くにさくロゴ
1985/05/22 第104回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第104回国会 議院運営委員会 第31号
姉妹サイト
 
1985/05/22 第104回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第104回国会 議院運営委員会 第31号

#1
第104回国会 議院運営委員会 第31号
昭和六十一年五月二十二日(木曜日)
    午前十一時開議
出席委員
  委員長 綿貫 民輔君
   理事 越智 伊平君 理事 愛知 和男君
   理事 中川 秀直君 理事 古賀  誠君
   理事 高村 正彦君 理事 広瀬 秀吉君
  理事 渡辺 三郎君 理事 平石磨作太郎君
   理事 中井  洽君
      甘利  明君    加藤 卓二君
      北川 正恭君    桜井  新君
      田中 直紀君    谷垣 禎一君
      松田 九郎君    綱岡  雄君
      伊藤 忠治君    横江 金夫君
      沼川 洋一君    日笠 勝之君
      東中 光雄君
 委員外の出席者
        議     長 坂田 道太君
        副  議  長 勝間田清一君
        参議院議院運営
        委員長     遠藤  要君
        事 務 総 長 弥富啓之助君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国会法の一部を改正する法律案(参議院提出、
 参法第一〇号)
 各委員会からの閉会中審査申出の件
 閉会中の委員派遣に関する件
 本日の本会議の議事に関する件
     ――――◇―――――
#2
○綿貫委員長 これより会議を開きます。
 まず、参議院提出の国会法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 提出者から提案理由の説明を聴取いたします。参議院議員遠藤要君。
    ―――――――――――――
 国会法の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○遠藤参議院議員 ただいま議題となりました国会法の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げる機会をちょうだいいたしまして、心から感謝申し上げます。
 本案は、参議院に、国政の基本的事項に関し、長期的かつ総合的な調査を行う調査会を設けようとするものであります。
 参議院におきましては、かねてより、議長のもとに各会派の代表者で構成する参議院改革協議会を設け、その組織及び運営の改革について検討を進めてまいりましたところ、先般、同協議会から、参議院議員の任期に着目し、長期かつ総合的な観点からの調査を行うことのできる機関として、参議院に調査会を設ける必要があるとの答申がありました。本案は、この答申に基づくものであります。
 以下、その内容を申し上げます。
 まず第一に、参議院は、国政の基本的事項に関し、長期的かつ総合的な調査を行うため、調査会を設けることができることとし、この調査会は、参議院議員の半数の任期満了の日まで存続することとしております。
 なお、調査会の名称、調査事項及び委員の数は、参議院の議決でこれを定めることとしております。
 第二に、調査会の委員は、議院において選任し、調査会が存続する間、その任にあるものとし、また、調査会長は、調査会においてその委員がこれを互選することとしております。
 第三に、調査会には、委員会の議決定足数、公聴会、国務大臣の出席要求、閉会中の審査等所要の規定を準用することとしております。
 なお、附則において、本改正は第百五回国会の召集の日からこれを施行することとしておりますほか、関係法律について所要の整備を行うこととしております。
 以上が本案の趣旨及びその内容でございます。
 何とぞ御審議の上、御賛同くださるようお願い申し上げます。
#4
○綿貫委員長 これにて提案理由の説明は終わりました。
 本案につきましては、当委員会に付託されてから、理事会等において各党側協議を願っておりましたが、委員会においては、本日初めて議題といたしたものであります。
 この際、委員長から、理事会等における各党の御意見を踏まえながら、委員会を代表して、一言申し上げたいと存じます。
 まず第一に、本案の趣旨は参議院の調査会に係るものとはいえ、国会法に規定する以上、衆議院においても検討する時間的余裕が望ましいのではないか。
 第二に、専ら一院に関係する事項については、両院共通事項を規定している国会法に規定するのはいかがなものであろうか。
 第三に、現在の委員会制度から見て、調査会の性格がいま一つ明瞭ではない。例えば、調査会は付託議案は審議しないとしながら、調査会提出の法律案を認めていること。
 また、調査会の他委員会に対する立法勧告権の内容等について検討する時間的余裕がなかった。
 第四に、一部の党から、調査会と国政調査権、特に証人喚問等に問題があるのではないか。
 その他、調査会の運営に当たっては、将来本院に関連がある問題が起こった場合、十分に相互に協議を行うこと等の御意見があったことを申し上げておきたいと存じます。
    ―――――――――――――
#5
○綿貫委員長 本案に対し、別に質疑、討論の申し出もありませんので、直ちに採決いたします。
 国会法の一部を改正する法律案について採決いたします。
 本案に賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#6
○綿貫委員長 挙手多数。よって、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 なお、ただいま議決いたしました本案の委員会報告書の作成等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○綿貫委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
#8
○綿貫委員長 次に、ただいま議決いたしました国会法の一部を改正する法律案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○綿貫委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#10
○綿貫委員長 この際、申し上げます。
 今国会、本委員会に参考のため送付されました陳情書は一件であります。
    ―――――――――――――
#11
○綿貫委員長 次に、各要貝会からの閉会中審査申出の件についてでありますが、懲罰委員会を除く内閣委員会外十六常任委員会及び災害対策特別委員会外七特別委員会から、お手元の印刷物のとおり閉会中審査の申し出が参っております。
    ―――――――――――――
  第百四回国会各委員会閉会中審査申出案件
 内閣委員会
  一、地方公共団体の執行機関が国の機関として行う事務の整理及び合理化に関する法律案(内閣提出第七八号)
  二、防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案(内閣提出第一〇号)
  三、プライバシー保護基本法案(井上普方君外九名提出、衆法第三号)
  四、電子計算機を利用する個人情報の処理業務の規制に関する法律案(井上普方君外九名提出、衆法第四号)
  五、中小企業庁設置法案(清水勇君外六名提出、衆法第一四号)
  六、行政機構並びにその運営に関する件
  七、恩給及び法制一般に関する件
  八、公務員の制度及び給与に関する件
  九、栄典に関する件
 地方行政委員会
  一、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金及び納付金に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出第七一号)
  二、地方自治に関する件
  三、地方財政に関する件
  四、警察に関する件
  五、消防に関する件
 法務委員会
  一、外国人登録法の一部を改正する法律案(稲葉誠一君外七名提出、第百一回国会衆法第二一号)
  二、裁判所の司法行政に関する件
  三、法務行政及び検察行政に関する件
  四、国内治安及び人権擁護に関する件
 外務委員会
  一、国際情勢に関する件
 大蔵委員会
  一、国の会計に関する件
  二、税制に関する件
  三、関税に関する件
  四、金融に関する件
  五、証券取引に関する件
  六、外国為替に関する件
  七、国有財産に関する件
  八、専売事業に関する件
  九、印刷事業に関する件
  一〇、造幣事業に関する件
 文教委員会
  一、学校教育法の一部を改正する法律案(佐藤誼君外二名提出、第百二回国会衆法第三号)
  二、学校教育法等の一部を改正する法律案(中西績介君外二名提出、第百二回国会衆法第四号)
  三、公立幼稚園の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律案(中西績介君外二名提出、第百二回国会衆法第五号)
  四、公立の障害児教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準等に関する法律案(馬場昇君外二名提出、第百二回国会衆法第六号)
  五、児童生徒急増地域に係る公立の小学校、中学校及び高等学校の施設の整備に関する特別措置法案(木島喜兵衛君外二名提出、第百二回国会衆法第八号)
  六、義務教育諸学校施設費国庫負担法の一部を改正する法律案(木島喜兵衛君外二名提出、第百二回国会衆法第九号)
  七、義務教育諸学校等の女子教育職員及び医療施設、社会福祉施設等の看護婦、保母等の育児休業に関する法律の一部を改正する法律案(佐藤誼君外二名提出、衆法第一二号)
  八、文教行政の基本施策に関する件
  九、学校教育に関する件
  一〇、社会教育に関する件
  一一、体育に関する件
  一二、学術研究及び宗教に関する件
  一三、国際文化交流に関する件
  一四、文化財保護に関する件
 社会労働委員会
  一、厚生年金保険法等の一部を改正する法律案(内閣提出、第百三回国会閣法第一一号)
  二、職業安定法等の一部を改正する法律案(内閣提出、第百三回国会閣法第一二号)
  三、老人保健法等の一部を改正する法律案(内閣提出第二五号)
  四、国立病院等の再編成に伴う特別措置に関する法律案(内閣提出第七五号)
  五、短時間労働者保護法案(平石磨作太郎君外四名提出、第百一回国会衆法第五号)
  六、短期労働者及び短時間労働者の保護に関する法律案(藤里高敏君外四名提出、第百一回国会衆法第一三号)
  七、母子保健法の一部を改正する法律案(平石磨作太郎君外四名提出、第百一回国会衆法第一六号)
  八、児童福祉法の一部を改正する法律案(平石磨作太郎君外四名提出、第百一回国会衆法第一七号)
  九、雇用保険法の一部を改正する法律案(池端清一君外三名提出、第百二回国会衆法第一〇号)
  一〇、家内労働法の一部を改正する法律案(大橋敏雄君外四名提出、第百二回国会衆法第一七号)
  一一、地域福祉保健活動の推進に関する法律案(沼川洋一君外四名提出、第百二回国会衆法第二三号)
  一二、労働基準法の一部を改正する法律案(森井忠良君外四名提出、衆法第一八号)
  一三、厚生関係の基本施策に関する件
  一四、労働関係の基本施策に関する件
  一五、社会保障制度、医療、公衆衛生、社会福祉及び人口問題に関する件
  一六、労使関係、労働基準及び雇用・失業対策に関する件
 農林水産委員会
  一、農産物の自給の促進及び備蓄の確保のための農業生産の振興に関する法律案(安井吉典君外七名提出、第百一回国会衆法第二八号)
  二、総合食糧管理法案(安井吉典君外七名提出、第百一回国会衆法第二九号)
  三、農民組合法案(安井吉典君外七名提出、第百一回国会衆法第三〇号)
  四、流通食品への毒物め混入等の防止等に関する特別措置法案(宮崎茂一君外一名提出、第百二回国会衆法第一八号)
  五、地域林業振興法案(島田琢郎君外七名提出、第百二回国会衆法第二〇号)
  六、鶏卵の需給の安定に関する法律案(島田琢郎君外四名提出、第百二回国会衆法第三八号)
  七、採卵養鶏業への農外大企業者等の進出の規制等に関する法律案(津川武一君外一名提出、第百二回国会衆法第三九号)
  八、農林水産業の振興に関する件
  九、農林水産物に関する件
  一〇、農林水産業団体に関する件
  一一、農林水産金融に関する件
  一二、農林漁業災害補償制度に関する件
 商工委員会
  一、官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律の一部を改正する法律案(長田武士君外四名提出、第百一回国会衆法第二号)
  二、下請代金支払遅延等防止法の一部を改正する法律案(長田武士君外四名提出、第百一回国会衆法第一四号)
  三、武器等の輸出の禁止等に関する法律案(後藤茂君外九名提出、第百一回国会衆法第二三号)
  四、訪問販売等に関する法律の一部を改正する法律案(長田武士君外四名提出、第百一回国会衆法第二六号)
  五、官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律の一部を改正する法律案(小沢和秋君外一名提出、第百」回国会衆法第三一号)
  六、下請代金支払遅延等防止法の一部を改正する法律案(小沢和秋君外一名提出、第百一回国会衆法第三二号)
  七、大企業者等の小売業の事業活動の規制に関する法律案(小沢和秋君外一名提出、第百一回国会衆法第三三号)
  八、大規模小売店舗等調整法案(上坂昇君外八名提出、第百二回国会衆法第三二号)
  九、通商産業の基本施策に関する件
  一〇、中小企業に関する件
  一一、資源エネルギーに関する件
  一二、特許及び工業技術に関する件
  一三、経済の計画及び総合調整に関する件
  一四、私的独占の禁止及び公正取引に関する件
  一五、鉱業と一般公益との調整等に関する件
 運輸委員会
  一、日本国有鉄道改革法案(内閣提出第五三保母)
  二、旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律案(内閣提出第五四号)
  三、新幹線鉄道保有機構法案(内閣提出第五五号)
  四、日本国有鉄道清算事業団法案(内閣提出第五六号)
  五、日本国有鉄道退職希望職員及び日本国有鉄道清算事業団職員の再就職の促進に関する特別措置法案(内閣提出第五七号)
  六、鉄道事業法案(内閣提出第六九号)
  七、日本国有鉄道改革法等施行法案(内閣提出第七〇号)
  八、船舶安全法及び道路運送車両法の一部を改正する法律案(内閣提出第八七号)
  九、地域交通整備法案(小林恒人君外六名提出、第百一回国会衆法第二四号)
  一〇、交通事業における公共割引の国庫負担に関する法律案(吉原米治君外六名提出、第百一回国会衆法第二五号)
  一一、都市における公共交通の環境整備に関する特別措置法案(左近正男君外九名提出、第百二回国会衆法第一九号)
  一二、日本鉄道株式会社法案(嶋崎譲君外八名提出、衆法第一五号)
  一三、日本国有鉄道の解散及び特定長期債務の処理に関する法律案(嶋崎譲君外八名提出、衆法第一六号)
  一四、日本鉄道株式会社希望退職者等雇用対策特別措置法案(嶋崎譲君外八名提出、衆法第一七号)
  一五、陸運に関する件
  一六、海運に関する件
  一七、航空に関する件
  一八、日本国有鉄道の経営に関する件
  一九、港湾に関する件
  二〇、海上保安に関する件
  二一、観光に関する件
  二二、気象に関する件
 逓信委員会
  一、逓信行政に関する件
  二、郵政事業に関する件
  三、郵政監察に関する件
  四、電気通信に関する件
  五、電波監理及び放送に関する件
 建設委員会
  一、住宅基本法案(新井彬之君外二名提出、第百二回国会衆法第二四号)
  二、住宅保障法案(井上泉君外官名提出、衆法第一九号)
  三、建設行政の基本施策に関する件
  四、都市計画に関する件
  五、河川に関する件
  六、道路に関する件
  七、住宅に関する件
  八、建築に関する件
  九、国土行政の基本施策に関する件
 科学技術委員会
  一、科学技術振興の基本施策に関する件
  二、原子力の開発利用とその安全確保に関する件
  三、宇宙開発に関する件
  四、海洋開発に関する件
  五、生命科学に関する件
  六、新エネルギーの研究開発に関する件
 環境委員会
  一、水俣病問題総合調査法案(馬場昇君外二名提出、第百一回国会衆法第一九号)
  二、環境影響事前評価による開発事業の規制に関する法律案(岩垂寿喜男君外二名提出、第百一回国会衆法第二〇号)
  三、環境汚染及び道路損耗を防止するためのスパイクタイヤの使用の禁止等に関する法律案(戸田菊雄君外五名提出、衆法第二三号)
  四、環境保全の基本施策に関する件
  五、公害の防止に関する件
  六、自然環境の保護及び整備に関する件
  七、快適環境の創造に関する件
  八、公害健康被害救済に関する件
  九、公害紛争の処理に関する件
 予算委員会
  一、予算の実施状況に関する件
 決算委員会
  一、昭和五十八年度一般会計歳入歳出決算
    昭和五十八年度特別会計歳入歳出決算
    昭和五十八年度国税収納金整理資金受払計算書
    昭和五十八年度政府関係機関決算書
  二、昭和五十八年度国有財産増減及び現在額総計算書
  三、昭和五十八年度国有財産無償貸付状況総計算書
  四、昭和五十九年度一般会計歳入歳出決算
    昭和五十九年度特別会計歳入歳出決算
    昭和五十九年度国税収納金整理資金受払計算書
    昭和五十九年度政府関係機関決算書
  五、昭和五十九年度国有財産増減及び現在額総計算書
  六、昭和五十九年度国有財産無償貸付状況総計算書
  七、昭和五十九年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その1)
    昭和五十九年度特別会計予算総則第十一条に基づく経費増額総調書及び各省各庁所管経費増額調書(その1)、内閣昭和五十九年度特別会計予備費使用総調書及び各省各庁所管経費増額調書(その2) (承諾を求めるの件)(第百二回国会提出)
  八、昭和五十九年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その2)
    昭和五十九年度特別会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その2)
    昭和五十九年度特別会計予算総則第十一条に基づく経費増額総調書及び各省各庁所管経費増額調書(その2) (承諾を求めるの件)
  九、昭和六十年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その1)
    昭和六十年度特別会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その1)
    昭和六十年度特別会計予算総則第十二条に基づく経費増額総調書及び各省各庁所管経費増額調書(その1) (承諾を求めるの件)
  一〇、歳入歳出の実況に関する件
  一一、国有財産の増減及び現況に関する件
  一二、政府関係機関の経理に関する件
  一三、国が資本金を出資している法人の会計に関する件
  一四、国又は公社が直接又は間接に補助金、奨励金、助成金等を交付し又は貸付金、損失補償等の財政援助を与えているものの会計に関する件
 議院選運営委員会
  一、国会法等改正に関する件
  二、議長よりの諮問事項
  三、その他議院運営委員会の所管に属する事項
 災害対策特別委員会
  一、災害対策に関する件
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
  一、公職選挙法の一部を改正する法律案(内閣提出、第百一回国会閣法第八二号)
  二、公職選挙法改正に関する件
 石炭対策特別委員会
  一、石炭対策に関する件
 物価問題等に関する特別委員会
  一、物価問題等に関する件
 交通安全対策特別委員会
  一、交通安全対策に関する件
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
  一、沖縄及び北方問題に関する件
 安全保障特別委員会
  一、国の安全保障に関する件
 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
  一、フィリピンに対する経済援助等に関する件
    ―――――――――――――
#12
○綿貫委員長 右各件は、本日の本会議において閉会中審査の議決をするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○綿貫委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#14
○綿貫委員長 次に、閉会中の委員派遣に関する件についてでありますが、本年度閉会中に行われる各委員会の委員派遣の基準については、お手元の印刷物のとおりとし、各委員会から委員派遣承認申請書が提出されてまいりましたならば、議長において、議院運営委係員長と協議の上、これを決定することに御一任願っておきたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○綿貫委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
   閉会中委員派遣の基準(案)
 閉会中の委員派遣については、次のとおりとす
 ること。
 一、特別の場合を除いては、本年度内の閉会中を通じ、原則として一人一回、一人五日以内とし、委員の員数の三分の一に十日を乗じた日数の旅費額を超えないこと。
 二、派遣先が自己の選出都道府県(北海道は自己の選挙区)にならないようにすること。
 三、参議院議員の通常選挙公示後選挙の日までの間は、原則として派遣しないようにすること。
#16
○綿貫委員長 次に、今国会が閉会になりましても、本委員会に設置いたしました各小委員会は、いずれも引き続き存置することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○綿貫委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、閉会中の理事、小委員及び小委員長の辞任並びに補欠選任につきましては、委員長に御一任願っておきたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○綿貫委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#19
○綿貫委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#20
○弥富事務総長 まず最初に、動議によりまして、ただいまお決めをいただきました国会法の一郡改正案を緊急上程いたします。綿貫委員長から報告がありまして、共産党が反対でございます。次に、請願日程でございますが、本日の日程に掲載されております五百六十五の請願を一括議題といたしまして、いずれも全会一致でございます。それが済みましたところで、閉会中審査の件の議決に入りますが、閉会中審査の採決順序は、お手元にございますように六回に相なりますので、よろしくお願いを申し上げたいと存じます。最後に、議長から、会期終了のごあいさつがございまして、そこで本会議は一応休憩ということになっております。本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
   各委員会の申出にかかる閉会中審査の件の採決順序
 一、(社会労働委員会)
 老人保健法等の一部を改正する法律案(内閣提出)
 国立病院等の再編成に伴う特別措置に関する法律案(内閣提出)
       反対 社、公、民、共、社民連
 二、(内閣委員会)
 防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 (社会労働委員会)
 厚生年金保険法等の一部を改正する法律案(第百三回国会、内閣提出)
 職業安定法等の一部を改正する法律案(第百三回国会、内閣提出)
         反対 社、公、共、社民連
 三、(農林水産委員会)
 流通食品への毒物の混入等の防止等に関する特別措置法案(第百二回国会、宮崎茂一石外一名提出)
           反対 社、共、社民連四、(地方行政委員会)
 地方税法及び国有資産等所在市町村交付金及び納付金に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出第七一号)
               反対 社、共
 五、(内閣委員会)
 地方公共団体の執行機関が国の機関として行う事務の整理及び合理化に関する法律案(内閣提出)
 (運輸委員会)
 日本国有鉄道改革法案(内閣提出)
 旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律案(内閣提出)
 新幹線鉄道保有機構法案(内閣提出)
 日本国有鉄道清算事業団法案(内閣提出)
 日本国有鉄道退職希望職員及び日本国有鉄道
 清算事業団職員の再就職の促進に関する特別措置法案(内閣提出)
 鉄道事業法案(内閣提出)
 日本国有鉄道改革法等施行法案(内閣提出)
 船舶安全法及び道路運送車両法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 日本鉄道株式会社法案(嶋崎譲君外八名提出)
 日本国有鉄道の解散及び特定長期債務の処理に関する法律案(嶋崎譲君外八名提出)
 日本鉄道株式会社希望退職者等雇用対策特別措置法案(嶋崎譲君外八名提出)
                  反対 共
 六、右を除くその他の案件     全会一致
    ―――――――――――――
#21
○綿貫委員長 それでは、本日の本会議は、牛後一時五十分予鈴、午後二時から開会いたします。この際、暫時休憩いたします。
  午前十一時八分休憩
     ――――◇―――――
   
  〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト