賛成の討論が行われます。修正で、社会党、公明党、民社党、共産党が反対でございます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 議事日程 第二十三号
  昭和六十一年五月八日
    午後一時開講
 第一雇用政策に関する条約(第百二十二号)の締結について承認を求めるの件
 第二 人的資源の開発における職業指導及び職業訓練に関する条約(第百四十二号)の締結について承認を求めるの件
 第三 農水産業協同組合貯金保険法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第四 農林中央金庫法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第五 特定商品等の預託等取引契約に関する法律案(内閣提出)
 第六 昭和六十一年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置に関する法律案(内閣提出)
    ―――――――――――――
#11
○綿貫委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#12
○綿貫委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明九日金曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト